ブルガリアでプリペイドSIMを使う その8: GLOBULの残高照会とリチャージ

リラの僧院
2016/05/27 追記

ブルガリアのGLOBULは現在はTelenorとなっているようです。

GLOBLEのWEBサイトは既にクローズされているのでご注意ください。

前回はGLOBULのプリペイドSIMカードのセットアップが完了して通話ができるようになりました。

今回はプリペイドSIMカードの使用では欠かせない残高照会とリチャージの方法について説明します。

残高照会

残高照会は簡単です。「*123#」に発信することで表示されるメニューを利用します。

GLOBULのメニュー

このメニューで「1」を送信すると残高照会になります。

残高照会の結果は次のように表示されます。

残高照会

ブルガリア語でさっぱり分かりませんが、おそらく次のような内容だと思います。

  • 確認日時: 9月30日 22時59分
  • 残高: 9.21レバ
  • 有効期限: 2013年9月30日

一度リチャージした後に数回通話したので、残高が中途半端になっています。

また、有効期限が1年となっていますが、これは一度リチャージしたせいで伸びているのかもしれません。

リチャージ方法

他の電話会社と同様に、リチャージ方法はいろいろあるようです。

しかしブルガリア語は文字もアルファベットではなく、解読が非常に困難です。ここはお店でリチャージすることをお勧めします。

実際、私もお店でリチャージを行いました。やり方は簡単です。

  • 自分の電話番号を伝える
  • リチャージしたい金額を伝える
  • 現金を払う

これだけです。

なお、リチャージカード的なものを入手できた場合は、「115リチャージ番号#」を発信するれば良いようです。

まとめ

今回は残高照会の方法とリチャージの方法を紹介しました。

ブルガリア語は解読が大変困難ですが、この二つを知っていれば何とかプリペイドSIMカードを使いこなすことができるでしょう。

次回はGLOBULのデータ通信について紹介したいと思います。