グアテマラでプリペイドSIMを使う その3: Tigoの初期設定

ティカル遺跡

前回はグアテマラのティカル遺跡へ向かう途中の集落でTigoのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの食設定を行い、実際に使ってみます。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。前回紹介したように価格は50ケツァルでした。集落のキオスクのような売店だったので、それ以外の情報は店員さんからは得られていません。インターネットはできるのか?と聞いたら、わからないといっていたような気がします。

サイズは通常サイズで、自分が持っていたSIMカードカッターでマイクロサイズにカットして使用しました。最近は旅行にはSIMカードカッターを必ず持っていくようにしています。

TigoのプリペイドSIMカード表

TigoのプリペイドSIMカード裏

プリペイドSIMカードのパッケージには15ページほどの取扱説明書がついてきます。しかし内容はスペイン語で解読困難です。

Tigoの説明書 表紙

Google翻訳などを使って解読した情報のうち有用な情報は

  • 価格が50ケツァル
  • 初期残高が25ケツァル
  • 50通分のSMS
  • 15日間のNavegacion(?)
  • 「*123#」でメニューが表示され、インターネットパッケージのメニュー番号は「2」(?)

というようなところです。

電源投入と初期状態

取扱説明書を見てもアクティベーションぽいことが書いていなかったので、とりあえずTigoのプリペイドSIMカードを挿入して電源を入れてみます。また、3Gが使えない可能性があるので、「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」でGSMが使えるようにしておきます。

しかし、数分待っても電波が入りません。

これは失敗したか!?と思ったのですが、念のため「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「通信事業者」を選択して、通信できる会社を検索してみると、これがきっかけだったのかわかりませんが、何かが起こったようで、次のようなメッセージが画面に表示されました。

自動設定?

これをきっかけにしてなのか、アンテナが立ち、引き続き次のようなメッセージが表示されました。

設定の失敗?

エラーとなっていますが、どうも通信用の設定(APN等)をTigo側からスマートフォンに転送しようとして失敗しているようです。リモートでの設定に対応している携帯電話・スマホならば自動的にAPNの設定などがされるのだとおもいます。

この時点で端末の状態を確認すると次のようになっていました。

端末の状態

なんと、小さな集落であったにもかかわらず、3G(HSDPA)の電波が届いています。またネットワークがTigoではなく「COMCEL」になっています。COMCELというのはTigoの以前のブランド名のようです。

アクティベーション完了

アンテナが立ってからさらに3分ほど待つと、3つのSMSが矢継ぎ早に送られてきます。

まず、1通目が「101」から送られて来ました。

アクティベーション完了

翻訳してみると「おめでとうございます!あなたの電話はインターネットを使うために私たちのシステムに登録されました。15分まって電話の電源をオフ・オンしてくさい」という内容です。どうやらアクティベーションできたようです。インターネット通信には再起動が必要といわれおりますが、私のスマホの場合は再起動することなくインターネットが使えたと思います。

2通目は「500」から送らてきました。

無制限音楽ダウンロードサービス

こちらの意味は「音楽無制限ダウンロードサービスを有効にするには500に対してYESを返信してください。このサービスは、あなたがちょうどいま購入したプレミアムインターネットパッケージに無料で付属するものです。」という内容です。

音楽のダウンロードは全く興味がないのでどうでもよいのですが、この後半の内容から行くと、私は知らないうちにインターネットパッケージを購入しているようです。これは3通目のSMSで明確になりました。次が3通目の内容です。

各種パッケージの有効化

この意味は「ようこそ! あなたのTigoのSIM上で次の内容が有効になりました: 25ケツァルの残高+30日間で50通のSMS+15日間で250MBのインターネット」という内容です。

なんと、15日間250MBのインターネットパッケージが自動的に有効になりました。説明書の表紙にあった「15 Dias de Navegacion」というのはこのインターネットパッケージを示していたようです。

アクティベーションが完了して、なおかつ、インターネットパッケージも有効になったようです。

まとめ

今回はグアテマラのTigoのプリペイドSIMカードをスマホに挿入してアクティベーションを完了させました。

購入したプリペイドSIMカードにはインターネットパッケージが元からついていたようで、電源を投入しただけで、15日間250MBのインターネットパッケージが有効になりました。

次回はこのプリペイドSIMカードでインターネットを使えるようにしたいと思います。