TrueMoveのローミング対応SIM【Travel SIM World】を使う その2: 初期設定

前回はタイのキャリアTrueMoveのTravel SIM Worldというローミング対応SIMを購入したことを紹介しました。

今回はこのSIMカードを使えるようにしたいと思います。

購入したSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

プリペイドSIMカードの発行しているキャリアはタイのTrueMoveというキャリアです。SIMカードは標準・マイクロ・ナノの3サイズ対応です。

TrueMove Travel SIM World 表TrueMove Travel SIM World 裏

このプリペイドSIMカードのプランは下記のようになっています。

  • 名称: Travel SIM World
  • 価格: Amazonで2000円
  • データ容量: 4GB
  • 有効期間: 15日間
  • 利用可能地域
    • ヨーロッパ: ギリシャ, ブルガリア, フィンランド, ウクライナ, ラトビア, スロベニア, アルバニア, ノルウェー, ドイツ, リトアニア, スイス, アイスランド, ポルトガル, マルタ, ロシア, スウェーデン, オーストリア, アイルランド, デンマーク, オランダ, フランス, ルーマニア, スペイン, チェコ, イギリス, エストニア, ルクセンブルグ, スロバキア, イタリア, ハンガリー
    • アジア: 台湾, インド, カンボジア, 中国 (チベットを含む), フィリピン, インドネシア, 日本, ベトナム, マカオ, 香港, 韓国, ブルネイ, ミャンマー, マレーシア, シンガポール
    • オセアニア: オーストラリア, ニュージーランド
    • 北中米: カナダ, アメリカ (ハワイを含む)
    • 中東: カタール, イスラエル, トルコ
    • アフリカ: ガーナ, 南アフリカ

SIMカードのアクティベーション

SIMカードのアクティベーションはTravel SIM Worldが使用可能な地域で、SIMカードをスマートフォンに装着して電源を入れれば行われます。

日本でもアクティベーションすることができますが、アクティベーションした瞬間から有効期限のカウントが始まります

アクティベーションは簡単なので最初に使う国で行うことをおすすめします

私は韓国・ソウル経由でヨーロッパを周遊する予定だったので、韓国に到着したときにアクティベーションを行いました。

SIMカードをスマートフォンに装着して電源を入れると、すぐにSMSが複数送られています。ただしSMSがタイ語なのでGoogle翻訳で解読する必要があります。

1通目はアクティベーション成功の案内で、プリペイドSIMカードの基本情報が通知されます。

アクティベーションのSMS

翻訳してみると次のような情報が書かれていることがわかります。

  • 4G(LTE)と3Gでデータ通信が可能
  • 割り当てられた電話番号は095XXXXXXX
  • プリペイドSIMカードの有効期限は2019年6月24日 (開通日から30日)
  • プラン(パッケージ)は「Travel SIM World」で、15日間で6GB利用可能

Amazonで購入した時にはデータ通信量は4GBということだったのですが、実際にアクティベーションしたときは6GBのデータ通信が可能でした。

これはTrueMoveの方でTravel SIM Worldの内容を変更したことが適用されたのだと思います。

なおタイのSIMカードなので、年が仏歴になっている点に注意してください

2通目は開通ボーナスの案内です。

開通ボーナス

ボーナスとして、開通した時点から24時間 500MBのデータ通信がプレゼントされました。

3通目は単なる宣伝です。

宣伝のSMS

このSIMカードのユーザはSuper Richというタイの両替所でレートの優遇があるようです。

4通目は今回のパッケージ(プラン)であるTravel SIM Worldの説明です。

Travel SIM Worldの説明

このメッセージには

  • TRAVEL SIM WORLDのパッケージが適用されている
  • 速度制限無しでローミングのデータ通信が可能
  • データ通信量は6GB
  • 有効期限は15日間 (タイ時間で2019年4月25日 20:00:21から 2019年5月10日 20:00:21まで)
  • データ残量などはiOS/Androidアプリで確認可能

