チリでプリペイドSIMを使う その6: 情報収集 (2019年版)

前回のチリ編は下記になります。

今回はチリで購入したMovistarのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手を紹介します。私のNexus5ではチリのMovistarではLTEを利用することができず、また、3Gの通信速度もイマイチでした。ただ、パタゴニアでの移動中はほとんどの場所で使え、バス移動中の暇つぶしとして活躍してくれました。

前回まではボリビアのプリペイドSIMカード事情を紹介してきました。

今回は南米つながりでチリのプリペイドSIMカード情報です。

チリには2015年にいったことがあり、そのときに現地のSIMカード情報を調べています。

今回は事前に調査したチリのプリペイドSIMカード事情について紹介します。チリでは大手携帯電話会社が3社ありますが、自分のスマートフォンの対応周波数を考慮して使用する会社を選択する必要があります。私と同様にNexus5を使う場合は、3Gならばどの会社でも大丈夫そうです。

しかし3年近く経過していることから、今回の渡航前に調査し直しました。

チリ以外のプリペイドSIMカードについては下記のまとめページを参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

チリのSIMカードの入手性

2016年にチリに旅行をしたときには、町のパソコンショップでプリペイドSIMカードを購入することができました

しかし、2017年9月より法令が変わり、チリのSIMカードを利用するには、使用するスマートフォンのIMEの事前申請が義務づけられました。

この規制のせいで、空港や町中のお店でSIMカードを気楽に購入することができなくなったという情報をもらいました。

この規制は、盗難されたスマートフォンのIMEIをブラックリストとして管理することで、盗難のスマートフォンを使えないようにするためとされています。このような規制をかけることで、スマートフォンの盗難が減ることを期待しているようです。

しかし、このような規制があると困るのが旅行者です。旅行中という限られた時間にIMEIの事前申請をするというのはなかなか困難です。

そこで2018年7月に新たなルールが導入されました。この新たなルールでは、海外から持ち込んだデバイスは30日間はIMEIの登録なしに利用できることになりました。

つまり再び旅行者でもチリでSIMカードを使うことができるようになりました。

ドコモのローミング情報

いつものように渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

この情報でドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。最近ではLTEのローミング情報も記載されています。

ドコモのチリでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

チリにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2019年10月からドコモのローミング情報サイトが変更になり、選択した機種のローミング情報のみが表示されるようになってしまいました。

ちょっと使いにくくなった気がします。

2019年03月の状況は下記の通りです。

ドコモのローミング情報

EntelとMovistarの2社とローミング可能ですが、3Gが使えるのはMovistarのみとなっています。

2016年の調査時の情報とMovistarでLTEが利用できる点が新しくなっています。

ドコモのローミング情報ではEntelではLTEと3Gが使えないことになっていますが、ドコモ端末で使用できる周波数と異なる周波数を利用しているからのようです。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

チリの情報は下記になります。

2019年3月時点の情報は次の通りです。

Wikipediaの情報

ドコモのローミング情報に出ていた2社のほかにClaroとWOMという会社、そしてMVNOとして6社が記載されています。

WOMは2年前はかなり小さい会社だったのですが、着実にユーザを増やしているようです。しかし、まだ上位三社と比べると規模は小さい状況です。MVNOについては情報が少なく旅行者にはハードルが高いので、選択肢はMovistar・Entel・Claroの3社と考えてよいと思います。

上の表で赤の線を引いたのが3Gの情報、緑の線がLTEの情報です。

気になる周波数(バンド)の状況は以下の通りです。

Entel3GBand 2 (1900MHz), Band 8 (900MHz)
LTEBand 2 (1900MHz), Band 7 (2600MHz), Band 28 (700MHz)
Movistar3GBand 2 (1900MHz), Band 5 (850MHz)
LTEBand 7 (2600MHz), Band 28 (700MHz), Band 38 (2600MHz)
Claro3GBand 2 (1900MHz), Band 5 (850MHz)
LTEBand 2 (1900MHz), Band 7 (2600MHz), Band 28 (700MHz)

太字になっているのは主に使用されていると思われるバンドです。

こうやって比較してみると、LTEの周波数に関しては3キャリアはほとんど同じと思ってよいでしょう。

LTEのBand 28については日本でもドコモ・ソフトバンクが利用しているので日本で売られているスマートフォンでも利用できる可能性が高いでしょう。

インターネット上の情報

渡航前に自分のブログを保存していったのですが、やはり最新の情報は英語のサイトの方が頼りになります。

今回は下記のサイトをメモって行きました。

Entel and Movistar are fighting for leadership. Both networks are on par with Claro as 3rd provider. 2G is on 1900, 3G on 850 and 1900 MHz. Though WOM/Nextel ha...

