チリでプリペイドSIMを使う その2: MovistarのプリペイドSIMカードを購入!

トーレス・デル・パイネ国立公園
2017/10/25追記

2017/09より法令が変わり、チリのSIMカードを利用するには、あらかじめ使用するスマートフォンのIMEIを申請する必要があるという情報をいただきました。

このルールのせいで空港や町中の店舗でSIMカードを気軽に購入できなくなったようです。

これは盗難されたスマートフォンのIMEIをブラックリストとして管理することで、盗品のスマートフォンを使えなくするためのようです(スマートフォン強盗のモチベーションを下げて、犯罪率を下げるのが狙いのようです)。

残念ながらIMEIの事前申請方法については情報は持ち合わせておりません。

前回はチリのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回はアルゼンチンのエル・カラファテからバスでプエルト・ナタレスに到着しました。このバスルートはパタゴニアを旅行する人にはおなじみのものです。プエルト・ナタレスはトーレス・デル・パイネ国立公園にアクセスするための拠点なので滞在する方も多いと思います。

なお、私のスマートフォンはSIMロックを解除してあります。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあること(いわゆるSIMフリー状態)を確認してください。

プエルト・ナタレスのバスターミナルの状況

プエルト・ナタレスへは、町のはずれのバスターミナルに到着することになります。

このバスターミナルはそこそこ整備されてはおりますが、売店的なものはキオスクがある程度です。ちょっと声をかけてみましたが、プリペイドSIMカードは売っていないとのことでした。

私はここでの調達をあきらめて、プエルト・ナタレスの中心部に向かうことにしました。

MovistarでのプリペイドSIMカードの捜索

スペイン語圏のチリではプリペイドは「Prepago(プリパゴ)」です。SIMカードは「Chip(チップ)」と呼びます。

ですのでお店に入って「Movistar, Prepago, Chip」といえば何を探しているのか通じます。

プエルト・ナタレスにはMovistarの店舗もありましたが、店員さんに聞いたところプリペイドSIMカードは取り扱っていないとのことでした。どうもチリではキャリアの店舗は料金支払等のためにあり、新しい顧客の獲得用ではないようです。

結局、街のパソコンショップさんに入って、聞いてみたところあっさりMovistarのプリペイドSIMカードが出てきました。

プエルト・ナタレスの電気屋さん

地図だと下記の場所になります。

現在地
ルートを検索

プエルト・ナタレスのメイン通りですので、すぐに見つけられると思います。

なお、ここの店員さんは英語が堪能でコミュニケーションは大変楽でした。

購入したプリペイドSIMカード

店員さんに価格を聞いてみるとプリペイドSIMカードのみで5000ペソ(約850円)とのこと。事前の調査ではMovistarのSIMカードは4000ペソとのことだったので、もしかしたら1000ペソ上乗せして販売しているのかもしれません。

購入にはパスポートの提示は不要で、支払いはクレジットカードでもOKです。

下記が購入したプリペイドSIMカードにパッケージです。

Movistarのパッケージ 表

Movistarのパッケージ 裏

パッケージには「4G LTE」となっているのでLTE対応のSIMカードのようです。

背面のバーコードの上にある「58707013」というのが電話番号になります。この電話番号はTOP UPするときに必要になるので、このパッケージは捨てないようにしましょう。

下記が購入したときのレシートです。特に税金等は取られずに支払いは5000ペソピッタリでした。

レシート

プリペイドSIMカードは標準・マイクロ・ナノの3サイズに対応のものでした。

MovistarのSIMカード 表

まとめ

今回はチリのプエルト・ナタレスでMovistarのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

チリではプリペイドSIMカードはキャリアの店舗では取り扱っていないようで、電気店やコンピュータショップなどで入手できます。取りあえず携帯電話に関係ありそうなお店を見たら声をかけてみましょう。

次回はこのプリペイドSIMカードをアクティベーションして使えるようにしたいと思います。