海外でdocomoのメールアドレスを使う その3

メール

前回まで(「海外でdocomoのメールアドレスを使う その1」と「海外でdocomoのメールアドレスを使う その2」)でiMoNiを使って海外でプリペイドSIM+Androidスマホでメールのやり取りができました。

次は帰国してからの課題です。もはや海外でdocomoのメールアドレスとを使うという話題より、iMoNiの話題ですね。

iMoNiで送受信したメールの移行

帰国した後にメールアドレスの入れ替えを行ってspモードを再び使用するようになると、海外滞在中に利用していたiMoNiの送受信メールをspモードメールに移したくなってきます。やはりメールは一つにまとまっていたほうがよいので・・・

しかし、いろいろ調べてみたのですが、一筋縄ではいかないことがわかりました。

iMoNiのエクスポート機能を使う

最初に思いつくことはiMoNiにあるエクスポート機能を使ってiMoNiのメールデータをSDカードに書き出し、そのデータをspモードメールにインポートする方法です。

iMoNiのインポート/エクスポート

iMoNiのインポート/エクスポート

ところが!これはまったくうまくいきません!

iMoNiはメールをエクスポートすると独自形式でSDカードに保存します。どうやらこの独自形式はJSON形式のようです。

一方、spモードメールのほうはeml形式のデータしかインポートできません。

つまりファイルの形式が違うので、iMoNiでエクスポートしたデータをspモードメールでインポートできないのです。

この両者を変換するプログラムを作成すればよい・・・と思われるのですが、1点致命的なことが。

iMoNiのエクスポートしたメールのデータには、添付ファイルの情報が入っていないんです。

これでは何とか変換してspモードメールに取り込めるようにしても、ちょっとむなしいです。

ここはiMoNiの作者の方が対応するのを待つしかありません。

FOMA携帯を使う

解決方法としてはFOMA携帯を使う方法があります。

iモード.netで受信したデータは、FOMA携帯で受信するまでiモードのサーバに残っています。そこでそのデータをFOMA携帯で受信してAndroidスマホに転送すればよいのです。

手順は下記のようになります。

  1. Androidスマホで「メールアドレスの入れ替え」を行い、iモードに「メイン@docomo.ne.jp」を割り当てる。
  2. FOMAカードをFOMA携帯に差し替える
  3. FOMA携帯を起動してiモードメールを受信する。これでiMoNiを使っていた期間に受信したメールを改めて受信できるはずです。
  4. FOMA携帯で受信メールをSDカードにバックアップする
  5. バックアップしたデータをパソコンでeml形式に変換する。変換してできたeml形式のファイルはAndroidスマホのSDカードにコピーしておく。
  6. AndroidスマホにFOMAカードを差し戻し、spモードメールを起動して、eml形式のデータをインポートする
  7. Androidスマホで再度「メールアドレスの入れ替え」を行い、spモードに「メイン@docomo.ne.jp」に割り当てる

この4~6については、以前の「Androidセットアップ その2 メールの移行」というネタで記載しているので参考にしてみてください。

なんだかFOMA携帯をいちいち使わなきゃいけないのは腑に落ちませんが、まともにiMoNiからデータを移行する方法はこれしか思い浮かびませんでした。

送信メールデータの取り扱い

と・こ・ろ・が、上記の方法では受信メールデータしか移行できないのです。なぜなら、送信したメールに関しては、FOMA携帯で受信することができない・・・

いろいろ調べたのですが、これについては妙案はありません!

思いつくところとしては

  • 添付ファイルに関する情報はあきらめ、iMoNiでエクスポートした送信メールデータを、spモードメールにインポートする。
    ただし、上述のようにデータ形式が違うので、変換プログラムを作成する必要があります
  • iMoNiでメールを送るときには、常に自分のアドレスをBCCに入れておく。
    こうすると送信メールを自分自身で受信することができるので、上記のようにFOMA携帯を介して取り込むことができます。
    取り込んだあとに、受信BOXから送信BOXに移せばよいでしょう。

というところです。早くiMoNiの作者さんが対応してくれるといいのだけど・・・