中華タブレットTeclast T8で遊ぶ その5: ROMの更新

前回は中華タブレットTeclast T8でベンチマークソフトを動かしてみました。

今回はこのTeclast T8のROMを更新したいと思います。

今回使用しているTeclast T8は通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではTeclast T8は2018/02/02時点で209.9ドル(23762円)で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

このタブレットはクーポン・フラッシュセール対象となることも多いので、購入前にはクーポン・セール情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

OTAによる更新

Teclast T8はOTA(On-The-Ari: インターネットによるダウンロード・更新)に対応しています。

下のアイコンがOTA用のアプリです。

image

まずはこのアプリを動かしてみます。すると次のような画面になります。

OTAアプリの画面

ここで「Oneline update」を選択すると・・・「Undiscover new version」となり新しいROMがないことがわかります。

新しいROMはなし

ROMデータの捜索 その1 → 失敗

ROMデータはTeclastのWebサイトに存在する場合があります。

私が調べたところTeclastの英語サイトにはROMデータはありませんが、中国語サイトにありました。

まずはTeclastの公式ページ(中国語)に行きます。

画面に上部の「軟件下載」を選択します。

「軟件下載」を選択

「平板電脳固件」を選択します。

「平板電脳固件」を選択

次の画面では右側の矢印を選択します。

右側の矢印を選択

下記のような画面になったらテキストボックスに「E8C1」と入力してその下の「提交」ボタンを選択します。

私が調べたときにはV1.10というバージョンのファームウェアが出ていました。

新しいROMの情報

「下載」を選択するとダウンロード画面に進みます。

ダウンロード画面

ここで「下載」を選択すればダウンロードできるのですが、ダウンロードするためには百度(Baidu)のクライアントソフトウェアが必要になります。

百度は中国の大手ソフトウェアメーカーですが、中国製のアプリを入れるのはちょっと怖いところです。

また百度のアカウントが必要かもしれずちょっと日本人には敷居が高いです。

私はここで断念しました。

ROMデータの捜索 その2 → 成功

調べてみるとTeclast T8のROMデータは「NEED ROM」というサイトに転載されていることがわかりました。

ROM Mobile Teclast T8 (E8C1) –ROM Android 7.0 ONLY MT8173 Official ROM Teclast Version: T8 (E8C1)-Android7.0-V1.06-E316

このNEED ROMもダウンロードするためにはユーザ登録が必要です。

右上の「Register」を選択しましょう。

Registerを選択

登録画面では、使用したいユーザ名とメールアドレスを入力し、チェックボックスをオンにしたあと「Create Account」を選択します。

ユーザ名とメールアドレスを入力

これで入力したメールアドレスにユーザ名とパスワードが送られてきますので、Webサイトに入力してログインします。

送られてきたパスワードを入力

ログインしたらもう一度上記のURLに行くとダウンロードリンクができているはずです。一番新しいものを選択しましょう。

ROMの選択

リンク先の画面では下記のいずれかを選んでダウンロードします。

ダウンロード

春節セール

ROMの更新

それではダウンロードしたファイルを使ってROMを更新します。

ダウンロードしたファイルはrarで圧縮されているのでまずこれを展開します。展開には7-zipを使うことをおすすめします。

圧縮・解凍ソフト7-Zipは、7z、ZIP、RAR、LZH、ISO、TAR、DMG、MSIなど、さまざまなデータフォーマットに1つで対応している世界的にデファクトのフリーソフトウェアです。AES256による暗号化(パスワード圧縮および解凍)も可能なおすすめのソフトです。

展開すると中国語のフォルダができます。

展開した状態

私が試したところ、このフォルダ名のままだとうまく動作しないのでフォルダ名を変えておきます。

  • 「固件程序」→「ROM」
  • 「升级工具」→「Tools」
  • 「驱动程序」→「Drivers」

フォルダ名を変更

ROMの更新方法は展開してできたフォルダのPDFに記載されています。

中国語ですが図も多いので解読しつつ進めてきます。

まずは「Toolsフォルダ」にある「升级程序.exe」を実行します。このプログラムを起動すると初回は下記のようなメッセージが出るので「OK」を選択します。

初回起動時の注意

これでSmart Phone Flash Toolというアプリが起動するので「Scatter-loading」ボタンを選択して、「ROMフォルダ」にある「MT8173_Android_scatter.txt」を選択します。

またプルダウンボックスでは「Download Only」が選択されていることを確認します。

Scatter-loadingの設定

ここでTeclast T8の電源をオフにします

そして「Download」ボタンを選択します。

書き込みの開始

これでSmart Phone Flash Toolは接続待ちになるので、電源オフ状態のTeclast T8をUSBケーブルでPCに接続します。

すると自動的にROMの書き込みが始まるのでしばらく待ちましょう。画面下に進捗が表示されます。

ROMの書き込み中

下記のような表示になればROMの書き込み完了です。

書き込み完了

USBケーブルを抜いてTeclast T8の電源をONにしましょう。

ROM更新後の状態

ROM更新後の最初の起動は少し時間がかかります。

Teclastのロゴのまま止まっているように見えますが放置しておきましょう。3分ほど放置すると起動してホーム画面になるはずです。

ROM更新後のホーム画面は・・・見事に中国語です。

ROM更新後の画面

ROMを更新したあとの状態をざっと確認して見ると

  • ファクトリーリセットされデータ・設定などの情報は全て消去されている
  • 言語は中国語になっている
  • Google系のアプリは入っているものの、百度など中国国内用のアプリもプリインストールされている

という状況でした。

言語については「語言設定」→「語言和輸入法」→「語言」→「添加語言」→「日本語」で変更できます。

あとはWi-Fi設定・Googleアカウント・タイムゾーンなどの設定をしておきましょう。

アプリについては次のようになっています。

ROM更新後のアプリ一覧

中国系のアプリはほとんどアンインストールすることができるので不要であればアンインストールしておきましょう。

百度輸入法はアンインストールできないので無効化しておきましょう。

設定からタブレットの状態を確認するとビルド番号が「V1.10_20171214」になっていることがわかります。

ROM更新後のバージョン情報

2018/02/02時点で209.9ドル(23762円)!

まとめ

今回は中華AndroidタブレットTeclast T8のROMを更新してみました。

Teclast T8のROMはOTAや英語のTeclastのサイトでは新しいバージョンが出ていませんが、中国語サイトから調べると更新があることがわかります。ROMの更新は比較的簡単ですが、データが全て消えてしまうので注意が必要です。

次回はルート化に挑戦します。