中華スマート体組成計YUNMAI Mini Smart Fat Scalesで遊ぶ その3: 測定項目

体重計

前回はGearBestから購入した中華スマート体組成計YUNMAI Mini Smart Fat Scalesをセットアップしてみました。

今回はこの体組成計で測定できる項目の紹介をしたいと思います。

測定項目の表示

スマホでYUNMAIアプリが動いている状態で、YUNMAI mini Smart Fat Scaleに乗るとスマホアプリに各種測定値が表示されます(本体には体重しか表示されません)。

測定の完了

この画面で各測定値をタップすると、その測定値に関する情報と、測定結果がどのような状況(よい数値なのかどうか)を示す画面に遷移します。

ただし、体重とスコアが書かれている丸の部分はタップしても何起こりません。

たとえばBMIのところをタップすると次のような画面が表示されます。画面下部のグラフを見ると「BMI 22.2」は標準値ですが、標準地の範囲の中ではやや高めの方であることがわかります。

BMIの表示

この画面では、左右にスワイプすると表示する測定値を切り替えることができます。

こちらは「Fat (体脂肪率)」です。標準値ですがちょっと高めです。

体脂肪率の表示

「Muscle (筋肉量)」は標準ですが、ちょっと少なめです。筋トレをした方がよいのでしょうか。

筋肉量の表示

「Water (水分)」は、ほぼ標準の中央値でした。

水分量の表示

「Protein (タンパク質量)」もほぼ標準の中央です。

タンパク質量の表示

「Visceral Fat (内臓脂肪)」はちょっと「High」よりです。要注意かもしれません。

内臓脂肪の表示

「Bone (骨量)」は重さとパーセントで表示されますが、こちらは善し悪しがわかりません。緑なので標準値なのかもしれません。

骨量の表示

「BMR (基礎代謝)」も善し悪しがわかりません。これも緑なので標準値なのかもしれません。なお、単位が「Cal/Day」となっていますが、正しくは「KCal/Day (キロカロリー/日)』だと思います

Screenshot_20160526-205205

最後は「Fitness Age (体年齢)」です。こちらは自分の年齢と比較して善し悪しを把握できると思います。

体年齢の表示

Hottest Android Tablets! Affordable Performance Made Easy!

測定項目の詳細

YUNMAIアプリでは測定項目の説明をしてくれていますが、英語のためちょっとわかりにくいと思いますので、簡単に翻訳しておきます。ただ、健康に関する英単語は知らないものもありますし、そもそも英文は中国語の翻訳版のようなので、私の翻訳の精度は怪しいかもしれません。

