クロアチアでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

プリトヴィツェ湖群国立公園

前回はドイツのO2のプリペイドSIMカードについて紹介しました。今回からは新しい国・クロアチアのプリペイドSIMカードについて紹介します。

その他の国については下記のまとめページを参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

なお、私のスマートフォン AQUOS PHONE ZETA SH-02EはSIMロックを解除してあります。プリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあることを確認してください。

ドコモのローミング情報

これまでと同様に、渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

これで、ドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。

ドコモのクロアチアでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

クロアチアにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2013年5月現在の状況は下記の通りです。

クロアチア ローミング情報

これによるとドコモの端末ならT-MobileとVipで確実に3Gの通信ができることがわかります。

Wikipediaの情報

Wikipediaには結構情報が載っていたりします。

Wikipedia情報

Wikipediaによるとクロアチアでは3つの携帯電話会社があるようです。LTEのサービスも始まっています。

注目すべきは周波数です。調べたところAQUOS PHONE ZETA SH-02Eは次の周波数に対応しているようです。

  • LTE: 2100(B1)/1500(B21)/800(B19) MHz
  • W-CDMA(UMTS/HSDPA): 2100(I)/850(V)/800(VI/XIX) MHz
  • GSM: 1900/1800/900/850 MHz

上記の表と比べてみると

  • T-Mobile(T-Telekom): GSM→OK, W-CDMA→OK(900と2100の両方), LTE→NG
  • Vip: GSM→OK, W-CDMA→OK, LTE→NG
  • Tele2: GSM→OK(900と1800の両方), W-CDMA→OK(900と2100の両方)

となります。

したがって3社とも3GはOで、T-MobileとTele2だと900MHzと2100MHzの両方が使えてつながりやすさが期待できます。一方、VipだとHSPDA+の高速通信が期待できます。また、LTEは周波数の関係で使用できないこともわかります。

シェアを見るとT-MobileとVipの2強のようです。

参考になるページ

ネットで調べたところいくつか参考になるページがありましたので紹介しておきます。

iPhone、iPadなどガジェット全般、旅行、音楽、映画に関するブログです。
旅バカライター中山(あるいはマイルバカ)がスマホを持って、世界一周旅行を計画。SIMフリースマートフォンがあれば仕事をしながらの旅ができる!? 【第7回 クロアチア編】

近年、観光に注目されている国だけあって、情報はそこそこあります。また読んだ感じでは購入の敷居は低そうです。

私は一番上のVipのWebページをEvernoteにクリップしておきました。結果的にはこれが功を奏しました。

まとめ

今回は事前に調査したクロアチアのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

3Gもサービスされており、プリペイドSIMカードも購入しやすそうです。あとは販売場所をどう見つけるかが勝負になりそうです。

次回はクロアチアで実際にプリペイドSIMカードを購入したお話です。