海外通販で買ったパルスオキシメータを試してみる

本記事は購入した商品の紹介(レビュー)を目的としています。

パルスオキシメータの測定値の判断については必ず専門医にご相談ください。

前回まではXiaomiブランドのスマート空気清浄機を紹介してきました。

今回は海外通販GearBestで購入したパルスオキシメータの紹介をしたいと思います。

パルスオキシメータとは

パルスオキシメータは、血中酸素飽和度(SpO2)を皮膚上から測定できる機器です。

血中酸素飽和度を測定することにより、心肺機能の健康状態をモニタリングすることができるとされています。

私の場合は4000m以上の高地にトレッキングに行く予定があったので、高山病のチェックのためにパルスオキシメータを購入しました。

酸素が薄い高地に滞在すると、取り込める酸素が減るため、血中酸素飽和度が低下します。血中酸素飽和度の低下が大きい場合は高山病のリスクありということで、トレッキングの中断などの判断をすることができます。

中華通販でパルスオキシメータを探す

パルスオキシメータはAmazon楽天でも販売していますが、中華通販だと安いものだと2000円程度で購入することができます。

これらの海外通販での購入方法は下記を参照してみてください。

中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestは日本語対応サイトも充実し、日本直送の配送方式(Priority Line)を選択できるなど、海外通販に慣れていない方でも注文することができます。コンビニ決済もできるようになったのもうれしいところです。ブレットやスマホをなどのガジェットを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。
中国の通販サイトであるBanggoodの使い方について紹介します。 品ぞろえもよく、サイトの日本語対応も進んでいるので中華通販デビューにはおすすめのサイトです。また支払はPayPal以外にコンビニも使えるのがうれしいところです。 中華スマホ・中華タブレットを購入する際にはBanggoodも選択肢に入れておくとよいでしょう。
中国の通販サイトであるAliExpressの使い方について紹介します。海外からものを買うのは難しそうな気がしますが、少しの英単語を覚えれば結構簡単に行うことができます。最近は中国のメーカが魅力的な(怪しい!?)商品を出しているので興味がある方はチャレンジしてみましょう。

私の場合はもう4年前のことになりますが、GearBestでRZ001という型番のパルスオキシメータを購入しました。

当時の価格は9.97ドル(約1100円)でしたが、残念ながらこの製品はGearBestでは販売終了となっています。しかし同じ製品はAliExpressで購入することができます。

2020年4月時点でAliExpressでは11.05ドル(約1200円)~

私が購入したパルスオキシメータRZ001は下記のような日程で配送されてきました。

イベント日付
注文2016/3/30
発送連絡2016/3/30
中国輸出2020/3/25
配送完了2016/4/12

配達にかかった日数は13日、土日を除いた営業日だと10日となりました。

Registered Air Mailでオランダ経由の配送だったのですが、この日数はオランダ経由としてはかなり順調な方です。

パルスオキシメータ RZ001

GearBestで注文したパルスオキシメータRZ001は次のような梱包で届きました。

パルスオキシメータRZ001の梱包状態

緩衝材がついたビニールの封筒で、中華通販ではよくある梱包です。

梱包を開けてみるとRZ001のパッケージが出てきました。

パルスオキシメータRZ001のパッケージ

パッケージはそれほどダメージを受けておらず安心しました。

パッケージの側面には簡単な説明が書かれています。

パルスオキシメータRZ001のパッケージの説明

パッケージを開けるとパルスオキシメータ本体は緩衝材に包まれておりました。これなら輸送中に壊れることもなさそうです。

パルスオキシメータRZ001のパッケージを開けたところ

中身を取り出したのが下の写真です。

パルスオキシメータRZ001の内容物一覧

中身はパルスオキシメータRZ001本体(中央)・ストラップ(左)・取扱説明書(右)となります。ストラップは長く、RZ001を首からさげることができます。

RZ001にはディスプレイとボタンが一つあり、出荷時はこの部分はビニールの保護シールが貼られています。

パルスオキシメータRZ001

底面は電池ボックスがあり、単四電池を2本入れることができます。

パルスオキシメータRZ001の電池ボックス

なお電池はエネループのようなニッケル水素電池でも動作します。

取扱説明書は英語になっています。参考にスキャンしたものを貼り付けておきます。

取扱説明書

実際に使って見る

まずパルスオキシメータに爪がディスプレイ側になるように指を挟みます。RZ001はディスプレイ表示の向きを変えられるので、左右のどちらの手でも大丈夫です。

装着

指もいずれの指でも大丈夫ですが人差し指か中指が無難と思います。

横から見るとこんな感じです。センサーは奥にあるので奥まで指をしっかり入れます。

装着 (横)

