MuninでServersMan@VPSを監視: 調整

Use the 8% OFF coupon "GBvalentine", Grab the Best Valentine’s Day Gifts Best Deals from Just $25 @GearBest! Ends: 1/23/2017.
監視

前回はServersMan@VPSに構築しているDebian(Squeeze)にサーバ監視ツールのMuninを導入しました。

今回は微調整を行っておきます。

監視項目の調整

現在監視している項目は次のコマンドで表示することができます。

sudo munin-node-configure | grep yes

私がインストールした直後は下記のような結果でした。

cpu                        | yes  |
df                         | yes  |
df_inode                   | yes  |
entropy                    | yes  |
forks                      | yes  |
fw_conntrack               | yes  |
fw_forwarded_local         | yes  |
fw_packets                 | yes  |
if_                        | yes  | venet0
if_err_                    | yes  | venet0
interrupts                 | yes  |
load                       | yes  |
memory                     | yes  |
munin_stats                | yes  |
ntp_kernel_err             | yes  |
ntp_kernel_pll_freq        | yes  |
ntp_kernel_pll_off         | yes  |
ntp_offset                 | yes  |
open_files                 | yes  |
open_inodes                | yes  |
proc_pri                   | yes  |
processes                  | yes  |
slapd_bdb_cache_           | yes  | percent pages
swap                       | yes  |
threads                    | yes  |
uptime                     | yes  |
users                      | yes  |
vmstat                     | yes  |

監視する必要がない項目は/etc/munin/pluginsからシンボリックリンクを削除すれば除外されます。

私の場合はファイアウォール系、NTP系などを削除しました。

cd /etc/munin/plugins
sudo rm fw_* interrupts slapd_bdb_cache_p* ntp_* swap

ログの調整

munin-nodeは5分に1回動作して、動作状況を記録します。

この動作はcronを使って行っているため、cronのログでsyslogが埋め尽くされてしまいます。

そこでcronのログはsyslogに残らないように設定します。

/etc/syslog.confでcron.*で始まる行(下記の2行目)を有効にし、cron.noneを/var/log/syslogに追加します(下記の1行目)。

*.*;auth,authpriv.none,cron.none                -/var/log/syslog
cron.*                   -/var/log/cron.log

syslog担当のサービスを再起動します。私の場合はsysklogdが動いていたのでこれを再起動します

sudo service sysklogd restart

まとめ

今回は前回インストールしたMuninの調整を行いました。

Muninはプラグインで監視項目をいろいろ設定できます。次回はnginxの監視を設定したいと思います。