アゼルバイジャンでプリペイドSIMを使う その3: Bakucellの初期設定とステータス確認

今回はアゼルバイジャンのBakucellのプリペイドSIMカードの初期設定などを紹介します。私が購入した店舗では店員さんがアクティベーションやインターネットパッケージの購入などを全て行ってくれました。SIMカードのステータスはアゼルバイジャン語表示ですがかんたんにできますので使いやすいSIMカードだと思います。

アゼルバイジャンでプリペイドSIMを使う その2: BakucellのプリペイドSIMカードを購入!

今回はアゼルバイジャンのバクーでBakucellのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。プリペイドSIMカードを探すときに注意しなければいけないのは、店舗によって価格が変わるということです。何件か回って納得できる金額のお店を探しましょう。私の場合はBakucellの店舗で5AZNでプリペイドSIMカードを乳周することができました。

アゼルバイジャンでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

今回はあらためて調査したアゼルバイジャンのプリペイドSIMカード事情について紹介します。以前は旅行者はプリペイドSIMカードを購入することができなかったようですが、いまはパスポートを持っていれば旅行者でもかんたんに購入可能なようです。インターネットパッケージも安く、プリペイドSIMカードの利用が便利そうです。

チリでプリペイドSIMを使う その10: Entelの実際の使い勝手

今回はチリで購入したEntelのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手を紹介します。私が調べた限りではEntelのLTEはBand 2とBand 7を、3GはBand 2を利用していました。これらの周波数は日本では利用されていないので、日本で購入したスマートフォンの場合は対応していない可能性があります。チリでプリペイドSIMカードを使う上でハードルとなるのは、スマートフォンの対応周波数だと思います

チリでプリペイドSIMを使う その8: Entelの初期設定

今回はチリのEntelのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介します。アクティベーションにはスペイン語が必要となるので、店員さんにお願いするようにしましょう。購入したプリペイドSIMカードの初期残高は0なので、インターネットパッケージを購入する場合はTOP UPが必要です。TOP UPをする場合には薬局に行けばレジで簡単に行うことができます。

チリでプリペイドSIMを使う その7: EntelのプリペイドSIMカードを購入!

今回はチリのサン・ペドロ・デ・アタカマでEntelのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。チリでプリペイドSIMカードを購入する際は、キャリアの店舗ではなく、電気店や携帯電話ショップに行くのがポイントです。携帯電話に関係ありそうなお店を見たら店員さんに声をかけてみましょう。

チリでプリペイドSIMを使う その6: 情報収集 (2019年版)

今回は事前に調査したチリのプリペイドSIMカード事情について紹介します。2017年の法律変更で、チリはプリペイドSIMカードを利用するためにスマートフォンのIMEIを登録する必要がありました。しかし、2018年7月より、海外のスマートフォンを持ち込んだ場合は、30日間は登録不要で利用できるようになりましたので、再び旅行者もプリペイドSIMカードが利用可能になりました。

ボリビアでプリペイドSIMを使う その4: Entelの実際の使い勝手

今回はボリビアEntelのプリペイドSIMカードを実際に使った状況を紹介します。LTE Band 13に対応したスマートフォンを持っていれば、通信速度は遅いものの、ウユニ市街だけでなくウユニ塩湖でもインターネットに接続することができます。値段も高くないですし、ウユニ塩湖を観光するならプリペイドSIMカードを購入しておいてもよいと思います。

ボリビアでプリペイドSIMを使う その3: Entelの初期設定

今回はボリビアで購入したEntelのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介します。Entelの店舗でアクティベーションとインターネットパッケージを有効にしてくれるので、初期設定はAPNを設定するだけです。 自力でアクティベーションするのは大変そうなので、ボリビアではキャリアの店舗に行くことをお勧めします。

ボリビアでプリペイドSIMを使う その2: EntelのプリペイドSIMカードを購入!

今回はボリビアのウユニでEntelのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。ウユニの町を歩いていると携帯キャリアのロゴシールが貼られたお店をたくさん見かけますが、SIMを購入できるのはキャリア直営の店舗のみのようです。ウユニのEntelの店員さんは英語が話せるため、プリペイドSIMカードの購入は比較的簡単でした。

ボリビアでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

今回は事前に調査したボリビアのプリペイドSIMカード事情について紹介します。ボリビアは200円以下でプリペイドSIMカードは購入可能なようですが、使用されいてる周波数(バンド)が日本と大きく異なる点に注意が必要です。iPhoneの場合は使える可能性が高いですが、Androidユーザの場合は対応周波数を事前に確認しておく必要があります。

ペルーでプリペイドSIMを使う その4: Claroの実際の使い勝手

今回はペルーClaroのプリペイドSIMカードを実際に使った状況を紹介します。私が使った限りでClaroはカバレッジもよく、通信速度も速いのでストレスなく利用することができました。周波数さえ手持ちのスマートフォントあえば、お勧めできるプリペイドSIMカードです。唯一の難点はステータス確認方法がよくわからない点でしょうか。

ペルーでプリペイドSIMを使う その3: Claroの初期設定と初期状態

今回はペルーで購入したClaroのプリペイドSIMカードの初期設定と初期状態を紹介します。Claroショップでインターネットパッケージを有効にしてくれるので、初期設定はAPNを設定するだけです。ただ、ステータス確認についてはアプリのインストールができず、実行することができませんでした。

ペルーでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

今回は事前に調査したペルーのプリペイドSIMカード事情について紹介します。ペルーは旅行者でもプリペイドSIMカードの購入は可能なようですが、使用されいてる周波数(バンド)が日本と大きく異なる点に注意が必要です。iPhoneの場合は問題ないですが、Androidユーザの場合は対応周波数を事前に確認しておく必要があります

PHILIPSの27型 格安4Kディスプレイを導入する

今回は低価格の4KディスプレイであるPHILIPS 276E8VJSB/11を紹介します。三万円台という価格ながらHDMI×2、Display Port×1の入力に対応しており、また、4K解像度を60Hzで表示することが可能です。コネクタの配置やOSDの操作性などコストダウンのしわ寄せも感じますが、頻繁に操作する物でもないので問題ないと思います。4Kディスプレイの入門用としてなかなか良い製品ではないかと思います。

太陽光充電対応のモバイルバッテリー LiberFlyer Chargi-Q miniを試す

今回は太陽光充電と手回し充電に対応したモバイルバッテリーであるLiberFlyer Charge-Q miniを試してみます。アウトドア用途や防災グッズとして企画されたと思われるモバイルバッテリーですが、私が試した限りでは照明用の白色LEDは手回し充電・太陽光充電の両方で十分機能したものの、スマートフォンへの充電はちょっと残念な結果となりました。もちろん通常のモバイルバッテリーとして問題なさそうですし、防水対応ボディも魅力ですので、普通のモバイルバッテリーとは違う製品を探している方はチェックしてみてください。

GeekBuyingでBlack Fridayの福袋(Lucy Bag)を買ってみた(2018年)!

今回は海外通販のGeekBuyingでBlack Fridayの福袋(Lucky Bag)を購入したことを紹介します。今回の福袋はカー用品ということで、XiaomiのUSBカーチャージャーと車載カメラのセットとになっていました。通常価格だと合計で20ドルを超えるところを福袋は9.95ドルだったので、金額的にはお買い得感はあったかと思います

1 2 3 4 5 6 75