タンザニアでプリペイドSIMを使う その2: プリペイドSIMカードを購入!

キリマンジャロ山頂

前回はタンザニアのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回は空路でキリマンジャロ国際空港に到着しました。小さい空港ですが、キリマンジャロ登山を目指す方はここが一番近い空港になります。

なおタンザニアを訪問したのは2012年8月で、いまから1年半前のことになります。状況が変わっている可能性があるのでご注意ください。

キリマンジャロ国際空港

キリマンジャロ国際空港についたのは確かオンタイムで午後1時頃。そこからアライバル・ビザを取ったりして入国して到着ロビーに出ると、現地の旅行会社の人と待ち合わせ。

到着ロビーに出たところには小さい売店があります。

旅行会社の人には空港でプリペイドSIMカードを買いたいという話をあらかじめしておいたところ、この売店で買えると教えてくれました(プリペイドSIMカード自体は良くわからないようでしたが)。

おそらくLonly Planetで空港で買ったという人もここだったのだと思います。

旅行会社の人を待たせるわけにいかないので、ここで買うことにしました。

プリペイドSIMカード購入

旅行会社の人にサポートしてもらいながら売店の人に聞くと、VodacomのプリペイドSIMカードを3000シリングで売っているとのことでした。日本円で大体200円弱です。

初期残高について聞いたところ、店の人は理解してくれませんでしたが、旅行会社の人がゼロだと言っていたので、リチャージカード(トップアップカード)を買うことにしました。

1週間500MBで75000シリングのインターネットパッケージを購入する予定だったので、余裕を持って10000シリング分のリチャージカードを購入することにしました。これが600円ぐらいなので、合計7~800円ぐらいで調達したことになります。

購入に際してパスポートや住所などの個人情報はいっさい不要です。

下記の写真が購入したプリペイドSIMカードです。通常サイズのSIMでした。現在ならマイクロSIMとの両対応になっているかもしれません。

VodacomのプリペイドSIMカード

説明書もついてきます。全12ページの立派なものなのですが、残念ながらスワヒリ語のみで解読不可です。

説明書

リチャージカードは5000シリング分を2枚渡されました。裏面にスクラッチがあり削るとリチャージ用の番号が出る仕組みです。

リチャージカード

まとめ

今回はキリマンジャロ国際空港でVodacomのプリペイドSIMカード等を13000シリングで購入しました。

予定通り空港で購入でき幸先の良いスタートでした。物価の違いもありますが、7~800円と日本から見ると安い値段だと思います。

次回は購入したプリペイドSIMカードをアクティベートします。