クロアチアでプリペイドSIMを使う その4: Vipの使い勝手

ドゥブロヴニク旧市街

前回はクロアチアのVipのプリペイドSIMカードの初期設定を行いました。

今回は実際の使い勝手について紹介します。

データ通信速度

まずは気になるデータ通信速度についてです。

買ってすぐにクロアチアの地方都市ポレッチ(ポレチュ)で計測してみました。計測に使ったソフトはSpeednet.netというソフトです。

データ通信速度

下りは10MBps以上とかなり高速で快適です。上りは標準的なスピードだと思います。このくらいスピードが出ていれば快適な使用感が得られます。

サービスエリア

実際に使ってみた感じでは、都市部ではほぼ3Gで通信できた感じです。ただ、ステータスバーのアンテナ表示が”R”なので、3Gなのか2Gなのかはすぐにわからないので確実なことはいえません。

プリトヴィッツェ湖群国立公園では残念ながら2G(EDGE)となりました、しかし、圏外になることはなかったとおもいます。

VipのWebサイトでサービスエリア情報を探したのですが見つけられませんでした。代わりにドコモのWebページからたどれる情報を紹介しておきます。

2013年6月現在の状況は下記のようになります。

  • 2G
    SnapCrab_NoName_2013-6-5_23-18-23_No-00
  • 3G
    SnapCrab_NoName_2013-6-5_23-19-33_No-00

 

この情報から2G(EDGE)はクロアチア全体をほとんどカバーしていることと、3Gはザグレブおよび沿岸部(都市が多い)を中心にカバーしていることがわかります。

まとめ

今回はクロアチアのVipのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手について紹介しました。

3Gの速度は十分速く不満はありません。3Gも都市部をカバーしているので、都市間の移動中以外は問題なく使えそうです。

次回はVipのプリペイドSIMカードのステータス確認方法について紹介します。