中華フィットネストラッカー Huawei Honor Band 3で遊ぶ その2: セットアップ!

前回はHuaweiのフィットネストラッカーHonor Band 3を購入したことを紹介しました。

今回はこのNHuawei Honor Band 3を使えるようにしたいと思います。なおHonor 3はあらかじめ充電しておきましょう。

2017/11/23時点での最安値はGeekBuyingの34.99ドル!

アプリのインストール

Huawei Honor Band 3のアプリについてはパッケージあるいは取扱説明書に二次元バーコードがあります。

このバーコードを読み取って取得できるURLにアクセスすると次のようなWebサイトが表示されます。

二次元バーコードのURL

右上の「下裁」を選択するとAPKファイルが直接取得できます。

これは中国国内でGoogle Play Storeが使えないからです。

そこでGoogle Play Storeで「Honor Band」で検索してみましょう。「Huawei Wear」というアプリが見つかるはずです。

Huawei Wear
Huawei Wear
Price: Free

これがそれっぽいのでインストールしましょう。

Huawei Wearアプリ

Huawei Wearアプリのセットアップ

Huawei Wearアプリを起動すると初回はメディアへの権限が要求されます。

メディアアクセス権限の要求

続いて利用規約の確認です。日本語で表示されるのはうれしいところです。

Huawei Wearアプリの利用規約

少々長くなりますが末尾にある「Huawei Wear ユーザ契約」と「Huawei個人情報保護方針」については必ず目を通しておきましょう。

少なくてもユーザに関する情報やHuawei Honor Band 3が測定したデータはHuaweiに送られます(クラウドにデータを保存するのであたりまではありますが)。またこれらのデータをHuaweiが分析することを許可することになります。

とはいえ「同意しない」を選択するとアプリが終了してしまうので「同意する」を選択する必要が出てきます。

「同意をする」を選択するとようやくアプリが起動します。

スマホをルート化していると次のような警告が表示されます。

ルート化済みの場合の警告

ルート化していてもHuawei Wearアプリは使えそうですので「OK」でを選択しておきましょう。

次はユーザ情報を登録していきましょう。

ユーザ情報の登録

画面上部がニックネームと顔写真です。顔写真は登録しなくてもかまいません。

その下は「性別」「身長」「体重」「生年月日」を選択します。

この辺はわかり安いの悩むことはないと思います。

入力が終わったら「開始」を選択します。

ここで位置情報をへのアクセスを求められるので許可します。多分ペアリングするのに必要なのだと思います。

位置情報へのアクセス要求

これで周囲のデバイスの検索が始まりHuawei Honor Band 3が見つかるはずです。

Honor Band 3の発見

見つからない場合は「スマートバンド」を選択して「honor Band 3」を選択すると手動でデバイスを検索することができます。

手動で検索する場合

「スマートバンド」を選択するとHuaweiのフィットネストラッカー一覧が出るので「honor Band 3」を選択します。

Honor Band 3を選択

次の画面ではペアリングを選択します。

ペアリングの開始

これで近くにあるHuawei Honor Band 3が見つかるはずです。

Honor Band 3の発見

見つかったHuawei Honor Band 3を選択するとペアリングが始まります。

ペアリング中

ペアリングを開始するとHuawei Honor Band 3が振動し、画面にペアリング操作を行うように表示されます。ここでHuawei Honor Band 3のボタンをタッチすればペアリング完了です。

ペアリング中

ペアリングが完了するとスマホ画面には次のように表示されます。

ペアリング完了

また、Huawei Honor Band 3の画面には時計が表示されます。ペアリングにより時刻が設定されるので時刻も正確なはずです。

ペアリング完了して時刻が設定された状態

Huawei Wearアプリでのペアリングが完了すると、Huaweiヘルスケアアプリのインストールがすすめられます。

どうもHuawei WearアプリはHuawei Honor Band 3から測定するデータを取得・表示するだけのようで、さらなる分析をするにはHuaweiヘルスケアアプリがあった方が良いようです。

