docomo Wi-Fi その4: かんたん接続アプリ

接続

前回は、Androidの公衆無線LAN自動ログイン機能を試しました。

今回はドコモ純正の「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」を試してみます。

公衆無線LAN自動ログイン機能の設定クリア

「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」はAndroidの公衆無線LAN自動ログイン機能と競合します。docomo Wi-Fiかんたん接続アプリを使用する場合は、下記の手順で公衆無線LAN自動ログイン機能を無効にする必要があります。

Wi-FiをONにした状態(どこにも接続してなくても良い)で

「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi設定」→「公衆無線LAN自動ログイン」

を選択します。そして表示される「ドコモ公衆無線LANサービス」を長押しします。すると、「選択項目の設定を初期化しますか?」と聞かれるので「はい」を選択します。

これで前回設定した公衆無線LAN自動ログイン機能の設定がクリアされます。

docomo Wi-Fiかんたん接続アプリのインストール

これはGoogle Playから入手可能です。こちらのリンクからインストールしてください。

Google play

事前設定

インストールしたdocomo Wi-Fiかんたん接続アプリを起動して、「docomo Wi-Fiの設定」を行います。

設定するのは3箇所です。

docomo Wi-Fiかんたん接続アプリの設定

  • 契約種別: SPモードを選択します
  • ユーザID: docomo Wi-Fi用に登録した自分のIDを入力します
  • パスワード: docomo Wi-Fi用に登録したパスワードを入力します

設定が終わったら、ウィジェットをホーム画面に作成します。ホーム画面の空きエリアを長押しするとメニューが出るので、「ウィジェットを追加」を選択します。

ウィジェットを追加

作成可能なウィジェット一覧から「docomo Wi-Fiかんたん接続」を選択します。

ウィジェットを選択

接続&ログイン

それでは「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」を使って接続してみます。

WiFiがオフになっている状態ではウィジェットは「?」状態となっています。

20120519-185921

docomo Wi-Fiの接続エリアで、このウィジェットをタップすると自動的にWi-FiをONにして、docomo Wi-Fiへの接続を開始します。接続に成功するとウィジェットの「docomo Wi-Fi」の文字が赤くなり、また、Wi-Fi信号の強さを表示するようになります。

20120519-190328

なお、AndroidのWiFiをONにした状態(しかしdocomo Wi-Fiには接続していない状態)で、docomo Wi-Fiのサービスエリアに入るとこのウィジェットのWi-Fi信号の部分が赤くなります(「docomo Wi-Fi」という文字はグレーのまま)。

この状態でタップすると当然docomo Wi-Fiに接続します。

ログアウト

docomo Wi-Fiに接続した状態でウィジェットをタップすると、ログオフをします。

まとめ

今回はドコモ純正の「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」を使った自動ログインの方法について説明しました。

前回紹介したAndroidの公衆無線LAN自動ログイン機能と比べると機能に大きな違いはない気がします。

次回は実際の通信速度を紹介したいと思います。