フランスでプリペイドSIMを使う その3: SFRの初期設定

エッフェル塔

前回はパリでSFRのプリペイドSIMカードを、1GBのデータ通信のパッケージ込で約30ユーロで購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを初期設定して使えるようにしたいと思います。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

購入したのはSFRのプリペイドSIMカードでこれが開通手数料込みで18.99ユーロになります。

SFRのSIMカード 表IMG_20160107_0003

SIMカードは標準・マイクロ・ナノの3サイズに対応したタイプです。

パッケージにはプリペイドSIMカード以外に契約内容の冊子と説明書が入っています。

契約内容の冊子は下記になります。全部フランス語ですし文字だらけなのでまず見ることはないでしょう。

SFRの契約内容を記載した冊子

説明書はもう少しシンプルな記載ですが残念ながらフランス語で解読するのは困難です。

SFRのプリペイドSIMカードの説明書

しかし、1ページだけ英語のページがあったので、紹介しておきます。トップアップの仕方のようです。

SFRのプリペイドSIMカードの説明書の英語のページ

トップアップするには958に電話して10桁のトップアップ番号を入力するか、トップアップ番号を952にSMSで送信すればよいようです。

アクティベーション

SFRの店舗でプリペイドSIMカードを購入した場合はアクティベーションは店員さんがやってくれます。

スマホの言語設定を英語に替えて店員さんに渡せばよいでしょう。

自分でアクティベーションをする場合は、SFRのプリペイドSIMカードをセットした状態で「963」へ電話すればOKのようです。

アクティベーションに成功すると次のようなSMSが送られてきます。

アクティベーション完了時のSMS

1通目のSMSがアクティベーションの完了の通知です。どうも電話に利用できる5ユーロ分のクレジットが含まれているようです。

2通目のSMSは割り当てられた電話番号のお知らせになります(モザイクの部分が電話番号です)。

IDの登録

フランスではプリペイドSIMカードを利用する際にはID番号(パスポート番号)などの個人情報を登録しなければいけないようです。

個人情報の登録を行っていない場合はプリペイドSIMカードが停止されてしまいます。

SFRの店舗でプリペイドSIMカードを購入した場合は店舗側がIDの登録を行ってくれます。しかし、自分でアクティベーションした場合は

から登録する必要があります。IDをとろくするためのサイトはフランス語なので翻訳ソフトを使いながら進めていくしかないようです。

ちなみに下記がID登録を促すSMSです。

ID登録の案内

まとめ

今回はフランスのSFRのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

アクティベーションは自分で行うこともできますが、IDの登録が少々面倒かもしれません。心配な方は手数料が取られますがSFRの店舗でSIMカードを購入するとすべてやってくれるので、お願いするとよいでしょう。

次回はこのプリペイドSIMカードでインターネット通信をできるようにします。