項目 英語での説明 翻訳
Body Mass Index
(BMI)
The body mass index (BMI), is a value derived from the mass (weight) and height of an individual, internationally recognized as a measurement standard for body types. The calculation of BMI varies in different countries and areas. BMIは、体重と身長から計算される値で、国際的に体系を分類する標準的な値として考えられている。BMIの計算は、国や地域によって異なる。
Fat
(体脂肪率)
The Percentage of Body Fat in Total Body Weight. 体重に対する脂肪の割合
Muscle
(筋肉量)
The Percentage of muscle Mass in Total Body Weight. 体重に対する筋肉の割合
Water
(水分量)
The Percentage of Water in Total Body Weight. Sufficient water consumption boosts metabolism. 体重に対する水分の割合。十分な水分の消費は新陳代謝を高める。
Protain
(タンパク質量)
Protein’s basis is composed of human cells and tissues and it is one of the important components of the cell tissues. The significant cell tissue in body parts all requires protein, and the protein accounts for about 18% of the total human body mass. Protein is no only the material basis of life but also an organic macro molecule. Protein is the fundamental organic matter to constitute cells and the main energy source provider for タンパク質は人間の細胞と組織の主成分で、細胞組織にとって最も重要な要素である。体内の細胞組織は十分な量のたんぱく質を必要とし、体重のおよそ18%を占める。タンパク質は、生命にとって基本的な要素であるのみならず、有機物である(?)。タンパク質は、細胞を構成するための基礎的な有機物であり、主なエネルギー源である(?)
Visceral Fat
(内臓脂肪)
Visceral fat is one kind of body fat, which is different from subcutaneous fat. It surrounded the human organs and is mainly located in the abdominal cavity. In fact, a certain amount of visceral fat is essential because it plays the role of supporting, stabilizing and protecting the visceral organs. 内臓脂肪は、体脂肪の一種で、皮下脂肪とは異なる脂肪である。内臓脂肪は、人間の内臓を取り囲んでおり、主に腹部に存在している。実は、内臓脂肪は内臓をサポートしたり、安定させたり守ったりするため、ある程度の内臓脂肪は必須である。
Bone
(骨量)
The Percentage of Bone Tissue in Total Body Weight.
Bone Tissue, or Osseous tissue Bone tissue is a mineralized connective tissue. It is composed mainly of collagen, or ossein, fibers, and bone cells called osteocytes.
体重に対する骨組織の割合。骨組織は石灰化した接続組織である(?)。骨組織は、主にコラーゲン・骨質・繊維、そして、骨細胞と呼ばれる細胞から構成されている。
BMR
(基礎代謝)
Basal Metabolic Rate is the minimum calorific requirement needed to sustain life in a resting individual, or the amount of energy expanded while at rest in a naturally temperate environment, in the post-absorptive state. The higher your BMR, the more calories you burn on a daily basis and better aligned with your target. 基礎代謝率は、静かな環境で(?)、生命を維持するための最小限必要なカロリーであり、通常の温度の環境で安静にしているときに消費するエネルギーの量である。高いBMRは、日々の生活で多くのカロリーを消費し、目標に到達するのを助ける(?)。
Fitness Age
(体年齢)
Fitness age is a number that comes from comparing your Basal Metabolic Rate with the Basal Metabolic Rate average of your chronological age group, factoring in your age, weight, height, exercise habits and other information. It can be higher or lower than your chronological age. 体年齢は、あなたの基礎代謝率と、あなたの実年齢の平均的な基礎代謝率から算出した値であるり、年齢・体重・身長・運動習慣や他の情報に左右される。体年齢は実年齢より高くなったり低くなったりする場合がある。

Panasonicの体組成計との比較

さて気になるのがYUNMAI mini Smart Fat Scaleで測定した値が正しいのかどうか、ということです。しかし、何が正しいのかわからないので判断の仕様がありません。

そこで今回は以前購入したPanasonicの体脂肪計EW-FA43の測定値と比べてみました。

YUNMAI Panasonic
体重

66.2kg

65.9kg

BMI

21.9

21.5

体脂肪率

18.6%

16.50%

皮下脂肪

測定できず

14.50%

筋肉量

54.5%

レベル6

水分量

59.1%

測定できず

タンパク質量

18.5%

測定できず

内臓脂肪

7

レベル 5.5

骨量

4.2%

レベル 6

基礎代謝

1550kcal/日

1473kcal/日

体年齢

40歳

38歳

体幹バランス年齢

測定できず

31歳

筋肉量・内臓脂肪・骨量については、Panasonicは「レベル」という値で表示するので、YUNMAIの値と直接比較することができません。

その他比較可能な値を見ると若干ずれがあるものの近い値が出ていると思います。

YUNMAI mini Smart Fat Scaleの値はおおむね信用できると思いますが、絶対値をチェックするというより、継続的に測定して変化を見るようにした方がよいでしょう。

まとめ

今回はスマホと連携できる謎の体組成計YUNMAI mini Smart Fat Scaleの測定項目を紹介しました。

正確性は何とも言えないですが、いろいろ測定項目が出るのはなかなか楽しいものです。継続して計測していけば、体調管理に役立ちそうな気がします。

次回は、体組成計YUNMAI mini Smart Fat Scaleをしばらく使った感想を紹介します。