Google Pixel 2で遊ぶ その11: ボタンレイアウトを変える

前回はこれまで使っていたスマートフォンの環境をPixel 2に移行しました。これでPixel 2を本格的に使える状態になりました。

ところがちょっと困ったことがあったので、なんとか改善したいと思います。

Pixel 2の問題!?

Pixel 2を使い始めて戸惑ったのがPixel 2のボタン配置です。

Pixel 2はボタンが左からバック・ホーム・アプリとなっているのです。

標準レイアウト

これはAndroidの標準レイアウトです。かつてはNexusレイアウトともいわれていました。

ところが私はいつからかこの逆のアプリ・ホーム・バックというレイアウト(いわゆるGalaxyレイアウト)が好みです。

Galaxy自体は使ったことはないのですが、いつからかこの配列になれてしまいました。右手の親指でさっとバックボタンが押せるのが気に入っています。

というわけで、Pixel 2のボタンを配列を変えてみることにしました。

ボタン配列の変更

調べてみるとPixel 2でボタン配列を変えるには

  • adbコマンドで行う方法
  • Custom Navigation Barというアプリを使う方法

の2つがあるようです。

ただアプリを使う場合もadbコマンドでの操作かルート権限が必要なので、adbコマンドは必須です。

公式版のadbは下記から入手することができます。今回はadbコマンドだけ使えれば良いので、「コマンドラインツールのみ入手をする」から選んで良いと思います。

Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

adbコマンドを使ってボタン配列を変更する

一番シンプルなのがadbコマンドを使う方法です。

まず、USBデバッグを有効にしたPixel 2をUSBケーブルでadbをインストールしたPC接続します。

接続が問題なかどうかは

adb devices

で確認しましょう。これで接続してるPixel 2のシリアル番号が表示されれば接続OKです。

接続が確認できたら下記のコマンドを実行します。

adb shell
settings put secure sysui_nav_bar "space,recent;home;back,space"

adbでのコマンド

これでボタンレイアウトが入れ替わるはずです。

入れ替わったボタンレイアウト

これで満足のいく使い勝手となりました。

Custom Navigation Barアプリを使ってボタン配列を変更する

まずGoogle Play StoreからCustom Navigation Barをインストールします。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free

Pixel 2のUSBデバッグを有効にした状態でインストールしたアプリを起動し、画面を進めていきます。

途中で下記のような画面に出るので「Grant using PC」を選択します。ルート化している方は「Grant using root」を選択するのもありです。

変更権限の付与

「Grant using PC」を選ぶと次の画面になります。

adbコマンドでの操作内容

この画面になったらadbをインストールしたPCとUSBケーブルで接続します。

あとはコマンドプロンプトでadbが使えるディレクトリへ移動して

adb shell
pm grant xyz.paphonb.systemuituner android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS

と入力します。

adbでの操作

これでCustom Navigation Barアプリにボタンレイアウトを変更する権限が付与されました。

最初にCustom Navigation Barアプリが使えるかどうかのチェックがあります。

互換性のチェック

「Start」を選択すると画面下のホームボタンの代わりに「→」ボタンが表示されますのでこれをタップします。

互換性のチェック

これで互換性のチェックをクリアしたことになります。

互換性のチェックの完了

これで準備が完了しました。

ボタンを入れ替えるには「Navigation Bar」を選択します。

Navigation barの選択

バックボタンとアプリボタンを入れ替えるには「Inverted」を有効にします。

ボタンの入れ替え

これでボタンが入れ替わります。

なおCustom Navigation Barアプリを使うと、ナビゲーションバーのボタンをさらに左右に追加できたり、ボタンの間隔を調整したりすることができます。

また、ナビゲーションバーを隠すImmersive modeを有効にすることもできます。

いろいろカスタマイズできるので試してみてください。

まとめ

今回はPixel 2の使い勝手を上げるべくナビゲーションバーのボタン配列を変えてみました。

これで使い慣れたボタン配列でPixel 2を使うことができます。実はここで紹介した方法はPixel 2だけでなく、Android 8 (Oreo)なら適用できるそうなので困っている方は試してみてください。

次回はPixel 2のディスプレイ保護フィルムについて紹介します。