この状態でRZ001のボタンを押し、安静にしましょう。

ディスプレイに文字が表示され、測定が開始されます。

測定はまず脈拍の検出から行われます。RZ001の画面は何種類かあるのですが、この画面では中央に上下するバーがあり、このバーが脈を表しています。

測定開始

またこの画面では画面上部にグラフが表示され、このグラフは脈拍の変化の履歴を表しています。

脈拍を示すバーが上下すれば順調に測定できています。もしバーが上下しない場合は、正しく測定ができていないので指の位置を変えるか、挟む指を変えてみてください。

後述の通り強い太陽光の下だと、太陽光がセンサーを邪魔してしまい測定ができないことがあります。

その場合は日陰などを作り、RZ001に直接日光が当たらないようにしてみてください。

順調の測定できれば5秒ぐらいして、血中酸素飽和度と脈拍数が表示されます。

測定完了

このときは血中酸素飽和度が97%なので正常値です。

RZ001はボタンを押すと表示を切り替えることができます。左手を測定する場合や測定値を対面の人に読んでもらう場合などにはボタンを押して表示を切り替えましょう。

いくつか表示例を紹介しておきます。

表示 パターン1

表示 パターン2

表示 パターン3

表示 パターン4

表示 パターン5

このようにボタンを押して表示を切り替えることで、どの方向から見ても見やすい表示を選択することができます。

なお、いずれの表示でも血中酸素飽和度と脈拍数は必ず表示されます。

実際に使った感想

このパルスオキシメータを実際に使った感想を簡単に紹介します。

よい点

パルスオキシメータ全体に言えることですが、まずは指をはさむだけという使い勝手はとてもお手軽です。

専門的な処置をすることなく血中酸素飽和度を測定できるのはパルスオキシメータならではの利点です。

また、RZ001はとても軽量(バッテリーを除くと約30グラム)で小型です。トレッキングのときに邪魔になることはありません。

常に首にぶら下げる必要性はないかもしれませんが、ザックに入れておくと安心だと思います。

イマイチな点

RZ001は挿入した指の位置のよってはうまく測定できないこともあります。

RZ001は測定を開始するとまずは脈拍を検出するのですが、指をはさんでも脈拍を全然検出せず、何度か指をはさみ直す必要がありました。

指をはさみ直すだけなら良いのですが、もっと厳しい問題として直射日光下などの明るい環境では全く測定できないという問題があります。

明るい光がセンサー部分に入り込んでしまうと、センサーが正しく読み取れなくなってしまうようなのです。富士登山などは日を遮るものがないので、これはこまりました。結局ザックの中で測定するなどの工夫でしのぐ必要がありました。

外部の光りが入り込まないようにもう少し形状を工夫していればこの問題はなかった思うのでちょっと残念です。

なんとも言えない点

何とも言えないのがRZ001が表示する数値の正しさです。

脈拍については実感と同じなので問題ないと思いますが、血中酸素飽和度については自覚できないので数値の正しさを判定することができません。

ただ私の記憶では、富士山頂のような酸素が薄い地点では、血中酸素飽和度がすこし低めにでました。絶対的な数値が正しいかどうかということは何とも言えませんが、相対的な数値の低下をもって高山病の目安(酸素が取り込めていないかどうか)には使えそうな気がします。

まとめ

今回は海外通販のGearBestで購入したパルスオキシメータRZ001を紹介しました。

パルスオキシメータは指先に装着するだけで血中酸素飽和度と脈拍数を測定できる機器です。中華製ということもあって数値の正確さは不明ですが、心肺機能の簡単なチェックに使えそうな気がします。

次回はスマートフォンPixel 4の話題を紹介します。