docomoの3G(FOMA)ネットワークの惨状

渋滞

最近のドコモはめちゃくちゃ通信が遅くないでしょうか?

スマホユーザの増加にネットワークの増強が間に合っていないようです。

今回はドコモの3G(FOMA)回線の通信速度を定点観測してみました。

測定条件

通信速度の測定にはSpeedtest.netというソフトを使いました。

最寄(?)のテストサーバを自動的に検索して、データの送受信を行い通信速度を測定するアプリです。

測定場所は神奈川県の東急東横線武蔵小杉駅付近の電車の中、時間は朝8:00前後です。

この時間は通勤通学のラッシュのころです。しかも、武蔵小杉駅は東急東急線・東急目黒線・JR南武線・JR横須賀線が通っており、神奈川県でも有数のターミナル駅ですので、周囲に多くの人が集まっている、過酷な条件でのテストになります。

電波状況としては、ステータス領域のアンテナアイコンはは1~4本立っています。

測定時期

2012/04/16~2012/04/26の平日です。

測定結果

測定日時 ping応答時間 ダウンロード速度 アップロード速度
2012/04/16 (月) 8:04 286ms 31kbps 401kbps
2012/04/17 (火) 8:05 250ms 18kbps 84kbps
2012/04/18 (水) 8:04 測定不能(通信エラー) [アンテナ4本]
2012/04/19 (木) 8:15 測定不能(通信エラー) [アンテナ1本]
2012/04/20 (金) 8:33 212ms 191kbps 366kbps
2012/04/23 (月) 8:05 177ms 29kbps 2143kbps
2012/04/24 (火) 8:09 297ms 187kbps 78kbps
2012/04/25 (水) 8:04 測定不能(通信エラー) [アンテナ3本]
2012/04/26 (木) 8:04 測定不能(通信エラー) [アンテナ4本]

「測定不能(通信エラー)」というのは、Speedtest.netアプリがテスト用のサーバと通信できない場合に表示されます。この場合は、電波状態が悪すぎて通信できないか、ネットワークが混みすぎで通信できない場合です。

測定不能


まとめ

今回はドコモの現状をお伝えしました。

人が集まる場所で条件的に厳しいとは言え、テストのうち通信ができないのがおよそ半分、無事に通信できても1回をのぞいて100kbpsです。これではISDN回線と同程度です。Webコンテンツがリッチになっている昨今では、快適なWeb閲覧は望めません。

ドコモにはもう少しがんばって人口集中場所に対応してもらいたいところです。

あるいは、Xi対応スマホに買い換えるか、公衆無線LANサービスを使うしかないぐらいです。

『docomoの3G(FOMA)ネットワークの惨状』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2013/03/02(土) 20:49:56 ID:589fc6ab0 返信

    xiも死んでる…