ハンガリーでプリペイドSIMを使う その2: Telenorの初期設定

ブダペスト

前回は、ハンガリーのブダペストでTelenorという会社のプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

購入条件は

  • プリペイドSIMカード 1590 HUF (500~600円)
  • チャージ(TOP UP) 1699 HUF (550~650円)

でした。今回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにするまでのお話です。

念のため記載しておきますが、私のAQUOS PHONE SH-12CはSIMロック解除済みです!

ポータブルBluetoothスピーカー

PIN解除とアクティベート

TelenorのプリペイドSIMカードはPINロックがかかっていますので、電源を入れるとPINコードの入力が求められます。

このPINコードは、SIMカードがついていたカード(?)に書いてありますので、それを入力します。

PINコード

電源をOFF/ONするたびにPINコードを入力するのがうっとうしい人は

「設定」→「位置情報とセキュリティ」→「SIMカードロック設定」→「SIMカードをロック」

のチェックをはずします。

アクティベーション作業はユーザ側では特にする必要はありません。店員さんがコンピュータで何か入力してやってくれます。

アクティベーションが完了すると、SMSが送られてきます。

activate

TOP UP(チャージ)

次に購入時に追加で支払った1699 HUF分をTOP UP(チャージ)します。といっても自分でやる必要ありません。プリペイドSIMカードの購入時に一緒にTOP UPする場合は、店員さんがアクティベート後にやってくれます。

次のTOP UPが完了すると、SMSが送られてきます。

topup

1700HUF分をTOP UPして、残高は合計で2100HUFということみたいです。

インターネットパッケージの申し込み

次に「Mobile Online 500MB」というインターネット通信用のパッケージに申し込みます。これも店員さんがやってくれました。申し込みが完了すると、SMSが送られてきます。

internet

なお、このSMS受信以前でもAPNを設定すればインターネット通信ができますが、たぶんガンガン課金されます。なので、APNの設定はこのインターネットパッケージ購入のSMSを受信するまでは避けましょう。

APNの設定

インターネットに接続するためにはAPNの設定が必要です。

「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」

として、メニューボタンを押して「新しいAPN」を選択します。あとは次のように設定して保存します。

名前 telenor (なんでもよい)
APN online
ユーザ名 なし (空欄のまま)
パスワード なし (空欄のまま)

アクセスポイント名としてこの新しく作成したAPNを選ぶと、すぐにインターネット接続が可能になるはずです(ステータスバーに3GかGSMのアイコンが表示される)。

ネットワークモード

TelenorのWebを見るとハンガリー国内では3Gと2Gが混在のようです。なので、

「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」

を「3G/GSM(自動)」としておきましょう。

ただ、都市部で2G(GSM/EDGE)接続になってしまった場合は、この設定を「3G」にするのも良いと思います。

まとめ

これで無事にTelenorのプリペイドSIMカードでインターネットができるようになりました。

次回は実際の使い勝手を紹介します。