Google Pixel 4で遊ぶ その6: ベンチマーク

前回は北米版Pixel 4でMotion Senseが使えるかどうかを試してみました。

今回はこのPixel 4でベンチマークソフトを動かしてみたいと思います。

このレビューで使っているPixel 4は北米版のPixel 4です。国内版とは違っているかもしれないのでご注意ください。

Auntutuベンチマーク

AntutuベンチマークはAndroidでは定番のベンチマークソフトです。3Dの性能を見るためにAntutu 3DBenchもインストール済みです。

AnTuTu Benchmark
AnTuTu Benchmark
Developer: AnTuTu
Price: Free
Antutu 3DBench
Antutu 3DBench
Developer: AnTuTu
Price: Free

Antutuベンチマークを実行した結果は下記の通りです。ベンチマーク実施時は充電はせずにバッテリで駆動している状態です。

Antutu Benchmarkの結果

これまで私の手元で動かしたことがあるスマホ(中華スマホ)と比べると次の通りです。

スマホCPUトータル3DUXCPURAM
Google
Pixel 4
Qualcomm
Snapdragon
855
(8コア, 2.84GHz)
4291931722196097312894167060
Google
Pixel 2
Qualcomm
Snapdragon
835
(8コア, 2.45GHz)
17265269016549893862910018
Xiaomi
Mi5s
Qualcomm
Snapdragon
821
(8コア, 2.35GHz)
14665059329465533024110527
Xiaomi
Redmi Note 4
MediaTek
Helio X20
(10コア, 2.1GHz)
849171625536436254946732
Xiaomi
Redmi Note 3 Pro
Qualcomm
Snapdragon
650
(6コア, 1.8GHz)
761881839826366246866738

何かスコアが劇的に増えているように見えますが、単にAntutuベンチマークのバージョンが変わって数値に互換性がなくなったからのような気もします。

実際にPixel 2と比べると確かにスムーズになった気がしますが、2倍以上の差があるかと言われると疑問です。

この表は参考程度にみてください。

AnTuTuベンチマークで表示できるランキングだと15位になりました。特に何も細工せずにこの順位なのでなかなか優秀ではないかと思います。

AnTuTu Benchmarkでのランキング

また、Antutuベンチマークではシステム情報を表示することができますので紹介しておきます。

基本情報

ストレージ

CPU

ディスプレイ

カメラ

バッテリー

OS

接続状態

ネットワーク

センサー

GeekBench 5

こちらも定番のベンチマークソフトです。

Geekbench 5
Geekbench 5
Developer: Primate Labs Inc.
Price: Free

結果は次の通りです。

GeekBench 5のスコア

もう少しスコアをブレークダウンした内容は次の通りです。

GeekBench 5のスコア (Single Core)

GeekBench 5のスコア (Multi Core)

GeekBench 5については過去のデータがないので比較ができないのが残念です。

スマホCPUSingle Core
TotalCryptoIntegerFloating
Google
Pixel 4
Qualcomm
Snapdragon
855
(8コア, 2.84GHz)
626883600639
スマホCPUMulti Core
TotalCryptoIntegerFloating
Google
Pixel 4
Qualcomm
Snapdragon
855
(8コア, 2.84GHz)
2631 364725412658

GeekBench 4

GeekBench 5だと過去の結果と比較できないので一つ前のGeekBench 4を使ってみました。

Geekbench 4
Geekbench 4
Developer: Primate Labs Inc.
Price: Free

結果は次の通りです。

GeekBench 4のスコア

もう少しスコアをブレークダウンした内容は次の通りです。

GeekBench 4のスコア (Single Core)

GeekBench 4のスコア (Multi Core)

過去の結果と比較してみます。同じソフトを使っているので数値同士で比較できるはずです。

スマホCPUSingle Core
TotalCryptoIntegerFloatingMem
Google
Pixel 4
Qualcomm
Snapdragon
855
(8コア, 2.84GHz)
3027 1436320328393310
Google
Pixel 2
Qualcomm
Snapdragon
835
(8コア, 2.45GHz)
1906 1194206513872506
Xiaomi
Mi5s
Qualcomm
Snapdragon
821
(8コア, 2.35GHz)
1690 736147115832584
Xiaomi
Redmi Note 4
MediaTek
Helio X20
(10コア, 2.1GHz)
1544 1106150512202226
スマホCPUMulti Core
TotalCryptoIntegerFloatingMem
Google
Pixel 4
Qualcomm
Snapdragon
855
(8コア, 2.84GHz)
10390 697213208111153815
Google
Pixel 2
Qualcomm
Snapdragon
835
(8コア, 2.45GHz)
6359 5747838258872669
Xiaomi
Mi5s
Qualcomm
Snapdragon
821
(8コア, 2.35GHz)
4216 2014458047083213
Xiaomi
Redmi Note 4
MediaTek
Helio X20
(10コア, 2.1GHz)
4669 4392592544712211

これを見るとGoogle Pixel 4はGoogle Pixel 2からすべての項目で順調に性能が向上していることが分かります。

数値を見てみるとXiaomi Mi5s (Snapdragon 821)→Google Pixel 2 (Snapdragon 835)の伸びより、Google Pixel 2→Google Pixel 4の伸びの方が大幅に大きいことが分かります。

まとめ

今回はGoogle Pixel 4でベンチマークソフトを実行してみました。

いままで使っていたPixel 2からは2年経過していることもあり、ベンチマークスコアも大きく向上しました。やはり二年の進化というのは大きいです。

古いスマホを使っている方には乗り換える価値はありそうです。

次回はPixel 4のブートローダをアンロックしようと思います。