海外通販: GeekBuyingの年末グランドセール!

久しぶりにGeekBuyingのセール紹介記事です。

クリスマスを過ぎると今度は年末セールとなります。12月上旬はクリスマスセールまでの空白期間かと思いましたが、Intel CPUを搭載した製品のセールを行うそうです。

なお、ここでは1ドル118円として計算しています。

年末グランドセール

GeekBuyingでは年末のセールを開始しています。年末セールのサイトは下記になります。

この年末セールでは多くのスマホが特価品になっていますが、いくつかのカテゴリに分けて紹介されているので見ていきましょう。

私が注目するスマホは後半で説明します。

2016年のトップ10!

年末ということで、今年の販売実績Androidスマートフォンのトップ10が示されています。

中華スマホを使う(というより遊ぶ)上で、売れているスマホということは、いろいろ情報が出回っていたり、カスタムROMが出ている可能性があるので重要なポイントです。

2016年のTOP10

メーカ別にみると

  • Xiaomi 5機種
  • LeEco 2機種
  • Meizu 1機種
  • OnePlus 1機種
  • UMI 1機種

ということになります。

中国国内ではXiaomiの勢いは落ちているという話もありますが、中国国外向けの通販ではまだまだ人気のようです。

日本でもXiaomiは人気で、日本語の情報が多くあるので、中華スマホデビューとしてはお勧めのメーカーです。

年末の特価品

特価品は「BEST PRICE DEALS」というところを選択すると表示されます。

BEST PRICE DEALS

私がチェックしたときには16機種がピックアップされていました。

BEST PRICE DEALSのスマホ

ここの内訳は

  • Xiaomi: 8機種
  • LeEco: 3機種
  • その他: 5機種(OnePlus, HOMTOMなど)

となっていて、ここでもXiaomiが一押しとなっています。

中でもMi5シリーズが3機種入っています。Mi5シリーズは後継機種(Mi5SとMi5S Plus)が出ていることもあって、かなりお買い得になってきているようです。

