Fiioが5.5インチタッチスクリーン搭載のオーディオプレーヤーM11 Proを発売!

今回は中国のオーディオメーカーのFiioがタッチスクリーン搭載のオーディオプレーヤーを発表したことを紹介します。

Fiioについて

Fiioは中国で設立されたオーディオブランドです。ポータブル系のオーディオ機器に力を入れているようです。

日本語サイト(輸入代理店のサイト)もありますので、ブランドやラインナップはわかりやすいと思います。

ちなみに英語になりますが、本社のサイトは下記になります。

最新情報などは本社のサイトから入手した方が良いでしょう。

M11 Pro

今回発表になったM11 Proは、既に発売しているM11の後継版になります。

Fiio M11 Pro

この製品のスペックは次の通りです。

CPUSamsung Exynos 7872
RAM3GB
ストレージ64GB
DACDual AK4497
Bluetooth4.2 / 5
BTオーディオコーデックLDAC/aptX/aptX HD/HWA(LHDC)/SBC
ヘッドホン出力端子3.5mm ヘッドホン出力

2.5mmバランス出力

4.4mmバランス出力
Wi-Fi2.4/5G
ディスプレイ5.15インチ 1440×720
10点タッチ対応タッチスクリーン
USB端子USB Type-C
バッテリー4370mAh
再生時間13時間以上
充電時間3.5時間以内 (QuickCharge 2.0)
サイズ70.5×130×15.5mm
受領220g

特徴を箇条書きにすると次のようになります。

  • 64GBの大容量ストレージで多くの音楽データの格納が可能
  • 384kHzまでのPCMとネイティブDSD256に対応
  • すべてのDSDをサポート
  • LDACによる双方向Bluetooth
  • 384kHz/32bitまでに対応した非同期USB DAC
  • 2.4/5GHzのデュアルバンドWi-Fi
  • 5.15インチ 1440×720のディスプレイ
  • QC2.0とMediaTek Pump Expressによる高速充電
  • FiiO Link・DLNA・Air Play・USBオーディオをサポート
  • Wi-Fiによるシンプルなオーディオストリーミング
  • 8つのプリセットされたダイナミックEQ
  • ジェスチャーによる操作
  • 高速充電に対応した4370mAhのリチウムイオンポリマー電池
  • 220gの軽量ボディ

従来のモデルのM11との違いを中心にもう少し詳しく紹介してみます。

DACがAK4493からAK4497にアップグレード

従来のM11はDACとしてAK4493を2個搭載していましたが、M11 ProになってデュアルAK4497にアップグレードされました。

M11のDACの個数を1個と記載していたので2個に修正しました。M11→M11 Proの違いはDACチップになります。

AK4493/4497はDACのトップメーカー旭化成エレクトロニクスの製品です。

M11 Proが採用しているAK4497は旭化成エレクトロニクスのラインナップではプレミアムクラスの製品です。

従来のAK4493に比べAK4497はSNRが3デシベル改善しています。このことによりノイズの少ないクリアな音が再現されることが期待できます。

THX-AAAアンプを採用

THX-AAAとは何かと思って調べてみるとTHX社のAcromatic Audio Amplifierということのようです。

THX Achromatic Audio Amplifier World’s Most Linear Amplifier Technology for Headphones and In-Vehicle Audio Systems THX Achromatic Audio Amplifier (THX AAA™) en...

細かいことは色々難しいのですが、こちらも音楽の高音質化に寄与する機能強化です。

このアンプはM11 ProをBluetoothレシーバーモードで使った時に利用されるようで、音の歪みの低減・低ノイズ・クロストークの削減などを実現します。

なお、M11 ProはBluetoothで受信した音声をオーディオ端子から出力することができます。

64GBのストレージ

従来のM11の約2倍となる64GBのストレージを備えています。さらに最大2TBまで対応したmicroSDスロットを2スロット備えています。

このため大量の音楽データを持ち歩くことができます。最高音質のコーデックを使ったとしても、ストレージ不足になることはそうそうなさそうです。

バッテリー容量が4370mAhに増加

従来のM11は3800mAhだったところを、M11 Proでは4370mAhと15%増加しています。これにより13時間を超える音楽再生と、50日のスタンバイを実現しています。

さらにスマートフォンでも利用されているQuick Charge 2.0あるいはMediaTek Pump Expressという技術により3.5時間での充電を実現しています。

販売サイト

今回紹介したM11 ProはHiFiGoというサイトで699.99ドルで販売されています。

Fiio M11 Pro Dual AK4497EQ Blutooth 5.0 Portable Music Player, buy best fiio m11 pro portable music player free shipping from hifigo online store with one-year ...

英語のみのサイトですがPayPalなども使えますので、海外通販を使っている方なら問題なく購入できそうです。

まとめ

今回はFiioからリリースされたポータブルオーディオプレーヤーM11 Proを紹介しました。

上位クラスの製品と言うことでDACやアンプに高音質のパーツを採用しています。

スマートフォンで音楽を聴いている方も多いと思いますが、専用のオーディオプレーヤーには専用品の良いところがあるので音楽が好きな方はチェックをしてみてください。