海外通販 GearBestでマスクを買ってみた!

ここのところの新型コロナウィルスの流行で、エチケットとして身につけておきたいのがマスクです。

しかし、2020年3月現在では、日本で購入するのはなかなか難しいものがあります。ドラッグストアに毎日朝から並べば入手できるという話はありますが、なかなかそのような時間もありません。

中華通販とマスク

普段はガジェット(スマホ・タブレット・スマートウォッチなど)を扱っている中華通販でも、商売チャンスとみているのかヘルスケア製品に急に力を入れ始めました。

新型コロナウィルスの流行での混乱ぶりに便乗している形ですが、機を見るに敏というか、商魂たくましいという感じです。

私がよく使っている中華通販では下記のようなセールページが用意されています。

そしてこのようなヘルスケア製品のセールで注目なのは日本で入手困難なマスクです。

そこで人柱となるべくGearBestでマスクを買ってみることにしました。購入方法は下記を参照してみてください。

中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestは日本語対応サイトも充実し、日本直送の配送方式(Priority Line)を選択できるなど、海外通販に慣れていない方でも注文することができます。コンビニ決済もできるようになったのもうれしいところです。ブレットやスマホをなどのガジェットを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

またGearBestではなくBanggoodやGeekBuyingからかってみようという方は下記を参照してみてください。

中国の通販サイトであるBanggoodの使い方について紹介します。 品ぞろえもよく、サイトの日本語対応も進んでいるので中華通販デビューにはおすすめのサイトです。また支払はPayPal以外にコンビニも使えるのがうれしいところです。 中華スマホ・中華タブレットを購入する際にはBanggoodも選択肢に入れておくとよいでしょう。
中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 GeekBuyingはスマートフォンやノートPC(特にUMPC)に強く、GearBest・Banggoodの対抗馬となるサイトだと思います。中華ガジェットを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

GearBestでマスクを購入!

私が購入したのは次の製品です。今回は実験として2種類購入しました。

2020/4/14時点で29.99ドル(約3300円)
2020/4/14時点で29.99ドル(約3300円)

私が購入したときには後者の製品は26.99ドル(約3000円)でした。

そこで24時間以内に出荷となっている方を、有料(約500円)ですが迅速な発送が期待できる「Priority Line」を利用しました。

発送方法

一方、後者の48時間以内に出荷となっている方を無料のUnregistered Air Mail (追跡番号無しの国際郵便)で発送するようにしました。

多少お金がかかっても50枚を早く入手し、それを使いつつ次の50枚を待つという作戦です。

支払はPayPalで行いました。詳細な購入方法については下記を参照してください。

中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestは日本語対応サイトも充実し、日本直送の配送方式(Priority Line)を選択できるなど、海外通販に慣れていない方でも注文することができます。コンビニ決済もできるようになったのもうれしいところです。ブレットやスマホをなどのガジェットを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

実際の配送状況

気になるのがどのように届くのかと言うことだと思います。

有料のPriority Lineを使った製品の方が早く届くのかと思ったのですが、予想外のことに二つの製品は同時に発送され、同時に到着しました。

配送方法は両方ともe Packetと呼ばれる簡易国際小包でした。この簡易国際小包は追跡番号が発行されますが、配送はポスト投函になります。

結局、Priority Lineを選択した方はPriority Lineの料金5ドルは無駄になり、Unregistered Air Mailで選択した方は無料で追跡番号が発行される形になるので少しお得になりました。

実際の日程は次の通りです。

イベント 日付
注文 2020/3/20
発送連絡 2020/3/20
中国輸出 2020/3/25
日本到着 2020/3/27
配送完了 2020/3/30

配送にかかった日数は10日で、土日を除いた営業日だと7日間です。

仮にPriority Lineで発送された場合は1週間程度で届く場合が多いので、それに比べれば押しですが、Registered Air Mailにしては早い到着です。

新型コロナウィルスの流行で航空輸送網が混乱している時期としては上出来だったと思います。

到着した製品

気になる商品を紹介していきます。

使い捨てマスク 50枚 (24時間以内に出荷)

