海外通販: GeekBuyingでノートPC・タブレットセール

今回はGeekBuyingで開催されているノートPC・タブレットセールを紹介します。最近の中華ガジェットではタブレットよりもノートPCの方が勢いがある感じがします。特にGPD Pocketは日本でも話題になって気になる製品です。PayPalのキャンペーンとの合わせ技で479.99ドルで買えるのは魅力的だと思います。

海外通販: GeekBuyingでPayPal利用キャンペーン!

今回は海外通販のGeekBuyingでPayPay利用キャンペーンが行われていることを紹介します。中華系通販を利用している方はほとんどがPayPalを利用していると思うので、このキャンペーンは多くの方が利用できると思います。また、割引クーポンも多くの製品に適用できます。特にGPD Pocketに適用したときには他社と比べても最安値となるので是非チェックしてみてください。

タイでプリペイドSIMを使う その61: TrueMoveのSIMを49バーツで購入!

今回はバンコク市内でTrueMoveのプリペイドSIMカードを49バーツで購入したことを紹介します。本来は79バーツの4G Net SIMを買ってそれだけでデータ通信を利用しようと思ったのですが、手違いで49バーツのTOURIST SIMとなってしまいました。TOURIST SIMはパッケージに使用するために必要な情報がまとめられており、使いやすさを実感しました。

タイでプリペイドSIMを使う その59: ドンムアン空港の状況 (2017年5月)

今回はちょっと内容がうすいですがバンコク・ドンムアン空港の様子を紹介します。ドンムアン空港にはキャリアショップだけでなく非キャリアのショップがあり、プリペイドSIMの入手性はかなり容易だと思います。キャリアショップではここで紹介した以外にもプランを用意していると思うので、店員さんに確認してみてください。

タイでプリペイドSIMを使う その58: スワンナプーム空港の状況 (2017年5月)

今回は久しぶりの海外SIMカードネタとしてバンコク・スワンナプーム国際空港の状況を紹介します。空港でプリペイドSIMを調達する場合に問題となるのは長蛇の列です。正直なところタイの3キャリアは値段の差も少なく、どこを選んでもそこそこ使えるはずです。カウンターが空いているキャリアを選ぶか、DTACの自販機を使うのが正解だと思います。

海外通販: GeekBuyingでXiaomi Mi 5Xの予約販売スタート!

今回は海外通販のGeekBuyingでXiaomiの新製品スマホMi 5Xの先行予約販売が始まったことを紹介します。Mi 5Xはスペック的にはRedmi Note 4Xの後継モデルという感じです。12MP×2のデュアルカメラや、Dラインのない美しいメタルボディなど、Redmi Noteシリーズにはない特徴がありますのでチェックしてみてください。

中華スマホP8 miniで遊ぶ その6: しばらく使った感想!

今回はElephone P8 miniをしばらく使った感想を紹介します。あまり使い込んでいないので偉そうなことは言えないのですが、処理能力的に不安があるように感じるため、万人にお勧めできるスマホとは言えません。ボディはコンパクトでなかなか良いので、処理能力より携帯性重視の方向けと言えそうです。

中華スマホP8 miniで遊ぶ その4: カメラ機能を確認!

今回はP8 miniのカメラ機能をチェックしてみます。メインカメラはまずまずの性能ですが、他のスマホに対する優位性はあまり見つけることができませんでした。またデュアルカメラの機能の確認もできませんでした。一方、インカメラはスペック通りの高画素できれいな画像が期待できそうです。

IndiegogoのChuwi Surface Proクローンがまもなく一般発売!

今回はIndiegogoでクラウドファンディングをしているChuwi Surbookという2-in-1タブレットを紹介しましす。このタブレットはその名の通りMicrosoftのSurfaceを思いっきり意識した製品で、同じ2-in-1タブレットながらキーボード込みの価格では半額以下という驚きのコストパフォーマンスです。まもなく一般販売とのことなので実勢価格が楽しみなところです。

海外通販: GeekBuyingでXiaomi Mid-Yearセール

今回はGeekBuyingで開催されているXiaomi Mid-Yearセールを紹介します。Xiaomiブランドの製品は中華ガジェットの中では人気の品ばかりです。実際に使ってみると、そのコストパフォーマンスには驚くことばかりです。Xiaomiの製品は日本語情報も多く中華ガジェットデビューに最適ですので、はじめの方も是非チェックしてみてください。

中華スマホP8 miniで遊ぶ その3: ベンチマークを実行!

今回はElephone P8 miniでベンチマークソフトを動かして手持ちの製品と比較してみます。P8 miniが搭載しているMT6750Tはミドルレンジ向けのCPUということもあってその位置づけに相応のスコアとなってしまいました。このスコアを見る限りサクサクという動作は厳しいかと思いきや、実際の動作はまずまずです。実動作では4GBというRAMが効いているのかもしれません。

中華スマホP8 miniで遊ぶ その1: 入手!

今回はGeekBuyingから提供していただいた中華スマホElephone P8 miniを紹介します。最近のスマホは大型になっていますが、P8 miniはその名前の通りコンパクトなサイズとなっております。あとはミドルクラス向けのCPUのパフォーマンスがどれくらい出るかが気になるところです。

1 2 3 4 5 6 69