docomo Wi-Fi その3: Androidの自動ログイン機能

無線LAN

前回、ドコモの公衆無線LANサービスのdocomo Wi-Fiに接続できることを確認しました。

毎回IDとパスワードを入力するのは面倒なので、より手軽に接続できる方法を調べてみます。

もちろん、ここでの設定以外にSSIDとWEPパスワードの設定は必要です。SSIDとWEPパスワードについては前回を参照してください。

公衆無線LAN自動ログイン機能

公衆無線LANサービスの認証(IDとパスワードの入力)を自動化する方法は自動ログインとか自動接続とか言われます。

AQUOS PHONE SH-12C(というかAndroid)には公衆無線LAN自動ログイン機能がついてきますので、設定するだけでdocomo Wi-Fiに簡単に接続できるようになります(他のAndroidスマートフォンにこの機能が有効になっているかどうかは、わかりません)。

事前設定

スマートフォンのWiFiをONにした状態で(どこにも接続しなくてもOK)、

「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi設定」→「公衆無線LAN自動ログイン」→「ドコモ公衆無線LANサービス」

を選択します。

20120519-172814

自動ログインで「ON」を選んで、「ログインID」と「パスワード」を入力します。ログインIDには「-spmode@docomo」をつけるのを忘れないようにしましょう。

入力が完了したらOKを押しておしまいです。

接続&ログイン

それでは接続してみましょう。

まずは当然ながらdocomo Wi-Fiのサービスエリアに移動します。

そこでおもむろにWi-FiをONにします。そして10~15秒ほど経ったあたりで、docomo Wi-Fiへの自動ログインが開始されます。

これは画面上部のステータスエリアに「認証中・・・」と出るのでわかります。

20120519-182407

認証は2,3秒で完了します。

20120519-182615

認証が完了したらあとは普通にインターネットに接続できます。接続の操作はWiFiをONにしただけです。

ログアウト

自分でIDとパスワードを入力した場合は、ログアウトするためのページをブックマークするなどの面倒な処理が必要でした。

公衆無線LAN自動ログイン機能を使うとログアウトも簡単にできます。

ログアウトしたくなったら、画面上部のステータスバーをタッチしてステータス画面を表示させます。

20120519-182615

「ドコモ公衆無線LANサービス」という項目があるはずなので、これを選択します。

20120519-183119

表示された画面でログオフを選択するだけです。

なお、設定で「ログオフ時にWiFi自動OFF」をオンしておくと、ログオフをするとWiFiがオフになり3G接続に戻ります。

まとめ

Androidの公衆無線自動ログイン機能を使って、docomo Wi-Fiを簡単に接続する方法を紹介しました。

設定してしまえば、docomo Wi-Fiに接続するためには、WiFiをONにするだけなのでとても簡単です。

ただ、WiFiをONにしてからdocomo Wi-Fiにログインしてインターネットが使えるようになる間でには、15~20秒ほどかかります。もうちょっと早ければ使い勝手がよいのですが・・・

次回は、ドコモがリリースしている「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」を紹介します。