AQUOS PHONE SH-12C メジャーアップデート

2011/8/15にAQUOS PHONE SH-12Cの新しいファームウェアが公開されました。

以前(「AQUOS PHONE SH-12C ソフトウェアアップデート」参照)にソフトウェアアップデートがありましたが、今回はメジャーアップデートとなります。

アップデート前の状態

せっかくなので、変化を見るためにアップデート前の状態を調べておきます。

まずは起動時間を計ってみました。

  1. 電源を入れてからdocomoロゴの時間: 21秒
  2. AQUOS PHONEでぐるぐる画面の時間: 1分18秒
  3. ステータスバーからSDマウント中のアイコンが消えるまで: 34秒

1+2が使えるまでの時間ですから、1分39秒ほど起動にかかります。

次は、端末の状態。ビルド番号は「01.00.06」です。

アップデート前の状態(端末の状態)

アップデート前の状態(端末の状態)

メモリ使用量は起動後(SDのマウント完了後)、1分たってから調べてみました。143MBの空きですね。

アップデート前の状態(メモリ)

アップデート前の状態(メモリ)

さらにベンチマーク。まぁ、アップデートで早くなるとは期待できませんが、Quadrant Standardというソフトで計ってみました。スコアは1539です。

アップデート前の状態(ベンチマーク1)

アップデート前の状態(ベンチマーク1)

Quadrant Standardの表示するSystem Informationはこんな感じです。

アップデート前の状態(System Information)

アップデート前の状態(System Information)

もう一個、Smartphone Benchというソフトでもベンチマークをとりました(スクリーンショットにごみが入っていますが・・・)。

アップデート前の状態(Smartphone Bench1)

アップデート前の状態(Smartphone Bench1)

アップデート前の状態(Smartphone Bench2)

アップデート前の状態(Smartphone Bench2)

メジャーアップデートの情報

メジャーアップデートをする前に公式情報を見ておきましょう。

特にシャープの「メジャーアップデート後のご注意」は必見です。重要なところを抜粋しておきます。

メジャーアップデート後は携帯電話の以下の設定※が初期状態に戻ります。メジャーアップデート完了後、再度設定を行ってください。
※初期化される設定は以下の3点です。

  • [設定]→[無線とネットワーク]→[モバイルネットワーク]→[ネットワークモード]
  • [設定]→[位置情報とセキュリティ]→[安全な認証情報の使用]
  • [設定]→[位置情報とセキュリティ]→[パスワードの設定]

メジャーアップデートの実行

アップデート方法にはPCを使う方法と、WiFiを使ってAQUOS PHONE SH-12Cだけで行う方法があります。私はWi-Fiで行いました。

  1. まずは充電! 私は85%ほどの状態でした。
  2. AQUOS PHONE SH-12CをWiFiで接続します。
  3. 「設定」→「端末情報」→「メジャーアップデート」→「メジャーアップデートの確認」を選びます。すると新しいバージョンがリリースされていることが表示されます。

    新しいバージョンの確認

    新しいバージョンの確認

  4. この画面でOKを押すとブラウザが立ち上がるので、ブラウザはすぐ閉じましょう。
  5. 「メジャーアップデート」のメニューに戻ると、「アップデート実行」が選べるようになるので選択します。

    アップデートの実行

    アップデートの実行

  6. 次にアップデート方法の選択画面が出るので、Wi-Fi経由を選択します。

    アップデート方法の選択

    アップデート方法の選択

  7. アップデート方法を選択すると、ロック解除番号を聞かれるので入力します。

    ロックの解除

    ロックの解除

  8. ロックを解除すると、WiFiの状態とSDカードの空き容量の確認を行います。確認をパスしたら次へを押しましょう。

    端末の状態の確認

    端末の状態の確認

  9. 同意画面が出るので、同意して次へ進みます。

    同意画面

    同意画面

  10. ようやくダウンロードが開始されます。私の環境ではダウンロードに約9分、ダウンロード後のファイルのチェックに約1分かかりました。

    ダウンロード

    ダウンロード

  11. ダウンロードしたファイルに問題がなければ、アップデートされるバージョンとリリースノートが表示されます。

    アップデートバージョンの確認

    アップデートバージョンの確認

  12. この画面で再起動を選択すると、いよいよメジャーアップデートが始まります。

    再起動の確認

    再起動の確認

  13. ここからはスクリーンショットはありません。再起動して放っておくとアップデートを開始するのでひたすら待ちます。私の場合は47分ほどかかりました。
  14. いったん、おなじみのdocomoロゴの画面になりますが、30秒ほどして「ソフトウェア更新を継続しています。処理終了後、携帯電話を再起動します。」という画面になります。この画面は1分40秒ほど表示されました。
  15. いよいよ再起動します。docomoロゴ画面が表示されますが・・・長い!2分20秒ほどdocomo表示で固まりちょっとあせりました。
  16. docomo画面のあとはまたおなじみのAQUOS PHONEぐるぐる画面。1分20秒ほど。
  17. そして立ち上がるのですが・・・いきなりホームアプリの選択画面が出てアップデートを実感させます。ここは「ホーム」のほうを選んでおきましょう。

    ホームアプリの選択

    ホームアプリの選択

  18. これでアップデート完了です!

アップデート後の状態

まずは「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」を選択して、「3G」に直しておきましょう(アップデート後は「3G/GSM(自動選択)」になってしまっています)。

ネットワークモード

ネットワークモード

次にアップデート前の状態と比べてみます。

まず、起動時間。

  1. 電源を入れてからdocomoロゴの時間: 40秒  (前は 21秒。遅くなった!)
  2. AQUOS PHONEでぐるぐる画面の時間: 1分08秒 (前は1分18秒。早くなった!)
  3. ステータスバーからSDマウント中のアイコンが消えるまで: 26秒 (前は34秒。早くなった)

というわけで、docomoロゴ画面が長くなりましたが、トータルでは少しは遅くなった感じ。

AQUOS PHONE SH-12Cの最大の不満点は起動の遅さなのですが、残念ながら改善はしていません。

端末の状態は、当然ながらビルド番号が大きくなっています(01.00.06→01.01.02)。

アップデート後の状態(端末の状態)

アップデート後の状態(端末の状態)

次にメモリ。こちらは変わらず143MB。

アップデート後の状態(メモリ)

アップデート後の状態(メモリ)

ベンチマークソフトQuadrant Standardの結果は、微妙に改善しています(1539→1594)。誤差ですかね?

アップデート後の状態(Quadrant Standard)

アップデート後の状態(Quadrant Standard)

ちなみにSystem Informationを見るとIDがS7140(以前はS5068)になってるのに気づきます。これは何でしょうか・・・?

アップデート後の状態(System Information)

アップデート後の状態(System Information)

続いてもう一つのベンチマークSmartphone Benchの結果。データベース系はちょっと早くなってるんですけど、なんかファイルの書き込みがすっごく遅くなってるんですけど・・・(1,232,652Byte/sec →786,825Byte/sec)。大丈夫ですかねこれ。

アップデート後の状態(Smartphone Bench1)

アップデート後の状態(Smartphone Bench1)

アップデート後の状態(Smartphone Bench2)

アップデート後の状態(Smartphone Bench2)

まとめ

とりあえず無事にメジャーアップデートが終了して一安心。しかし、メジャーアップデートの効能はイマイチよくわかりません。

個人的には海外でのGSM圏内での不安定さが解消されているとうれしいのですが・・・

追加されたアプリを試しつつ、評価していきたいと思います。