ブルガリアでプリペイドSIMを使う その9: GLOBULのデータ通信について

リラの僧院
2016/05/27 追記

ブルガリアのGLOBULは現在はTelenorとなっているようです。

GLOBLEのWEBサイトは既にクローズされているのでご注意ください。

前回までは私が購入したGLOBULの音声通信専用SIMカードについて紹介してきました。

今回は、GLOBULのデータ通信専用SIMカードについて紹介したいと思います。今回の情報は私が現地で聞いた情報とインターネット上の情報をベースにしています。

実際に試したわけではないので、もしかしたら間違いがあるかもしれません。

データ通信用SIMカード

GLOBULにもデータ通信用のプリペイドSIMカードは売っていました。

私が入ったお店では2種類、

  • 29.9レバ(約1600円), 1GB通信可能
  • 14.9レバ(約800円), 512GB通信可能

のプリペイドSIMカードを売っていました。有効期限は20日間のようです。

英語ですがGLOBULのサイトに情報があります。

有効期限はリチャージすることによって延長することができます。

私が購入したMTelのデータ通信用プリペイドSIMカードが、14.7レバで400MBですから、コストパフォーマンスとしてはGLOBULの方が良いことが分かります。

サービスエリア

GLOBULのサイトでサービスエリアの情報を見つけることができました。

  • http://www.globul.bg/eng/map.html

3Gのサービスエリアは次のようになっているようです。

緑色の部分が3Gのサービスエリアです。都市部はほとんど3Gでカバーされているのが分かります。これならば圏外で困るということは少ないでしょう。
(3Gのサービスエリア外ではGSM/EDGEが利用できます)

周波数に問題がなければ、GLOBULのデータ通信用プリペイドSIMも良いかもしれません。

まとめ

今回はGLOBULのデータ通信用プリペイドSIMについて紹介しました。

私は試していないのですが、GLOBULもなかなかよさそうです。

次回はブルガリアの残りの一社、Vivacomについてちょっとだけ情報を紹介します。