カンボジアでプリペイドSIMを使う その4: metfoneのリチャージ(TOP UP)

ベンメリア

前回はmetfoneのプリペイドSIMカードの初期設定を行い、データ通信を行える状態にしました。

しかし購入した直後の状態だと、初期残高と無料サービスを含めて29MBしたデータ通信が行えません。

今回はリチャージ(TOP UP)して残高を増やします。

TOP UPカードの入手

私はTOP UPカードをプノンペンで入手しました。車が多い大通りより一本入った路地の行くと、割と簡単に見つけることができます。

TOP UPカードを売っている売店には大体が店頭にTOP UPカードの連なったビニールがぶら下がっています。

metfoneはややマイナーらしく、店頭に展示されていない場合もあります。その場合は店番に聞いてみましょう。

私は小さな雑貨屋さんで聞いてみました。話しかけたのは店番の女の子です。

  • 私:「Do you have metfone TOP UP card?」
  • 店:「アリマス」(まさかの日本語)
  • 私:「ええっ!」(驚いて次の言葉が出ず)
  • 店:「エヘヘ」(得意げに笑う)
  • 私:「How much?」(気を取り直して値段を聞く)
  • 店:「二ドル、ゴドル、ジュウドル」(これにも日本語で回答)

日本語の対応には意表をつかれましたが、とりあえず2ドル・5ドル・10ドルの3種類があることがわかりました。

私は短期滞在でデータパッケージも2ドルのも(次回紹介予定)を申し込もうと思っていたので、ここは2ドルを選択しました。

入手したのは次のようなカードです。

TOP UPカード(表)

TOP UP

TOP UPを行うためにまずTOP UPカードの裏側を削ってカード番号を見えるようにします。

TOP UPカード(裏)

そして電話をかける画面で「*197*カード番号#」と入力して発信します。すると次のようなメッセージが表示され、TOP UPはすぐに反映されます。

TOP UP結果

まとめ

今回はmetfoneのTOP UPカードを購入して残高を増やしました。これでデータパッケージを申し込むことができます。

次回はインターネットをお得に使うためのデータパッケージを紹介します。