WordPress高速化: WP Super Cacheの効果

Tablet PC deals and Promotion
計測

前回はWordPressを高速化するためにWP Super Cacheプラグインを導入しました。

今回はその効果を測定して測定してみます。WP Super Cacheプラグイン導入前の状況は前々回を参照してください。また、測定条件などもを前々回を参照してください。

php-fpmのパラメータ見直し

前々回はphp-fpmのパラメータをプロセス数が少なくなるように調整したのですが、何度か計測してみるとWP Super Cache導入後はプロセス数を増やしても大丈夫のような感じです。ですので下記で推奨されていた値を使うことにしました。

pm.max_children = 8
pm.start_servers = 4
pm.min_spare_servers = 2
pm.max_spare_servers = 5
pm.max_requests = 500

WP Super Cacheの効果の測定

それでは効果を測定していきます。

トップページの結果

pingdomでトップページ(http://scratchpad.jp/)を計測した結果は次のようになりました。WP Super Cache導入前のLoad timeは4.65秒です。

トップページ

htmlデータの読み込み時間の内訳は次の通りです。読み込みに0.752秒かかり、そのうち0.188秒が待ち時間(Webサーバ側でのデータ準備時間)でした。最適化前はそれぞれ1.93秒と1.39秒です。読み込み時間は半分になり、待ち時間は1/7以下になりました。

トップページ分析

「ab –n 100 –c 10 http://scratchpad.jp/」を実行した結果は次のようになりました。カッコ内はWP Super Cache導入前の数字です。20倍近い性能向上です。

Faild Request 0 (0) (小さいほうが良い)
Request per socond 21.70 [#/sec] (1.15) (大きいほうが良い)
Time per request 46.089 [ms] (870.808) (小さいほうが良い)
Transfer rate 1602.12 [KB/sec] (84.36) (大きいほうが良い)

単一記事の結果

次にhttp://scratchpad.jp/google-nexus7-42/の測定結果です。WP Super Cache導入前のLoad timeは10.10秒です。

単一記事

htmlデータの読み込み時間の内訳は次の通りです。読み込みに1.71秒かかり、そのうち0.149秒が待ち時間(Webサーバ側でのデータ準備時間)でした。WP Super Cache導入前はそれぞれ4.71秒と3.63秒です。かなり改善しています。

単一記事分析

「ab –n 100 –c 10 http://scratchpad.jp/google-nexus7-42/」を実行した結果は次のようになりました。カッコ内はWP Super Cache導入前の数字です。こちらも劇的性能向上です。

Faild Request 0(24) (小さいほうが良い)
Request per socond 17.26 [#/sec] (1.02) (大きいほうが良い)
Time per request 57.952 [ms] (985.096) (小さいほうが良い)
Transfer rate 1655.12 [KB/sec] (97.47) (大きいほうが良い)

まとめ

今回はWP Super Cacheを導入することでどれくらいWordpressの性能が上がるのかを測定してみました。

結果は劇的な性能向上が認められました。なぜいままでこのプラグインを入れていなかったのか、後悔しています。

WordPressが遅くて困っている人は、ぜひWP Super Cacheプラグインを導入しましょう。

次回はnginxのキャッシュプロキシ機能を使って更なる高速化を狙ってみます。