ヘルスケアアプリのインストール

この画面で「インストール」選択すると、Google Play Storeアプリが起動してHuawei Healthが開きますのでインストールしましょう。

Huaweiヘルスケアのインストール

Huaweiヘルスケアアプリのインストールが終わったら、Huawei Wearアプリに戻ります。

すると下記のような画面になっているはずですので次に進みます。

Huaweiヘルスケアのインストール完了

これでHuawei Wearアプリの開始となりますが、私の場合はHuawei Honor Band 3のファームウェアの更新通知がありました。

不具合修正があるようですので「今すぐ更新」を選択します。

ファームウェアの更新

下記のような画面になったら「更新」を選択します。

ファームウェアの更新

すると転送が始まるのでしばらく待ちましょう。

しかし私の場合は更新に失敗してしまいました・・・

ファームウェアの更新失敗

原因は不明です。

Huawei Wearアプリの設定を終えてから再度更新すると今度は成功しました。ファームウェアの更新に失敗する方は、ファームウェアの更新を後回しにすると良いでしょう。

ファームウェアの更新成功

ようやくHuawei Wearアプリの画面になると、またもや「電話の発信と管理」と「連絡先へのアクセス」が要求されます。

どうもHuaweiのアプリはどうもスマートフォンのIMEI(識別ID)をデータ管理に使用しているらしく、このIMEIを取得するために「電話の発信と管理」の権限が必要なようです。

電話の発信と管理の権限の要求

連絡先へのアクセスは必要性がわからないので許可しませんでした。もしかしたら電話の通知をHuawei Honor Band 3に送るときに、電話番号から宛先の名前に変換するために必要なのかもしれません。

連絡先へのアクセス権限の要求

次に通知へのアクセスを許可するかどうかを設定します。これは許可しなくても良いのですが、スマホの通知をHuawei Honor Band 3に転送するために必要になります。

メッセージ通知について

ここで「OK」を選択するとHuawei Wearアプリの通知管理画面が開きます。ここで「通知」をオンにしましょう。

通知の管理

するとAndoridの設定画面に行くので、Huawei Wearアプリを有効にします。

通知の許可

下記のような警告が出ますが、そのまま設定してください。

通知へのアクセスの警告

通知へのアクセスの設定が終わるとHuawei Wearアプリに戻るので、今度はHuawei Honor Band 3に通知を転送するアプリを選択します。

アプリ一覧が表示されるのでGmailやLINE等を選択すれば良いでしょう。

通知するアプリの選択

アプリの選択が終わったら終わったら左上の「←」で前の画面に戻ります。

最後に心拍数の測定に関する注意が表示されます。

心拍数測定時の注意

OKでこれをクローズすると、とりあえずの設定は完了です。

設定完了

TOMTOP

Huaweiヘルスケアアプリのセットアップ

今度はHuawei Wearアプリの途中でインストールしたHuaweiヘルスケアアプリの設定をしていきます。

Huaweiヘルスケアアプリを起動すると、今度は「Huaweiヘルス利用規約」への同意が求められます。

こちらも内容を確認して同意するかどうかを決定します。カメラとマイクの権限は何に使うのか不明ですが・・・

Huaweiヘルスの利用規約

「同意」を選択するとHuaweiヘルスケアアプリが起動します。

初回は「位置情報」「電話の発信と許可」「メディアへのアクセス」の権限が要求されます。

位置情報へのアクセス要求電話の発信と管理の権限の要求

メディアへのアクセス要求

私はこのうち「電話の発信と許可」の権限は、はどうもスマートフォンの「IMEI (識別番号)」にアクセスするために使うようで、電話の発信をするようなことはないようです。

スマートフォンがルート化されていると次のような警告が表示されますが、アプリは問題なく使用できるようです。

ルート化済みの場合の警告

アプリが起動したら再び自分の情報を登録しておきます。

画面の右上の「自分」を選択します。

自分の情報の設定へ

続いてプロフィールを選択します。

プロフィールの設定へ

ここで性別・生年月日・身長・体重を登録します。

プロフィールの設定

とりあえずこれくらい設定すれば良いようです。

あとは好みに応じて目標などを設定してください。

なお、Huawei WearアプリとHuaweiヘルスケアアプリは両方のアプリのセットアップが完了すると自動的に連動する様です。

Huaweiヘルスケアアプリでデバイスを登録する必要は特にありませんでした。

2017/11/23時点での最安値はGeekBuyingの34.99ドル!

まとめ

今回は中華フィットネストラッカーのHuawei Honor Band 3のセットアップをするためにスマホアプリをインストールしました。

ちょっと設定項目が多いように見えますが、実際には選んでいくだけなので簡単だと思います。何よりも海外通販で買ったHonor Band 3でも日本語が使えるのがうれしいところです。

次回はこのフィットネストラッカーを実際に使ってみます。