アメリカでプリペイドSIMを使う その7: AT&Tのデータ通信設定

ブルックリン橋

前回はニューヨークで購入したAT&TのプリペイドSIMカードをアクティベーションして使えるようにしました。

今回はこのプリペイドSIMカードでデータ通信(インターネット通信)をできるようにしてみたいと思います。

データプランの申し込み

AT&TのプリペイドSIMカードでインターネットを使う場合には「データ通信が含まれたプラン」を利用するか、データ通信が含まれていない場合には「追加のデータパッケージ」を購入する必要がります。

アメリカ編 その5で紹介したニューヨーク州の例では、月額が45ドル・60ドルのスマホ向けプランはデータ通信が含まれていますが、月額30ドルと日額2ドル(私が利用したプラン)のプランはデータ通信が含まれていません。

今回はニューヨークのマンハッタンでAT&TのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。プリペイドSIMカードでインターネット通信ができるようにするには45ドルもかかるのかとちょっと焦りましたが、何とか25ドルで入手することに成功しました。アメリカはモバイル通信は安いかと思いましたがそうではなさそうです。

データ通信込みのプランでアクティベートした場合

アクティベート時(あるいは店舗でSIMカードを買うとき)にデータ通信込みのプランを選択した人は特に追加で行う必要がある作業はありません。そのままデータ通信ができますので、APNの設定に進んでください。

データ通信なしのプランでアクティベートした場合

データなしのプランでアクティベートした場合は、APNの設定を行う前に追加のデータパッケージを購入しましょう。追加のデータパッケージの購入前にAPNを有効にしてしまうと、データ通信が発生して思わぬ出費が発生する必要があります。

AT&Tのお店でSIMカードを購入した場合

AT&Tの店舗で購入した場合は、インターネットを使いたいという意思を伝えていれば、店員さんが追加のデータパッケージも有効にしてくれると思います。

インターネットパッケージが有効になると次のようなショートメッセージが送られてきます。もともとリフィルしたのが25ドルで、私が利用している日額2ドルのプラン用のデータパッケージは1ドル(100MB通信可)なので、その1ドルがひかれて残高が24ドルになっています。

残高減少のSMS

通販等でSIMカードを購入した場合

通販や非正規ショップでプリペイドSIMカードを購入した場合は自力でデータパッケージを有効にする必要があります。

この作業もリフィルと同様にAT&Tのアカウントサイトにログインする必要がります。使用するのはPCでもスマホでもなんでも大丈夫です。

まずログイン画面が現れるので自分の電話番号とパスワードを入力します(初回パスワードは電話番号の下4桁)。

アカウントへのログイン

ログインすると残高などの情報が表示されますが、少し下にスクロールすると「Packages」というボタンがあるのでこれを選択します。

パッケージの追加を選択

すると申し込めるパッケージの一覧が出てきます。その中で「Daily Data」の「$1.00」の部分を選択します。

100MB/1ドルのパッケージを選択

すると「$1.00」と画面下部の「Continue」が緑色に変わりますので、「Continue」を選択します。

申し込み画面へ

申し込むパッケージの確認が表示されるので間違いがなければ「Submit」を選択します。なお、下の画面は購入からだいぶ経ってから行っているので、購入直後から比べると残高がかなり減っています。

選択したパッケージの確認

成功すると次のような「Success!」というメッセージが表示されます。

申し込み成功

なお、すぐに残高が1ドル減ったことを知らせるSMSが送られてくるはずです。

APN設定

データ通信込みのプラン、あるいは、データ通信の追加パッケージをが有効になったらAPNの設定を行います。

「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を開き、メニューボタンを押して「新しいAPN」を選択します。そして次のように設定します。

名前 ATT Phone(なんでもよい)
APN phone
ユーザ名 なし (空欄のまま)
パスワード なし (空欄のまま)

APN設定

LTEについて

アメリカ編 その4で紹介した通り、私はAT&TのプリペイドSIMカードをニューヨークのマンハッタンで購入しました。

今回はニューヨークのマンハッタンでAT&TのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。プリペイドSIMカードでインターネット通信ができるようにするには45ドルもかかるのかとちょっと焦りましたが、何とか25ドルで入手することに成功しました。アメリカはモバイル通信は安いかと思いましたがそうではなさそうです。

アクティベーション・データパッケージの追加を行うとあっさりとデータ通信ができるようになりました。Nexus5 Field Test Modeというツールで確認したところ、バンド17をつかんでいました。

Nexus 5 Field Test Mode
Nexus 5 Field Test Mode
Developer: CellMapper.net
Price: Free

LTEのバンド

まとめ

今回はアメリカで購入したAT&TのプリペイドSIMカードでインターネット通信ができるようにしました。

多くの人はデータ通信込みのプランにすると思いますが、私のようにデータ通信なしのプランの場合は、別途データパッケージを申し込む必要があるので、忘れないようにしましょう。

次回はAT&TのプリペイドSIMカードのステータス確認方法について紹介します。