と記載されています。

これらのSMSが送られてきたらアクティベーションには成功していると思って良いでしょう。

また、数分するとさらにSMSが送られきます。これらのSMSはローミング中の電話のかけ方などの案内になります。

まず3つのSMSが連続で送られてきました。

ローミングの案内など

これらはローミング時の使い方などはを教えるためのもので、

  • タイに電話するときには「+66」をつける
  • TOP UPはいろいろな方法でできる
  • TrueMoveのコンタクトセンターの電話番号

などが記載されています。

ひとまずここまで来ればアクティベーション完了とおもってOKだと思います。

スマートフォンの設定

このSIMカードを使用する際に行うスマートフォンの設定は下記の2点です。

  • APN
  • データローミング

Android・iPhoneについて紹介しておきます。

Androidの場合

Androidの場合は機種によってメニューが違うので、ご自分の機種に合わせて読み替えてください。

APNの設定

「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合はあらかじめこのSIMカードのAPNがプリセットされていました。

APN設定

APNが用意されていないスマートフォンの場合は「新規作成」を選択して、下記の情報を入力しましょう。

APNinternet
ユーザ名true
パスワードtrue

あとはこのAPNを選択すればOKです。

APNの選択

データローミングの設定

「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」あたりにデータローミングのメニューがあります。

私のPixel 2の場合には「ローミング」というメニュー項目があります。

データローミングをオンにするためにはこのメニュー項目のスイッチアイコンをタップします。

データローミングを有効化

すると「高額な通信料が発生することがあります。」とちょっと怖いメッセージが表示されます。

今回使用するSIMではデータローミング対応のパッケージとなっていますので、高額な通信料は心配することはありません。ここは「OK」を選択します。

データローミングを許可

これで下の画面のようにローミングが有効になれば設定完了です。

データローミング有効化完了

ステータスバーのアンテナピクトのところにローミングをあらわす「R」がついていますが、データローミングを有効にすると「LTE」と表示されデータ通信ができるようになりました。

LTEで通信可能

iPhoneの場合

iPhone場合はAPNの設定ができる機種とできない機種があります。

APN設定がわかりにくいので先にデータローミングの設定をしてから、APNの確認をすると良いでしょう。

データローミングの設定

iPhoneの設定メニューで「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」で表示される設定で「データローミング」を有効にしましょう。

データローミングを有効化

データローミングのスイッチが緑色になればデータローミングの設定が完了です。

データローミングの有効化完了

APNの設定

私のiPhone SEの場合はSIMカードを挿入すると自動的にAPNが設定されるようでした。

ステータスバーのところに「LTE」「4G」あるいは「3G」と表示されれば自動的にAPNが設定されいます。

3Gでデータ通信可能

もし通信できない場合は「設定」→「一般」→「プロファイル」でプロファイルを削除してみましょう。

既存のプロファイルを削除

ただし、削除してしまうと、日本に戻ったときにネットワークにつながらなくなってしまいます。日本に戻ったらすぐにプロファイルを再インストールできるように、使用しているキャリアのプロファイル配布サイトなどをブックマークしておきましょう。

私の場合は最初は3G接続だったのですが、プロファイルを削除するとLTEになりました(偶然かもしれません)。

LTEで通信可能

構成プロファイルを削除しても通信できない場合は、Safariで下記のリンクにアクセスして見てください。

このリンクにアクセスすると、次のようなメッセージが表示されるので「許可」を選択します

safariのメッセージ

これで設定画面になるので構成プロファイルをインストールします。

構成プロファイルのインストール

あとは画面に従って「許可」「インストール」「次へ」などを選んでいけば、TrueMove用の構成プロファイルがインストルできるはずです。

構成プロファイルのインストール完了

ここで紹介した構成プロファイルはWebサービスを使って私が作成したものです。

何か不具合が生じても保証はできませんので、自己責任でご利用ください。

まとめ

今回はタイのTrueMoveのローミング対応SIMであるTravel SIM Worldの初期設定を紹介しました。

アクティベーションはTravel SIM Worldの対象国でSIMカードをスマートフォンに挿入して電源を入れるだけという簡単なものです。

あとはAPNを設定してデータローミングをオンにするだけです。最近モデルならAPNは自動設定してくれると思うのでかなり簡単です。

次回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します