ちなみにMi5 ProはRAMとROMが強化されているだけでなく、筐体がガラス(セラミックのものもあり)になっていたりします。

まだMi5は販売停止にならないとは思いますが、大分値段が下がってきたので(ドル建てでは・・・)そろそろ買い時かもしれません。

ブランド別のセール

ブランド別セールは「HOT BRAND SALE」というところを選択すると表示されます。

HOT BLAND SALE

ブランドはXiaomiをはじめとする10個の中華ブランドです。

対象のブランド

気になるのは「ファーウェイ(HUAWEI)」のセールもあることです。ファーウェイのスマホはあまり中華通販サイトでは見かけないので、これは珍しい気がします。

ファーウェイのスマホ

日本国内でもファーウェイは高性能なSIMフリースマホを販売しており存在感を高めています。

今回のセールでは日本でも発売しているMATE 9もセール対象となっていますが、719.99ドルということで日本国内版より高くなっててしまいそうです。

ファーウェイ製品を買うならばHonorシリーズなどちょっと古めの製品を狙ったほうが良いかもしれません。

クリアランスセール

クリアランスセールは「YEAR-END CLARANCE SALE」というところを選択すると表示されます。

YEAR-END CLEARANCE SALE

私がチェックされた時点で表示されたのは8機種でした。

YEAR-END CLEARANCE SALEのスマホ

ただ、すでに3機種が売り切れ(SOLD OUT)となっています。

売り切れとなっていない機種もよくよく見ると「1 Pcs Left (残り1機種)」となっています。

乗り遅れるとなかなか入手しにくいかもしれません。

注目の機種

今回のセールではスマホのみということでたくさんの機種があるので、全部目を通すことはできなかったのですが、私が気になった機種をピックアップしておきます。

Mi5/Mi5 Pro

最初に挙げるのはすでに触れたMi5シリーズです。

MiシリーズはXiaomiのスマホのハイエンドラインです。最新はMi5S/Mi5S Plusシリーズで、Mi5シリーズはひとつ前のモデルとなります。

ひとつ前のモデルとはいえCPUはSnapdragon 820ですし、まだまだ使っていけそうです。

今回のセール対象を比較すると次のようになります。

モデルMi5Mi5 Pro
カラーGoldWhiteWhiteWhiteWhite
写真GeekBuyingGeekBuyingGeekBuyingGeekBuyingGeekBuying
OSMIUI7
(Global ROM)
MIUI7
(China ROM)
CPUQualcomm Snapdragon 820
Quad Core 1.8GHz
Qualcomm Snapdragon 820
Quad Core 2.15GHz
RAM3GB3GB4GB
ストレージ内部32GB64GB128GB
microSDなし
ディスプレイ5.15インチ 1920×1080
カメラメイン16MP
イン4MP
ネットワーク2GGSM 2/3/5/8
3GWCDMA B1/2/5/8
CDMA BC0/1
4GFDD-LTE B1/3/7
TDD-LTE B38/39/40/41
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
NFCあり
SIMナノSIM×2
ボディサイズ144.55×69.2×7.25mm
重さ129g
その他USB Type-C
価格215.99ドル
(約25,500円)
217.99ドル
(約25,700円)
215.99ドル
(約25,500円)
258.99ドル
(約30,600円)
319.99ドル
(約37,800円)
倉庫中国香港中国

ROMの違いもありますが、書き換えることができるので、違いはカラーとRAM/ROM容量というところです。

Mi5シリーズにはmicroSDスロットがありませんので、ROMサイズは十分なサイズを確保しておきたいところです。

メイン機種として使うのならばROM 64GBかROM 128GBのモデルがおすすめです。

年末セールで215.99ドル(約25,500円)!
年末セールで217.99ドル(約25,700円)!
年末セールで215.99ドル(約25,500円)!
年末セールで258.99ドル(約30,600円)!
年末セールで319.99ドル(約37,800円)!

Redmi Note 4

続いてはRedmi Note 4です。

RedmiシリーズはXiaomiの復旧価格帯のラインですが、「Note」とつくモデルは5.5インチクラスの大画面モデルです。

なぜRedmi Note 4がおすすめかというと・・・私が使っていてなかなか調子が良いからです。

今回はEverBuyingから提供していただい中華スマホ Xiaomi Redmi Note 4(64GBモデル)を紹介します。64GBの内蔵ストレージで22,000円以下と、Redmi Note 3 Proに負けず劣らずのハイコストパフォーマンスモデルとなっています。あとはMediaTekのCPUの使い勝手が気になるところです。

Redmi Note 4で気になる点はCPUがQualcommのSnapdragonシリーズではなく、MediaTekのHelio X20というところかもしれません。

Snapdragonシリーズのメリットは、

  • 多くのゲームがSnapdragonシリーズで動作確認、最適化されている (Snapdragon以外では不具合があるかも?)
  • WCDAMのバンド6が有効かできる(いわゆるFOMAプラスエリア化) (バンド1・3が使えないエリアで電波が届く)

だと思うのですが、逆に言うとこの2点が気にならなければRedmi Note 4は非常に良い選択です。

実際私は使っていますが特に問題を感じたことはありません。むしろ、バッテリもちの良さ、機敏な動作と満足度が高いスマホです。

特にRedmi Note 4の価格の下落は早く、かなりコストパフォーマンスが良い買い物ができるでしょう。

今回のセールではRAM/ROMサイズが異なる2モデルがセールになっています。

Redmi Note 4にはRAM 2GB/ROM 16GBとRAM 3GB/ROM 64GBの2モデルしかないと思ったのですが、GeekBuyingではRAM 3GB/ROM 32GBというモデルも出ています。

サブ端末ならばROM 32GBでも十分かもしれません。

年末セールで174.99ドル(約20,600円)!
年末セールで148.99ドル(約17,600円)!

Redmi Note 3 Pro

最後はRedmi Note 3 Proです。これは上記のRedmi Note 4の一つの前のモデルです。

こちらもこのサイトでレビューしています。

今回はEverBuyingから提供していただい中華スマホ Xiaomi Redmi Note 3 Proを紹介します。ヘキサコアのCPUにFullHDのディスプレイと十分なスペックを持ちながら日本円では2万円を切るスマートフォンです。中華スマホといってもデザインに定評のあるXiaomiだけあって本体の質感もなかなかです。

大きな違いはRedmi Note 3 ProはCPUにSnapdragon 650を採用している点です。

Snapdragonが好まれる日本では、Redmi Note 4よりRedmi Note 3 Proを好む方が多いようです。また、カスタムROMが多いのでRedmi Note 3 Proは遊べる端末でもあります。

また今回のセールではLTEバンドが多い(FDD LTE B1/2/3/4/5/7/8/20/28対応)、International Versionなのもポイントです。

Redmi Note 3 ProにはROM/RAMサイズの違いで2モデルありますが、ROM 16GBはかなり厳しいのでROM32GBモデルがお勧めです。

まとめ

今回はGeekBuyingの年末グランドセールを紹介しました。

このグランドセールでは多くのスマホがセール対象となっています。特にXiaomi製のスマホが多く取り上げられていますので、一度価格をチェックすることをお勧めします。