なお、チリ通貨のペソは2019年3月現在で約6年=1ペソという状況です。チリ・ペソ価格を1/6すれば大体の日本円での価格になります。

Entel

  • プリペイドSIMカードの入手
    • スーパーマーケット等で「Super Chip」という名前で入手可能
    • 価格は3,500~4,000ペソ、初期残高は1,000ペソ
    • アクティベーションは販売店にやってもらう。自力で行う場合は「301」に電話する
  • インターネットパッケージ
    • 「bolsas prepago」という名前でサービスを展開
    • 「*119#」で購入可能
    • 調査時の状況は以下の通り
      データ量通話期間価格
      100MBなし3日間500
      200MBなし7日間1,000
      300MB50分3日間1,000
      500MBなし15日間2,500
      800MB100分7日間2,000
      1GBなし30日間5,000
      1.5GB150分7日間3,000
      2GBなし2日間2,000
      3GB200分15日間5,000
      4.5GB200分30日間8,000
    • 2019年からはEntelアプリで申し込める無制限(データ・音声)のパッケージ(Prepower)が提供された
      期間価格
      1日間890
      4日間3,290
      7日間5,290
  • APN情報
    APNimovil.entelpcs.cl
    ユーザ名entelpcs
    パスワードentelpcs
  • コマンドなど
    • 残高確認: 「*103#」
    • データ残量確認: 「*102#」

Movistar

  • プリペイドSIMカードの入手
    • スーパーマーケット等で入手可能
    • 価格は2,000ペソ、初期残高はなし
    • LTEを使いたい場合は、LTE用のSIMカードを入手する必要あり
    • アクティベーションは販売店にやってもらう。自力で行う場合は「103」に電話する
  • インターネットパッケージ
    • 「*303#」で購入可能
    • 自動更新のパッケージ (PrePlan)
      データ量通話期間価格
      1GB160分7日間2,000
      1.6GB200分7日間3,000
      3GB300分15日間5,000
      4GB400分30日間7,000
      6GB600分30日間10,000
    • 自動更新なしのパッケージ (Bolsas Prepago)
      データ量通話期間価格
      100MBなし1日間500
      200MB20分1日間500
      2GB60分2日間2,000
      100MBなし3日間1,000
      300MB50分3日間1,000
      200MBなし5日間2,000
      800MBなし7日間3,000
      1.5GB180分7日間3,000
      1.5GBなし15日間5,000
      3GB250分15日間5,000
      2GBなし30日間7,000
      4GB350分30日間7,000
    • データ無制限のパッケージ (Bolsas de Internet Illimitadas)
      期間価格
      1日間 (24時間)1,000
      2日間 (48時間)2,000
      3日間 (72時間)3,000
  • APN情報
    APNweb.tmovil.cl
    ユーザ名web
    パスワードweb
  • コマンドなど
    • 残高確認: 「*303#」 (1回 70ペソ)

Claro

  • プリペイドSIMカードの入手
    • Claroの店舗などで購入可能
    • 価格は1,000~2,500ペソで、初期残高はなし
  • インターネットパッケージ
    • アクティベーションコードをSMSで2020に送信することで購入可能
    • 調査時の状況は次の通り
      データ量期間価格アクティベーション
      コード
      100MB24時間500IM500
      200MB3日間1,000IM1000
      400MB3日間1,500IM1500
      700MB7日間2,000IM2000
      1GB15日間3,000IM3000
      2GB15日間5,000IM5000
      3GB30日間7,500IM7500
  • APN情報
    APNbam.clarochile.cl
    ユーザ名clarochile
    パスワードclarochile

まとめ

今回は事前に調査したチリのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

2017年の法律変更で、チリはプリペイドSIMカードを利用するためにスマートフォンのIMEIを登録する必要がありました。

しかし、2018年7月より、海外のスマートフォンを持ち込んだ場合は、30日間は登録不要で利用できるようになりましたので、再び旅行者もプリペイドSIMカードが利用可能になりました。

次回はチリでプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。