ServersMan@VPSでDebianの更新と調整

微調整

前回の続きです。

ServersMan@VPSのOSはDebianを選択しましたが、インストール直後の状態はパッケージが古かったりするので調整します。

ちなみに、ServersMan@VPSでDebianを選択した場合のバージョンはlennyになります。

パッケージの更新

まずは、aptの設定の確認。

cat sources.list
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian-volatile/ lenny/volatile main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ stable/updates main contrib non-free

問題なさそうなので、パッケージ情報を更新。

sudo apt-get update
Get:1 http://ftp.jp.debian.org lenny Release.gpg [1033B]
Get:2 http://ftp.jp.debian.org lenny/volatile Release.gpg [481B]
Get:3 http://ftp.jp.debian.org lenny Release [73.8kB]
Get:4 http://ftp.jp.debian.org lenny/volatile Release [40.7kB]
Get:5 http://ftp.jp.debian.org lenny/main Packages [5193kB]
Get:6 http://ftp.jp.debian.org lenny/contrib Packages [76.2kB]
Get:7 http://ftp.jp.debian.org lenny/non-free Packages [100kB]
Get:8 http://ftp.jp.debian.org lenny/volatile/main Packages [7866B]
Get:9 http://ftp.jp.debian.org lenny/volatile/contrib Packages [14B]
Get:10 http://ftp.jp.debian.org lenny/volatile/non-free Packages [791B]
Get:11 http://security.debian.org stable/updates Release.gpg [835B]
Get:12 http://security.debian.org stable/updates Release [40.8kB]
Get:13 http://security.debian.org stable/updates/main Packages [343kB]
Get:14 http://security.debian.org stable/updates/contrib Packages [14B]
Get:15 http://security.debian.org stable/updates/non-free Packages [14B]
Fetched 5879kB in 32s (180kB/s)
Reading package lists... Done

パッケージ管理フロントエンドのaptitudeを使おうとしたら入っていなかったのでインストール。

sudo apt-get install aptitude
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following extra packages will be installed:
aptitude-doc-en libclass-accessor-perl libcwidget3 libept0
libhtml-template-perl libio-string-perl libparse-debianchangelog-perl
libsigc++-2.0-0c2a libxapian15 libxml-namespacesupport-perl
libxml-parser-perl libxml-sax-expat-perl libxml-sax-perl libxml-simple-perl
Suggested packages:
tasksel debtags libcwidget-dev libipc-sharedcache-perl xapian-tools
The following NEW packages will be installed:
aptitude aptitude-doc-en libclass-accessor-perl libcwidget3 libept0
libhtml-template-perl libio-string-perl libparse-debianchangelog-perl
libsigc++-2.0-0c2a libxapian15 libxml-namespacesupport-perl
libxml-parser-perl libxml-sax-expat-perl libxml-sax-perl libxml-simple-perl
0 upgraded, 15 newly installed, 0 to remove and 36 not upgraded.
Need to get 6232kB of archives.
After this operation, 20.0MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue [Y/n]? y
...

古いパッケージを一気に更新!

sudo aptitude safe-upgrade
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Reading extended state information
Initializing package states... Done
Resolving dependencies...
The following packages have been kept back:
libisccc50 libisccfg50
The following packages will be upgraded:
apache2 apache2-doc apache2-mpm-prefork apache2-utils apache2.2-common
base-files bzip2 dpkg dselect ldap-utils libaprutil1 libbz2-1.0 libc6
libfreetype6 libkrb53 libldap-2.4-2 liblwres50 libmysqlclient15off
libperl5.10 libpq5 libssl0.9.8 libwbclient0 libxml2 locales man-db
mysql-common nscd openssl perl perl-base perl-modules samba-common smbfs
tzdata
The following packages are RECOMMENDED but will NOT be installed:
libsasl2-modules xml-core
34 packages upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 2 not upgraded.
Need to get 40.3MB of archives. After unpacking 16.4kB will be freed.
Do you want to continue? [Y/n/?] y
...

RECOMMENDEDのパッケージを手動でインストール。

sudo aptitude install libsasl2-modules xml-core

ダウンロードしたパッケージを削除。

sudo aptitude clean

これにてパッケージのアップデートは完了。

不要なパッケージを削除

ざっと見ていらなさそうなものを手動で削除。

sudo aptitude purge dhcp3-client dhcp3-common lprng samba-common smbfs stunnel

実は、serversmanとsmadminはいらないのですが、削除したら復活方法がわからないので、とりあえず削除はしないことにしました。

不要なサービスの停止と無効化

見た感じajaxtermとserversmanはいらないので自動起動しないようにします。わざわざDTI側でインストールしてくれているのですが、メモリの節約です。

serversmanの停止と無効化

serversmanは起動しているのでいったん停止して、次の起動時から自動起動しないようにします。

sudo /etc/init.d/serversman stop
sudo /usr/sbin/update-rc.d -f serversman remove
Removing any system startup links for /etc/init.d/serversman ...
/etc/rc0.d/K20serversman
/etc/rc1.d/K20serversman
/etc/rc2.d/S20serversman
/etc/rc3.d/S20serversman
/etc/rc4.d/S20serversman
/etc/rc5.d/S20serversman
/etc/rc6.d/K20serversman

ajaxtermの停止と無効化

ajaxtermもいったん停止して、次の起動時から自動起動しないようにします。

sudo /etc/init.d/ajaxterm stop
sudo /usr/sbin/update-rc.d -f ajaxterm remove
Removing any system startup links for /etc/init.d/ajaxterm ...
/etc/rc0.d/K20ajaxterm
/etc/rc1.d/K20ajaxterm
/etc/rc2.d/S20ajaxterm
/etc/rc3.d/S20ajaxterm
/etc/rc4.d/S20ajaxterm
/etc/rc5.d/S20ajaxterm
/etc/rc6.d/K20ajaxterm

NTPのインストールと設定

VPSで意味があるかわからないけど、時刻合わせようのソフトであるNTPを導入しておきます。

sudo aptitude install ntp

/etc/ntp.confに同期するNTPサーバの設定を書き込みます。
/etc/ntp.conf内のserverで始まる行を#でコメントアウトして、替わりに下記の4行を追加しておきます。

server ntp1.dti.ne.jp dynamic
server ntp2.dti.ne.jp dynamic
server ntp3.dti.ne.jp dynamic
server ntp.dti.ad.jp dynamic

設定が終わったらNTPサーバを再起動して設定ファイルを読み込ませます。

sudo /etc/init.d/ntp restart

日本語環境の設定

ロケールの設定

デフォルトではちゃんとロケール(言語情報)が設定されておらず、日本語対応ができていません。

ロケール用のコマンドをインストールして、ロケールの設定を行います。

sudo aptitude install util-linux-locales
sudo dpkg-reconfigure locales

これでロケールを選択する画面が出るので、「en_US.ISO-8859-1」「en_US.UTF-8」「 ja_JP.EUC-JP」「ja_JP.UTF-8 」あたりを選んでおきます。
デフォルトは「en_US.UTF-8」にしておきます。

日本語用のパッケージのインストール

日本語環境で便利なコマンドやマニュアルをインストールしておきます。

sudo aptitude install nkf lv manpages-ja manpages-ja-dev

まとめ

これで使いやすくなりました。次回からはいよいよWebサイト構築を開始します。