まずはPriority Line(日本直送便)で注文したマスクの方です(実際には簡易国際郵便で送られてきました)。

小さな段ボールで送られてきました。差出人は中国・北京のTonyさんです。

配送時のパッケージ

段ボールを開けてみるとマスクのパッケージがビニール袋に入っていました。配送時にホコリが入らないような配慮なのだと思います。

ビニール袋入りのパッケージ

ただ、段ボールの中には下の写真の様な袋も入っていました。

使われることのなかった密封用ポーチ

どもこれ密封用のポーチのようです。本来はこのポーチに入れて送られてくるべきだったのではないでしょうか・・・この辺は中華クォリティです。

もしかしたらこのポーチはマスクを持ち歩くため用に同封してくれたのかもしれません。

マスクのパッケージは次の通りです。「一次性使用」というのは使い捨てという意味だと思います。

マスクのパッケージ

パッケージを開けてみると水色のマスクと説明書、検査合格証が出てきました。

開封した様子

マスク自体はごく普通の(以前日本でも購入できた)使い捨てマスクと同じです。

入手したマスク 外側

内側は白色です。

入手したマスク 内側

取扱説明書はもちろん中国語です。2回以上使用しないことが書かれています。

取扱説明書

また生産は湖北省の湖北维康防护用品有限公司という会社です。ググってみるとアメリカ・日本・韓国など向けに防疫用品を生産している会社のようです。

ただ、住所を調べてみるとあの武漢市に隣接する「仙桃市」というところのようです。ちょっと心配になります。

検査合格証を見ると生産日(検査日)が書かれています。

検査合格証

このパッケージは2020/02/23に検査されたということで、まあ、生産時にウイルスがついていたとしても1ヶ月以上経過しているので残存はないと思いたいです。

生産地の心配はありますが、50枚追加ということでこれでマスクをつけて出かけられるようになります。

マスクには防御にはならないいう話もありますが、自分が無自覚感染者の可能性もなきにしもあらずなので、ウイルス蔓延防止に着用しておきたいところです。

使い捨てマスク 50枚 (48時間以内に出荷)

さてもう一つのマスクの方です。

こちらも同じ段ボールで送られてきました。

配送時のパッケージ

差し出し人は同じく中国・北京のTonyさんです。

中身を取り出してみると・・・・全く同じマスクが入っていました。

購入したマスクのパッケージ

使われることのなかった密封用のポーチが段ボールに同梱されていることや、マスクのパッケージの中に取扱説明書と検査合格証が入っているのも全く同じです。

一つ違うのは検査合格証の日付が2020/3/1になっていたことです。つまり1週間ほど後のロットというだけで、生産工場も全く同じです。

結局、全く同じ製品を異なる値段で購入しただけという結果になりました。

その他のマスク

私が購入したマスク以外にもGearBestではマスクを取り扱っていますので紹介しておきます。

私が買ったものではないのでどのようなマスクが届くかはわかりませんが参考にしてみてください。

2020/4/14時点でクーポン「L465884660DEB000」で25.99ドル(約2860円)
2020/4/14時点で「20ドル以上で3ドルオフ」のクーポンを利用すると23.99ドル(約2640円)
2020/4/14時点で21.99ドル(約2420円)
2020/4/14時点で20.59ドル(約2270円)
2020/4/14時点で14.99ドル(約165円)
2020/4/14時点で114.99ドル(約12650円)

その他、下記のページでもヘルスケア用品がたくさん紹介されています(N95マスク以外もあります)。是非参考にしてみてください。

ただし、「米国在庫あり」「ドイツ在庫あり」「IN US STOCK」となっている製品は、日本向けには購入できませんのでご注意ください。

まとめ

今回は海外通販のGearBestで使い捨てマスクを購入したことを紹介しました。

マスク不足の世の中ですが、50枚入りの使い捨てマスクが10日程度で届いたのでひと安心です。

ただ生産工場が新型コロナウィルスの震源地である武漢市の隣というのが引っかかるところです。購入する方はあくまでも自己責任でお願いします。

『海外通販 GearBestでマスクを買ってみた!』へのコメント

  1. 名前:Wrairack 投稿日:2020/05/23(土) 22:47:09 ID:123e24b17 返信

    私もこちらの記事を参考にしてGEARBESTで同じマスク(PRIORITY LINE)を買ってみました。ただ時期がわるかったのか、4月15日出荷、5月23日着となりました。
    マスクは1つの密封されたビニールパックに10枚いれたものが5つの50枚。箱詰めはされてませんでした。
    早速使ってみましたが、特に品質の悪さなどは感じずに普通のマスクでした。
    (とはいえ以前に今回のような騒動の落ちつた時期に、GEARBESTでUSB-PDアダプタ購入で1か月以上待った経験もあるので、まあこんなものかもしれないとも思いました)

    • 名前:scratchpad 投稿日:2020/05/28(木) 22:33:11 ID:9f50e233e 返信

      コメントありがとうございます。

      3~4月は日中間の物流が大混乱だったようで、商品の配送時間にはかなりブレがあるようです。
      ただPriority Lineで1ヶ月以上というのは苦情を入れても良いような・・・

      まあ、すっかり日本でもマスクの入手性が良くなり、中華通販サイトのマスクは需要がなくなりそうですね。