クロアチアでプリペイドSIMを使う その5: Vipのステータス確認

ドゥブロヴニク旧市街

前回はクロアチアのVipのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手について紹介しました。

今回はVipのプリペイドSIMカードのステータス確認方法について紹介します。

今回の情報は実は調査のみに基づく内容で、クロアチア滞在時には実際には試していません。誰か成功した方がいたらぜひ教えてください!

ステータス確認

プリペイドSIMカードを使う上で重要な操作としてステータス確認(あるいはバランス(残高)確認)というのがあります。

ほとんどのプリペイドSIMカードのステータス確認操作では、残高・有効期限を確認することができます。またデータパッケージなどを購入している場合は、残りデータ量なども確認できることが多いです。

ステータス確認の方法としては、特別な番号(*100#など)に発信する方法と、特別な番号に特定の文字列を記述したSMSを送信する方法などがあります。

今回購入したVipのプリペイドSIMカードでは、購入時についてきた冊子にはこのステータス確認方法が記載されていないようでした。

結局、クロアチア滞在時には調べることができず、帰国してから調べた「ステータス確認方法らしきもの」が今回紹介する内容となります。

SMSでのステータス確認

VipのWebページを探していて見つけたのが下記の情報です。

Za samo 10 kn surfaj puna 24sata! Ako unutar tog vremena potrošiš 1 GB, brzina surfanja će se smanjiti, ali internet će i dalje biti dostupan.

Vipme packageの説明

赤線で引いた行には

  • 「Date of packages and the remaining number of megabytes to surf free checking by sending SMS ? to 721」

と記載されています。つまり、パッケージの日付と残りデータ量を確認するには番号721に「?」とだけ記載したSMSを送れ、という意味になります。

おそらく、そのSMSの返信として残り日数とデータ量を記載したSMSが返ってくるのだと思います。

日本に帰国してからVipのプリペイドSIMカードを挿して試してみましたが、、、、SMSの送信に失敗してしまい、この情報が正しいのか(私が買ったプリペイドSIMカードにも適用できるのか)は確認することができませんでした。

コマンド発信によるステータス確認

最近のスマートフォンには詳細な携帯電話情報を表示する隠しコマンドがあります。

電話発信画面で「*#*#4636#*#*」を入力すると、「テスト中」という画面になるので、表示されたメニューから「携帯電話情報」を選ぶと携帯電話の電波情報等を表示する画面になります。

この画面でメニューボタンをタッチするといくつかのメニューが表示されるので「サービス電話番号を表示」を選択してみます。

携帯電話情報画面のメニュー

すると特別な番号がいくつか表示されます。

サービス電話番号

注目すべきは一番下の「Vipme saldo」です。辞書で調べるとクロアチア語の「saldo」は英語で「balance」でした。

つまり、残高確認のコマンドが「*101#」であり、この番号に発信すれば残高情報が画面に表示されることを示しています。

そこで日本に帰国してからですが「*101#」に発信してみましたが・・・・残念ながら「問い合わせ中…」から先に進みませんでした。

*101#の結果

まとめ

今回は日本に帰国してから調べたステータス確認方法を紹介しました。

実際にはステータス確認に成功していないためこれらの情報が正しいかどうかは定かではありません。クロアチアを訪問して私と同じプリペイドSIMカードを使う方がいたらぜひ試して欲しいところです。

クロアチア編は今回でおしまいです。

次回は私が使っているAQUOS PHONE ZETA SH-02Eのメジャーアップデートについて紹介したいと思います。