ボリビアでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

前回まではペルーのプリペイドSIMカードを紹介してきました。今回からはペルーの隣国のボリビアのプリペイドSIMカードを紹介したいと思います。

ボリビアといえばウユニ塩湖がインスタ映えするとして人気の観光地です。ペルーとセットで旅行される方も多いのではないかと思います。

なお、ボリビア以外のプリペイドSIMカードの情報については下記を参照してみてください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

なお私のスマートフォンはSIMロックを解除した状態(いわゆるSIMフリー)です。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあることを確認してください。

ドコモのローミング情報

いつものように渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

この情報でドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。最近ではLTEのローミング情報も記載されています。

ドコモのボリビアでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

ドコモのローミング情報

VIVAとEMOVILというキャリアがありますが、なんとLTEも3Gも利用できず、2G(GSM)のみとなっています。

これにはいくつか可能性があります。

  • ボリビアではLTE・3Gがサービスされていない
  • ドコモが現地キャリアとLTE・3Gのローミング契約をしていない
  • 使用しているLTE・3Gのバンド(周波数)がドコモ向け端末で利用できない

このドコモの情報からは理由は絞り込めないので、もう少し調査が必要です。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

ボリビアの情報は下記になります。

Wikipediaの情報

こちらの情報ではキャリアはEntel・Tigo・Vivaの3キャリアがあることがわかります。

ドコモの情報にあった「EMOVIL」はどこに行ってしまったのでしょう・・・

キャリアの規模はEntelが頭一つ抜けている状態です。

そして気になるLTEと3Gについてはちゃんとボリビアでサービスされていました。

ただし、バンド情報については、この情報からは明確にはわからなかったので、別途調べたところ次のような状況のようです。

Entel3GBand 5 (850Mhz)
LTEBand 13 (700 MHz, Cブロック)
Tigo3GBand 5 (850MHz)
LTEBand 17 (700 MHz, B・Cブロック)
Tivo3GBand 2 (1900MHz)
LTEBand 4 (1700MHz)

どうもボリビアではアメリカで使われている周波数をメインに使っているようです。Band 13・Band 17というのは初めて見ましたが、これも主にアメリカでモバイル通信用に割り当てられている周波数のようです。

そのため、日本で発売されているスマートフォンでは使えない可能性もあるので、持ち込むスマートフォンの対応バンドをチェックして置いた方が良さそうです。

iPhoneであれば非常に多くのLTEバンドに対応しているのでボリビアでLTEが使える可能性が高いです。

しかし、Entelで使われているBand 13については、一部の機種(例えば、日本国内向けのiPhone SE)では対応していないようなので注意が必要です。

インターネット上の情報

ボリビアには日本旅行者も多いので日本語の情報もあると思いますが、事前にメモしておいたのは下記のサイトです。

2G and 3G is on 850 and 1900 MHz with variable coverage. 4G/LTE started in 2013/4/5 on all three providers: Entel uses 700 MHz (B13), Tigo 700 (B17) and 1700 MH...

また、今回はウユニへ移動するので、ウユニでSIMカードが購入可能なことは下記のサイトで確認しておきました。

ちなみに1ボリ(Bs)は16円ぐらいです(2019年3月現在)。

Entel

  • プリペイドSIMカードの入手
    • Entelの店舗で10ボリで購入可能 (30ボリに値上げしたという説もあり)
    • アクティベーションはWebサイト(スペイン語)で自力でできないこともない
  • インターネットパッケージ
    • 「*10#」で購入可能
    • 調査時の状況は次の通り
      有効期間データ量価格
      30日間180MB9ボリ
      500MB20ボリ
      1GB40ボリ
      2GB50ボリ
      6GB140ボリ
      10GB198ボリ
      14GB230ボリ
      20GB288ボリ
  • APN情報
    APN4g.entel
    ユーザ名なし
    パスワードなし

Tigo

  • プリペイドSIMカードの入手
    • Tigoの店舗で10ボリで購入可能
    • レジストレーションせずに利用できるのは5日間
    • レジストレーションは「*108#」あるいはWebサイト(スペイン語)で自力でできないこともない
  • インターネットパッケージ
    • Webサイトで購入可能
    • 調査時の状況は次の通り
      有効期間データ量価格
      24時間1050 MB20ボリ
      2日間100 MB4ボリ
      150MB5ボリ
      1GB30ボリ
      3日間200 MB7ボリ
      5日間500 MB15ボリ
      7日間800 MB25ボリ
      1.2GB35ボリ
      30日間500 MB30ボリ
      1GB55ボリ
      4GB120ボリ
      6.2GB180ボリ
      8GB200ボリ
  • APN情報
    APNinternet.tigo.bo
    ユーザ名なし
    パスワードなし
  • ステータス確認
    • 残高確認:「*123#」
    • データ残量確認: 172へ「SALDO」という内容のSMSを送信

Viva

  • プリペイドSIMカードの入手
    • Vivaの店舗で10~15ボリで購入可能
    • 初期残高は10ボリ
    • 「100」で発信することでアクティベーションできるが、店員さんにやってもらうのがお勧め
  • インターネットパッケージ
    • 「9101」にアクティベーションコードを記載したSMSを送信することで購入可能
    • 調査時の状況は次の通り
      有効期間データ量価格アクティベーションコード
      7日間300MB15ボリSEMANAL 300MBx15Bs
      1GB30ボリSEMANAL 1000MBx30Bs
      30日間60MB9ボリMENSUAL 60MBx9Bs
      200MB25ボリMENSUAL 200MBx25Bs
      750MB50ボリMENSUAL 750MBx50Bs
      2.5GB100ボリMENSUAL 2500MBx100Bs
      8.1GB200ボリMENSUAL 8100MBx200Bs
      18GB300ボリMENSUAL 18000MBx300Bs
  • APN情報
    APNinternet.nuevatel.com
    ユーザ名なし
    パスワードなし
  • ステータス確認
  • 残高確認: 「*105#」

まとめ

今回は事前に調査したボリビアのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

ボリビアは200円以下でプリペイドSIMカードは購入可能なようですが、使用されいてる周波数(バンド)が日本と大きく異なる点に注意が必要です。

iPhoneの場合は使える可能性が高いですが、Androidユーザの場合は対応周波数を事前に確認しておく必要があります。

次回は実際にボリビアでプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。