フランスでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

凱旋門

前回まではタイのTrueMoveのプリペイドSIMカードについて紹介してきました。

今回からはヨーロッパの観光大国フランスのプリペイドSIMカードについて紹介します。

今回の紹介するプリペイドSIMカード情報は、2015年11月に発生したパリでのテロ事件の以前での私の体験に基づいています。

テロ事件以降、フランスには非常事態体制が敷かれており、プリペイドSIMカード事情も変わっている可能性がありますので、その点はご注意ください。

フランス以外のプリペイドSIMカード情報については下記のまとめページを参照してください。

海外プリペイドSIMカードネタまとめ
SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

なお私のスマートフォンはSIMロックを解除した状態(いわゆるSIMフリー)です。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあることを確認してください。

ドコモのローミング情報

いつものように渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

この情報でドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。

ドコモのフランスでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

フランスにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2016年1月現在の状況は下記の通りです。

ドコモのローミング情報

BYTEL(Bouygues)・Orange・SFRの3社とローミング可能でいずれも3Gが利用可能です。3G850MHzではなく3Gの欄に「〇」がついているので、バンド1の2100MHzを利用しているものと思います。

またLTEについてはドコモ端末ではBYTEL(Bouygues)・Orangeの2社とローミング可能となっています。

ドコモのローミング情報(LTE)

ただし、「LTE対応機種」というリンクを確認すると、Orangeの方はiPhone等一部の機種のみLTE対応となっております。これはOrangeのLTEがマイナーな周波数(バンド)をLTEで利用していることを示唆しているので注意が必要です。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

Wikipediaの情報

ドコモのローミング対象の3社にプラスしてFreeという会社が記載されています。会社の規模としてはOrange・SFRの2強、Bouygues・Freeの2弱という感じです。

上の表で赤線を引いたのは3Gの情報です。4社とも900MHzと2100MHzで3Gを展開しています。2100MHzはもっとも一般的な周波数なので、日本で購入可能な3G対応スマホならばどの会社でも3Gの通信はできそうです。ちなみに900MHzの方はバンド8のようで、こちらに対応しているスマホは少し少ないかもしれません。

上の表で緑線を引いたのはLTEの情報です。共通で使われているのは800MHz(バンド20)と2600MHz(バンド7)ですが、これは日本で使われていないため、対応しているのはiPhoneかNexus5X等の海外との共通端末に限られると思います。

ただし、Bouyguesだけは1800MHzのバンド3でもLTEを展開していいます(Freeはバンド3で展開予定)。このバンド3はドコモで使用されているバンドです。これがドコモのローミング情報で、Bouygues(BYTEL)のLTEローミング対応機種が多かった理由です。

ざっとまとめると、

  • 3Gが使えれば十分の人→4社のどれでもよい
  • LTEがほしいがドコモの国内ブランドのスマホの人→Bouygues
  • LTEがほしいiPhone/Nexus5Xなど海外との共通ブランド人→4社のどれでもよい

となります。

インターネット上の情報

フランスへは日本からの渡航者も多く、検索するといくつか日本語で情報が出てきます。

その中で私がメモっていったのは下記のサイトです。

SIMフリーのiPhone 6を買ったのなら、海外旅行先でプリペイドSIMを使ってみよう!
ヨーロッパの小国の1つルクセンブルグは観光客が多いこともあり、プリペイドSIMが簡単に買える。また隣国フランスでもプリペイドSIMが買いやすくなった。今回はルクセンブルグとパリ、2都市の最新プリペイドSIM情報を紹介しよう。
海外でネット通信を確保する手段には日本からレンタルルーターを持って行くという方法がありますが、フランスでは1日1000円近く費用がかかってしまいます。SIMフリー端末に現地のSIMを挿入すればコス
最近、人気急上昇中というフランス第4のキャリア、Freeの格安SIMを買ってみました。現地レポートです。

またAPN情報は海外のサイトにまとめてありました。

Other providers are virtual mobile operators (MVNOs) or other resellers of the MNOs. You may...

抜粋すると次の通りです。

  • Orange
    APN orange
    ユーザ名 orange
    パスワード orange
  • SFR
    APN sl2sfrかslsfrかwapsfrかwebsfr
    ユーザ名 なし
    パスワード なし
  • Bouygues
    APN mmsbouygtel.com
    ユーザ名 なし
    パスワード なし
  • Free
    APN free
    ユーザ名 なし
    パスワード なし

ざっと見てみると、購入は自販機が使えるFreeが一番楽そうですが、自販機の設置場所が限られているのがちょっと面倒な感じでした。

価格を考えるとOrangeよりSFR/Bouguesが安い感じです。

SFRのWelcomeパッケージ

また、携帯電話会社のサイトを覗いてみるとSFRで旅行者向けのパッケージがあることがわかりました。

プリペイドSIMカードが9.99ユーロに15ユーロのWelcomeパッケージを付ける(=合計24.4ユーロ)と次のような条件でSFRを利用できるというものです。

データ通信量 1GB
通話 1時間
SMS 500通
SFRのWi-Fi(ホットスポット) 無制限
有効期間 10日

SFRのWelcomeパッケージ

このパッケージを使用するためには、

  1. 9.99ユーロでSIMカードを購入する
  2. SIMカードをアクティベートする(SIMを差して963に電話するとアクティベーションできる)
  3. 15ユーロの「WELCOME TOP-UP」を購入して、記載されている10桁の番号を952に電話して入力する。
  4. 残高確認は「?」をSMSで950に送る

という手順になるそうです。

SFRのWelcomeパッケージの使い方

このパッケージには通話・SMS・データ通信のすべてが含まれているので、有効期間10日というのが自分の予定と会うのならば、なかなか使い勝手がよさそうです。

まとめ

今回は事前調査したフランスのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

少々価格が高いのが気になりますが、フランスでは旅行者がプリペイドSIMカードを購入できることがわかりました。私は価格が安そうなFreeと、WelcomeパッケージがあるSFRを候補として考えて現地に向かいました。

次回は現地でプリペイドSIMカードを購入したことを紹介したいと思います。