クロアチアでプリペイドSIMを使う その2: プリペイドSIMカードを購入!

プリトヴィツェ湖群国立公園

前回はクロアチアのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回は空路でザグレブ国際空港に到着しました。日本からクロアチアへ向かう人はほとんどがザグレブかドブロブニクだと思います。

ザグレブ国際空港

ザグレブ国際空港は小さな空港です。到着ロビーから出発ロビーの方へ歩いていくと売店(どうも郵便局らしい)がありました(下記の地図の赤枠)。

ザグレブ国際空港の地図

この売店には少なくてもVipとT-Mobileのサインがあったので、店員さんを呼んでプリペイドSIMカードを売っているか確認したところ、売っているとのことでした。

空港の売店

どの会社かと聞かれたとりあえずVipと答えると、20クーナ(約300円)とのことでした。SIMカードのサイズは通常サイズでマイクロSIMカードはないようです。

安いし買おうかと思い、インターネットは使えるか?と聞いたところ、”知らない”とかなり冷たくあしらわれました。単なる売店のおばちゃんで、プリペイドSIMカードには詳しくないようです。

さすがに不安なので、ここでの購入は見送りました。

それでも音声通話はできるはずなので、急ぎの人はここでプリペイドSIMカードを購入しても良いでしょう。

ポレッチ(ポレチュ)にて購入

旅行の都合上、ザグレブでプリペイドSIMカードを探す時間がとれず、結局お店を見つけたのは世界遺産の街ポレッチ(ポレチュ)でした。

ポレッチのメイン広場にVipとT-Mobileのお店がありました。


現在地
ルートを検索

image

とりあえずVipのお店に入って、スマートフォンを見せながらプリペイドSIMカードはあるか?と聞いたところ、もちろんということで出してくれたのは

20クーナのプリペイドSIM

  • 通常サイズのプリペイドSIMカード
  • 価格は20クーナ(約300円)
  • 音声通話・データ通信の両方が可能
  • データ通信は1日10クーナで可能 (データ通信量の上限は不明)

どうも、空港で見せてもらったVipのプリペイドSIMカードはこれと同じもののようです。

データ通信に1日10クーナとなるとトップアップ(リチャージ)が必要だったり何かと面倒です。私としては手軽にデータ通信が行いたいので、事前に保存しておいた「クロアチアでSIMフリー フランス・クロアチア旅行記2011その2」のプリペイドSIMカードの写真を見せると、おおそれか!ということで同じものを出してくれました。

50クーナのプリペイドSIM

  • マイクロSIMサイズのプリペイドSIMカード
  • 価格は50クーナ(約750円)
  • データ通信専用(音声通話不可)
  • データ通信量は1GB
  • 有効期限は不明 (180日のようです)

データ通信専用というところが引っかかったのですが、電話をすることはないだろうということで、こちらの50クーナのプリペイドSIMカードを購入することにしました。

購入はパスポートの提示も不要で、単に料金を払うだけです。

まとめ

今回はクロアチアのVipのプリペイドSIMカードを購入しました。

地方都市でしたが、英語も通じ、店員さんも親切で問題なく購入することができました。また、パスポートも不要で気軽に購入することができます。

次回は購入したプリペイドSIMカードをアクティベートします。