海外通販: GeekBuyingで11.11セール開催中!

今回は海外通販のGeekBuyingで開催されている11.11セールの情報を紹介します。11.11セールは中華通販では最大のセールのため、GeekBuyingも気合いを入れて値下げしてきています。特に今回のセール用に配布されているクーポンは、様々な製品に適用できますので、何かを買うときには必ず入力してみましょう。

中華通販でグラフィックスカードColorful iGame GTX 1660 Ultraを買ってみる

今回は中華通販BanggoodでグラフィックスカードColorful iGame GTX 1660 Ultraを購入してみます。中華通販ですが1週間もかからずに到着し、製品も未開封の正規品でした。輸送に伴うパッケージのへこみが気にならなければ、中華通販からの購入もありかもしれません。GTX 1660は私の用途から考えると高性能で処理能力にはかなり余裕がありそうです。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その10: しばらく使った感想

今回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmをしばらく使った感想を紹介します。Amazfit GTR 47mmのバッテリーはかなり長い時間もち、面倒だったスマートウォッチの充電から解放されます。本体画面に日本語が表示できないことが難点ですが、これはファームウェアのアップデートでの修正を期待したいところです。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その9: Mi Fitアプリを使う

今回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmでMi Fitアプリを使ってみます。Mi Fitアプリを使うとAmazfitアプリと同様にAmazfit GTR 47mmで測定したデータを確認することができます。ただ表示される情報に差はほとんどありません。以前はAmazfitアプリは日本語化されていなかったのでMi Fitアプリを使うメリットがありましたが、最近ではあまり意味がないかもしれません。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その8: ウォッチフェースを変更する

今回はXiaomi(Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmのウォッチフェースを変更してみます。ウォッチフェースを色々切り替えられるのはスマートウォッチのよい点だと思います。Amazfit GTR 47mmにはサードパーティー製のウォッチフェースもたくさんでているので自分の気分に合わせて選択できるのではないかと思います。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その7: ベルトを交換する

今回はXiaomi(Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmのベルトを交換したことを紹介します。Amazfit GTR 47mmのベルトは、ベルト幅22mmの一般的なものなので、交換用のベルトは簡単に入手することができます。ジョギングなどの汗をかくときに使いたい場合は、水洗い可能な素材のものに交換することをお勧めします。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その6: アクティビティの測定

今回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチ Amazfit GTR 47mmでアクティビティを測定してみます。Amzfit GTR 47mmは12種類のアクティビティに対応しており、測定データはAmazfit GTr 47mm本体とスマホアプリの両方で確認することができます。測定データは十分なものですので、フィットネストラッカーとしても活用できそうです。

GeekBuyingでブラック・フライデーのプレイベントを開始!

今回は海外通販のGeekBuyingで早くもブラック・フライデーに関するイベントが開始されたことを紹介します。このイベントではクーポンとPayPal支払い限定の割引を組み合わせることで最大15%の割引が得られます。PayPal支払いによる割引は先着10000オーダーまでなので早めに購入する方が良さそうです。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その5: 日々の生活の測定

今回は中華スマートウォッチAmazfit GTR 47mmで測定した日々の生活状況を紹介します。スマートウォッチ本体では確認できるデータは限られていますが、スマホアプリを使うと過去のデータを含め詳細なデータを確認することができます。スマホアプリは日本語化されていますのでわかりやすいのではないかと思います。

8.9型新UMPC Magic-Ben MAG1の販売がGeekbuyingでスタート!

