中華TV Box VORKE Z7で遊ぶ その1: 入手!

前回までは中華タブレットChuwi Hipadの紹介をしてきました。

今回からはTV Boxのレビューです。海外通販のGeekBuying からレビュー用のサンプルとしてVORKE Z7という製品をいただいたので試してみたいと思います。

今回使用しているTV Box VORKE 7ZとAir Mouse MX3-L-Mは海外通販のGeekBuyingより提供していただきました。

VORKE 7ZとAir Mouse MX3-L-MのセットはGeekBuyingでは2019年6月時点で59.99ドル (約6,600円)で販売しています。

TV Boxとは

TV BoxとはTVとHDMIケーブルで接続するメディアプレーヤーです。

そのほとんどはAndroidをOSに採用しています。このため普通のTVをスマートTVのように拡張することができます。

TVでYouTubeなどのインターネットサービスを楽しみたい方には興味があるのではないでしょうか。

Verke Z7

今回提供していただいたのは「VORKE Z7」というTV Boxとキーボード機能がついたリモコン 「Air Mouse MX3-L-M」がセットになった商品です。

Verkeという会社はMini PCやTV Boxを得意としているメーカーです。

Vorke focus on Mini PC, HTPC, IXT mini, Android TV Box etc, Vorke Stands between users and the new practical technology.

今回のレビュー対象のVerke Z7のスペックは次の通りです。

製品名VORKE Z7
写真GeekBuying
CPUAllWinner H6 (Cortex A53, クアッドコア, 最大1.8GHz)
RAM4GB
ROM64GB
microSD最大32GB
LAN100Mbps
Wi-Fi2.4GHz b/g/n
インターフェースUSB3.0 × 1, USB 2.0×1, microSDスロット
映像出力HDMI2.0
音声出力3.5mmオーディオジャック, 光出力
OSAndroid 9.0
サイズ7.7×7.7×1.7cm
重さ180g
価格59.99ドル (2019年6月時点)

この製品の自慢はRAMとROMがTV Boxとしては比較的大容量となっていることです。

RAM 4GB・ROM 64GBというのは2019年時点のスマートフォンとほぼ同等ですので、Androidが快適に動作することが期待できます。

一方、ネットワーク機能が、Wi-Fiが2.4GHzのみ、Ethernetが100Mbpsまでとなっていることがスペック上は弱点かもしれません。

本体の紹介

いつもはパッケージなどを詳しく紹介していくのですが、今回は軽めに行きます。

パッケージ

今回提供していただいたのはTV BoxのVORKE Z7とAir Mouseのセットです。それ以外におまけとしてコンセントの変換アダプタもついてきました。

入手した製品

VORKE Z7のパッケージは正面にモデル名が印刷されているシンプルなものです。この印刷は凹凸加工されており、他の格安中華ガジェットと比べるとお金がかかっている雰囲気です。

ちなみにパッケージの背面には各種ロゴが記載されてます。

VORKE Z7のパッケージの裏

認証ロゴには日本の技適マークが含まれていない点については留意しておく必要があります。

VORKE Z7のパッケージの中身は次の通りです。

VORKE Z7の内容物

リストアップすると

  • VORKE Z7本体
  • ACアダプタ (INPUT: 110-240V  50/60Hz, OUTPUT 5V/2A)
  • HDMIケーブル
  • 取扱説明書
  • リモコン

となります。

ACアダプタはプラグがヨーロッパタイプなので日本のコンセントにはささりません。そのためおまけについてきた付属の変換アダプタを使いましょう。ただ日本のコンセントは100VのところをこのACアダプタの入力は110~240Vで一致していないのが少々心配です。

Air Mouse MX3-L-Mのパッケージは、Air Mouse本体の他にUSBアダプタと取扱説明書が入っています。

Air Mouse MX3-L-Mの内容物

本体の様子

本体の様子は写真多めに紹介します。

VORKE Z7

VORKE Z7の本体は正方形で中央部にむけてやや盛り上がっています。中央部にはVORKE Z7というモデル名が刻印されています。

VORKE Z7の上面

本体底面は通気用の穴と脚があります。脚の部分はプラスチックなので滑り止め効果はありません。滑りやすい素材の上に設置する場合は100円ショップなどで滑り止め素材を買って貼り付けた方が良いかもしれません。

VORKE Z7の底面

本体正面にはアクリス板の部材があります。この部分の内部には時刻などを表示するためのLEDと、赤外線リモコンの受光部があるようです。

VORKE Z7の正面

左側面には拡張用のインターフェースが用意されています。下の写真では左側からUSB 3.0、USB 2.0、microSDカードスロットとなります。

VORKE Z7の左側面

USBスロットはUSB 3.0とUSB 2.0で向きが異なっている点に注目です。

USBに接続するデバイスの形状によってはとなりのポートを邪魔してしまうことがあります。向きが異なっていれば、挿すポートを選択することで邪魔にならないように接続できるということかもしれません。

本体背面にはTVやスピーカなどへの接続用のポートが用意されています。下の写真では左側から光音声出力、ステレオオーディオジャック、Ethernet、HDMI、電源入力となります。

VORKE Z7の背面

写真では伝わりにくいですが、VORKE Z7はかなり小型です。となりに小型スマートフォンであるiPhone SEを並べて見ました。

VORKE Z7とiPhone SEとのサイズの比較

これで小ささが伝わるのではないでしょうか。

付属のリモコンはボタンの少ないシンプルなものです。

VORKE Z7のリモコン

一番下のボタンは珍しいイラストとなっています。このボタンはマウスモードとリモコンモードを切り替えるためのものです。

ちなみに必要な電池は単四電池2個です。電池はついてこないので自分で用意しましょう。

Air Mouse MX3-L-M

Air Mouse MX3-L-Mの正面側は一般的なテレビのリモコンと同じボタン構成をしています。

Air Mouse MX3-L-Mの正面

Air Mouse MX3-L-Mは赤外線信号の学習機能があるので必要なボタンの信号を覚え込ませれば手持ちのテレビのリモコン代わりに使うことができます。

そして裏面はキーボードのようになっています。

Air Mouse MX3-L-Mの背面

フルキーボードではないですが、WebのURLなどを入力するなら十分な感じです。

なお、このリモコンとiPhone SEを並べたのが下の写真です。

Air Mouse MX3-L-MとiPhone SEのサイズの比較

iPhone SEと比べると大きいですが、最近のTVのリモコンと比べたら普通サイズです。

まとめ

今回は海外通販のGeekBuyingから中華TV Box VORKE Z7を入手したことを紹介しました。

VORKE Z7は1万円を大きく切る価格ながらRAM 4GB・ROM 64GBという基本スペックが魅力の製品です。サイズもコンパクトでTVの近くにおいても邪魔にならなそうです。

次回はこのTV Boxに電源を入れてみたと思います。