チリでプリペイドSIMを使う その3: Movistarの初期設定

トーレス・デル・パイネ国立公園
2017/10/25追記

2017/09より法令が変わり、チリのSIMカードを利用するには、あらかじめ使用するスマートフォンのIMEIを申請する必要があるという情報をいただきました。

このルールのせいで空港や町中の店舗でSIMカードを気軽に購入できなくなったようです。

これは盗難されたスマートフォンのIMEIをブラックリストとして管理することで、盗品のスマートフォンを使えなくするためのようです(スマートフォン強盗のモチベーションを下げて、犯罪率を下げるのが狙いのようです)。

残念ながらIMEIの事前申請方法については情報は持ち合わせておりません。

前回はチリのプエルト・ナタレスのパソコンショップでMovistarのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを初期設定して使えるようにしたいと思います。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

購入したのはMovistarのプリペイドSIMカードで、価格は5000ペソ(約350円)になります。店員さんの説明によるとこのSIMカードには15分の通話と50MBのデータ通信がついてくるそうです。

MovistarのSIMカード 表

MovistarのSIMカード 裏

SIMカードのサイズは標準・マイクロ・ナノの3サイズに対応したタイプです。

パッケージを開くとまず契約条件が書かれた冊子が出てきます。しかし、スペイン語のため解読困難です。

Movisterの契約条項

パッケージにはもう一つ冊子が入っていてこちらは取扱説明書になっています。こちらも当然ながらスペイン語です。

Movisterの説明書

役に立ちそうな情報もあるのですが、残念ながら解読困難です。とにかく「*303#」を使え、ということだけわかります。

Movisterのアクティベーション方法

Movisterの使い方

アクティベーション

アクティベーションは英語が堪能な店員さんがやってくれました。

というのも、アクティベーションの際にチリの個人番号みたいなものを入力しなければいけないので、チリ人以外がアクティベーションするのは少々面倒なのです。

店員さんのアクティベーション作業の様子を見ると次のような手順でした。

  1. SIMカードをスマホにさして電源を入れる
  2. スマホが電波をつかんだら「103」に電話する。
  3. 自動音声応答が流れるので7・8桁の個人番号を入力する
    (私の場合は店員さんが自分の番号を入力していたようです)

ただ、個人番号の入力はあまり厳密ではなく「9999999」でもよいという噂もあるので、店員さんがアクティベーションしてくれなかった場合は「9999999」で試してみてください。

ここまでやると、店員さんのお仕事は終わりで、あとは

  • 1時間立って電源OFF/ONすればアクティベーション完了
  • TOP UP(チャージ)は近くの薬局に行け

とのことでした。

この段階でのSIMのステータスは次のような感じでした。

SIMステータスの状態

店員さんの作業が終わって30分ほどするとSMSが送られてきます。

1通目はアクティベーションのお知らせです。これで正式に開通したことになります。

アクティベーション完了のSMS

続いて開通時のボーナスとして、15分の通話と50MBのデータ通信が付与されたことのお知らせが来ます。有効期間は30日のようです。50MBはかなり少ないですが、インターネットパッケージを購入するまでのつなぎとしては十分です。

アクティベーションでのボーナス

ちなみに、店員さんの作業から15分ほどたって、電源をオフ・オンしてみるとアンテナのところに「H」マークが付データ通信が可能になりました。また、SIMのステータスを見ると「モバイルネットワークの状態」が「接続」に変わっていました。どうも開通のSMSが来る前にもSIMカードは使えたようです。

アクティベーション後のSIMカードの状態

急いでいる方は開通のSMSを待たずに使ってみてもよいかもしれません。

ちなみに、再移動でデータ通信ができるようになったのは、私のスマホのNexus5にMovistarのAPN情報が入っていて、電源オフ・オンでそのAPNが有効になっただけの気がします。

初期残高の確認

SIMカードが有効になったようなので、初期残高を確認してみます。

残高確認は「*303#」でメニューを出し「5」を選ぶことで行えます。

Movistarのメニュー

5で「Consulta Saldo」を選ぶと次のような画面が出ます。どうやら残高の問い合わせは有料(60ペソ=10円)のようです。ここで1を送信すると残高照会が実行されます。

残高照会の確認

ところが次のようなメッセージがでて残高照会に失敗します。どうやら残高が70ペソもなく、残高照会の実行すらできないようです。つまりこのプリペイドSIMカードの初期残高は0ということです。

残高照会の失敗

15分の通話と50MBのデータ通信がついているものの、まともに使えるようにするにはTOP UP(チャージ)する必要があることになります。

TOP UP (チャージ)

店員さんが「TOP UPには薬局に行け」といっていたので薬局に行ってみることにします。ちょうど2軒隣が薬局でした。

薬局に入ると受付番号の紙を出す機械(日本の銀行にあるのと同じもの)があるので、紙を取って自分の順番を待ちます。

自分の順番が来たら、「Movistar, Prepago」といってお金を出します。お金をスマホに入れるジェスチャーをすれば通じると思います。今回は5000ペソをTOP UPしましてみました。この薬局では支払いは現金のみでクレジットカード払いは不可でした。

TOP UPには電話番号が必要なので、プリペイドSIMカードのパッケージを見せましょう。パッケージのバーコードの上に電話番号が印刷されています。

TOP UPに成功すると次のようなSMSが送られてきます。

TOP UP完了のSMS

さらに次のようなSMSも送られてきました。初回TOP UPの特典として、15分の通話と50MBのデータ通信が付与されたようです。これでアクティベーション時のボーナスと合わせて、30分の通話と100MBのデータ通信ができることになります。

TOP UPのボーナス

なお、TOP UP用のコード(おそらく10桁程度の数値)を入手して自分でTOP UPする場合は、「*303#」のメニューから「4」の「Recargar」を選択すればそのコードの入力ができると思います。

まとめ

今回はチリのMovistarのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

アクティベーションには個人番号の入力が必要となるため、可能ならば店員さんにお願いするのがよいでしょう。TOP UPについては薬局などでお金を払って電話番号を教えるだけなので簡単です。

次回はこのプリペイドSIMカードでインターネット通信をできるようにします。