今回はUMPCの新顔であるMagic-Ben MAG1という製品がGeekBuyingで販売開始になったことを紹介します。Magic-Ben MAG1はディスプレイのサイズが8.9インチと他のUMPCよりやや大きいですが、ディスプレイの解像度が高かったり、キーボード配列がまずまずだったりと期待のできる新製品です。GeekBuyingのキャンペーン期間中は早く注文するほどお得なので見逃さないようにしてください。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その4: 本体画面

今回は中華スマートウォッチAmazfit GTR 47mmの本体画面を紹介します。 Amazfit GTR 47mmは本体のみでもかなりの操作ができることがわかると思います。ただ、メニューなどは日本語化されていないのでスマートフォンアプリで設定できる内容はスマートフォンアプリを活用することがおすすめです。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その3: 各種設定

今回はスマートウォッチAmazfit GTR 47mmと組み合わせて利用するスマホアプリAmazfit Appで行える設定項目を紹介します。Amazfit Appには多くの設定項目があり、Amazfit GTR 47mmの動作を好みにカスタマイズすることができます。しかし、Amazfit GTR 47mmの画面にひらがな・カタカナを表示させると文字化けしてしまうのが残念です。<

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その2: セットアップ

今回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmのセットアップをしてみます。スマートフォンアプリAmazfit Appも日本語化されており、スムーズにセットアップすることができました。Amazfit GTR 47mm側に表示されるメッセージは日本語化されていませんが、それほど難しい内容ではないのでなんとかなると思います。

スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その1: 入手!

今回はXiaomi(Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmを入手したことを紹介します。先代のAmazfit Stratosと比べると、バッテリー寿命は飛躍的に伸びながらも、本体の厚さが薄くなりスリムとなっています。バッテリー寿命と本体の大きさはAmazfit Stratosの弱点だったため、この進化はかなりうれしいポイントです。

UMIDIG F2の詳細デザインが判明!

今回は中華スマホの新製品UMIDIGI F2の続報をお伝えします。UMIDIGI F2は高コスパというだけでなく、パンチホール型のディスプレイを採用するなどデザインにも力を入れていることがわかります。AliExpressで既に予約を受け付けているので、確認しておくことをお勧めします。

クワッドカメラの高コスパスマホ UMIDIGI F2発表!

今回は中華スマホメーカUMIDIGIの新製品UMIDIGI F2を紹介します。最近のUMIDIGIのスマホは日本市場を意識してかLTE B19 (ドコモのプラチナバンド)に対応しており、中華スマホの入門編として手が出しやすいメーカーとなっています。新製品のUMIDIGI F2はクワッドカメラを採用していたり、ノッチレスの大型ディスプレイだったりとスペックも魅力的なので要チェックの製品です。

Google Pixel 2で遊ぶ その18: Android 10を再ルート化する

今回はAndroid 10にアップデートしたGoogle Pixel 2をルート化したことを紹介します。Android 10にしたことでTWRPやルート化は無効になってしまいましたが、Android 8やAndroid 9で行った手順で無事に復活させることができました。Android 10で初めてルート化する方も同じ手順で簡単にルート化できるのではないかと思います。

Google Pixel 2で遊ぶ その17: Android 10に更新する

今回はGoogle純粋スマホPixel 2をOTAでAndroid 10にアップデートしてみます。Google純正というだけあって最速の配信ですし、アップデートも簡単です。やはり最新のAndroidを使いたい方にはSIMフリー版のPixelシリーズを購入しておくのがお勧めです。

海外通販ガイド: JOYBUYでの買い方を紹介!

<p>今回は海外通販サイトJOYBUYの使い方について紹介します。JOYBUYは日本語や日本円決済には対応していませんが、他の中華通販と同様にPayPalで決済することができます。BanggoodやGearBestより安く購入できる場合もありますし、他の中華通販では扱っていないキヤノンやソニーの海外モデルなども購入できますので、巡回先に入れておくことをおすすめします。</p>

タイでプリペイドSIMを使う その90: スワンナプーム空港の状況 (2019年8月)

今回は2019年8月のタイ・スワンナプーム国際空港でのSIMカードの販売の様子を紹介します。スワンナプーム国際空港では「荷物受取りエリア」「到着ロビー」「地下一階」の3箇所でプリペイドSIMカードを購入することができます。売り場によって購入できるパッケージは異なりますので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

1 2 3 4 5 6 7 82