中華タブレットTeclast T8で遊ぶ その2: アクセサリーを購入する

前回はAndroidタブレットのTeclast T8をGearBestから入手したことを紹介しました。

今回はこのTeclast T8用のアクセサリーを購入したことを紹介します。

今回使用しているTeclast T8は通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではTeclast T8は2018/02/02時点で209.9ドル(23762円)で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

このタブレットはクーポン・フラッシュセール対象となることも多いので、購入前にはクーポン・セール情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

本体カバーと液晶保護フィルムの購入

新しいタブレットやスマートフォンを入手したら、やはりカバーや液晶保護フィルムを装着して保護しておきたいところです。

特にタブレットはカバンに放り込んだりして持ち運ぶと思うので、傷つかないようにしたいところです。

いつもはこのような小物はAliExpressで購入することが多いのですが、今回はGearBestで他に買うものがあったのでGearBestで購入することにしました。

GearBestTeclast T8で検索するとTeclast T8本体の他にカバーなどのアクセサリも表示されます。

Teclast T8で検索した結果

今回はこの中からカバーとして下記の製品を購入しました。

これに決めた理由は固定方式がタブレットをプラスチック枠にはめ込む方式だからです。安いカバーだとベルトのようなものでベゼルを止める形になるのでイマイチスマートさに欠けてしまいます。

液晶保護フィルムは下記の製品を選択しました。

液晶保護フィルムを貼る前のクリーニング用クリーナーが必要な場合は0.5ドルほど高い製品を選びましょう。

このときの配送方法は早めに入手したい製品と一緒に購入したので、GearBest独自の「Japan Priority Line」を使用しました。送料は4.22ドルです。

配送は下記のスケジュールで行われました。

日付 イベント
2018/01/12 注文
2018/01/13 発送
2018/01/13 発送
2018/01/16 中国から輸出
2018/01/17 日本(関空)到着
2018/01/18 配達完了

数にして6日間、土日を除いた営業日では5日間で到着したことになります。

順調な配送でした。GearBestのJapan Priority Laneは比較的安く値段で迅速に輸送してくれるので助かります。

それでは購入した本体カバーと液晶保護フィルムを紹介していきます。

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!

本体カバー

本体カバーは特にパッケージはなくビニールにはいっていました。

本体カバーのパッケージ(?)

ビニールからだした写真が下記になります。右下にTeclastの中国語のロゴがあります。純正品なのかもしれません。

Teclast T8用本体カバー 上面

反対側は半透明のプラスチックになっています。もちろんカメラの部分は穴が空いており、撮影に影響しないようになっています。

Teclast T8用本体カバー 底面

ただ普通のプラスチックのためちょっと滑りやすいので注意が必要です。

蓋を開けるとこんな感じです。本体右側面のボタン部分は切欠きになっていて操作に支障がないことがわかります。

Teclast T8用本体カバー 内面

右側のプラスチックの部分にTeclast T8をはめ込めば装着完了です。さすがTeclast T8用だけあってぴったりはまります。

Teclast T8用本体カバー 装着した状態

タブレットのコーナー部分については一応プラスチックでカバーされる感じなります。

Teclast T8用本体カバー 角の保護

なお、あとから気づいたのですが、本体側面の「リセット用の穴」と「マイク用の穴」はプラスチックのフレームに隠れてしまいます。

もしかしたらマイクの感度に影響するかもしれません。

この本体カバーの蓋の部分は折り曲げることができ、スタンド代わりに使うことができます。

スタンドとしての利用

安定度抜群というわけではありませんが、飛行機内などで動画を見るときなどは役に立つと思います。

ちなみにこの本体カバーを実際に使ってみると、フタの部分にマグネットが入っていて、ちゃんとフタの開け閉めとTeclast T8の画面のオンオフが連動して便利です。

総合的に見るとこの本体カバーは期待通りで、満足度が高い製品です。

Hottest Android Tablets! Affordable Performance Made Easy!

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムは下記のようなパッケージに入っていました。

液晶保護フィルムのパッケージ

このパッケージはどう見ても液晶保護ガラス(EMPERED GLASS)です。

間違えて液晶保護ガラスを買ったのかなと思いながら中身を取り出してみると、出てきたのは液晶保護フィルムでした。

Teclast T8用の液晶保護フィルム

液晶保護フィルムはホームボタン(指紋センサー)とインカメラの場所はちゃんと穴が空いています。穴の場所はちゃんとTeclast T8本体と一致しました。

なお、照度センサーの部分には穴は空いていませんが、動作には影響はないと思います。

あとはこのフィルムを貼るだけなのであまり紹介することはありません。

しかし注意する点が2点あります。

  1. 液晶保護フィルムは反射タイプ (低反射タイプではない)
    結構映り込みがあります。私は防反射タイプ・サラサラタイプが好みなのでこれはイマイチでした。
    Teclast T8を使い込むようならば防反射タイプに変更したいところです。
  2. 貼るのが難しい
    スマートフォン用にくらべフィルムサイズが大きいため、斜めにならないように貼るのが結構難しいです。
    本体中央上部のカメラ用の穴と、本体中央下部のホームボタン用の穴はぴったりと合わせなければならず、なかなか難易度が高いです。
    シールが貼るのが苦手な場合はガラスタイプの方が良いかもしれません。

一応ディスプレイの保護という機能は果たしてくれるのですが、反射タイプのため個人的にはちょっと減点です。

2018/02/02時点で209.9ドル(23762円)!

まとめ

今回は中華AndroidタブレットTeclast T8用の本体カバーと液晶保護フィルムを購入したことを紹介しました。

いずれもGearBestで購入したのですが、本体カバーは満足度が高く、液晶保護フィルムは反射が残念という感じです。

次回はTeclast T8に電源を投入したいと思います。