マカオでプリペイドSIMを使う その3: CMTの情報

マカオ

前回はマカオのHutchison(Three)のプリペイドSIMカードの情報を紹介しました。

今回は別の携帯電話会社であるCTMのプリペイドSIMカードの情報についてお伝えします。

Hutchisonの場合と同様に、現地取材は2012年12月に行いましたが、プリペイドSIMカードをは購入しませんでしたので、自信を持って紹介できるのは「実際に売っていた」というところまでとなりますので、ご了承ください。

フェリーターミナルでの自販機

Hutchison(Three)と同様にフェリーターミナルの一階にプリペイドSIMカードの自販機はありました。

赤枠で示した2番目が目指すプリペイドSIMカードのになります。

CTMの自販機

自販機で売っているプリペイドSIMカード

上記の写真で赤枠で囲ったところをアップしてみます。

CTMのプリペイドSIM

1種類のプリペイドSIMカードと見せかけ、実は通常SIMサイズ(左の2つ)、マイクロSIMサイズ(右から2番目)、ナノSIMサイズ(一番右)の3種類があります。サイズの違いで機能は一緒なので、自分のスマホにあったものを買えばOKです。価格は100MOP(1000~1100円)です。

なお、CTMにはDay Passといわれるデータ通信専用プリペイドSIM(1日使い放題 120MOP/5日使い放題 220MOP)があるようですが、それは少なくてもこの自販機では売っていませんでした。

CTMの自販機にもプリペイドSIMを説明する看板があります。

CTMのプリペイドSIMの説明

この看板では

  • データパッケージは99MOPで30日有効
  • 3Gのデータ通信量は1GB
  • アクティベーション後28時間はWiFiのホットスポットが使用可能(200ヶ所以上あるらしい)
  • 申し込みは「#160*2#」に発信

ということがわかります。

下記のWebサイトにも情報があります。

CTM|prepaid|data pass|data card|sim card|travel sim|trio sim|unlimited data|mobile data|local data|shared data|usage|IDD|data speed|high speed|wi-fi egg CTM bud...

こちらでは

  • 有効期限が180日
  • 電話・SMSにはお金がかかる(当たり前)
  • 3.5G(HSDPA)に対応

ということがわかります。

CTMのプリペイドSIMの使い方

さて、ここからはWebで調べた情報です。自分で検証していないので間違っているかもしれないので、その点はご注意ください。

アクティベーション

アクティベーションは「*122#」に発信です。

アクティベーションに成功すると電話番号や有効期限が記載されたSMSが送られてくるそうです。

リチャージ

リチャージは「*122*」に続き、リチャージカードの番号を入力し、最後に「#」を入力して発信です。

データ通信のための設定

まずインターネットパッケージを申し込む必要があります。これに申し込まないと、おそらく従量制で課金され、あっという間に残額を使い切ってしまうことと思います。

30日1GBのプランを申し込むためには「#160*2#」に発信します。

ただ、ネットでざっと検索したところこの方法を使っている人はいませんでした。

調べてみると「1773」に電話し、「3」を押して英語を選択、「1」を押してValue Add Serviceの申し込み、「6」を押してデータプランの申し込み、「2」を押して1GBのデータプランを選択、というように操作している方が多かったです。

「#160*2#」で成功するかどうか、マカオに行くチャンスがあったら試してみたいところです。

また、APNの設定は次のようになるそうです。

APN ctmprepaid
パスワード なし (空欄)
ユーザ名 なし (空欄)

まとめ

今回はマカオのCTMのプリペイドSIMについて、現地の自販機の状況とCTMのWebで調べた情報を紹介しました。

100MOPで30日間で1GB通信可能というプランが選択可能なので、短期旅行者にはHutchison(Three)よりCTMの方が使い勝手が良いと思います。

マカオにはこれまで紹介したHutchison(Three)・CTMのほかにSmarToneという会社がWCDMAで使用可能なのですが、情報が少ないので紹介は割愛しておきます。ちなみにSmarToneもフェリーターミナルでプリペイドSIMカードを売っています(確か120MOP)。

とりあえず、マカオ編はいったん終了となります。次回マカオに行くときは短期滞在でも実際にプリペイドSIMカードを買って検証してみたいと思います。

次回は再び中国のプリペイドSIMの話に戻ります。

『マカオでプリペイドSIMを使う その3: CMTの情報』へのコメント

  1. 名前:梶野 投稿日:2013/03/21(木) 15:13:58 ID:589fc6ab0 返信

    今年の1月にあの自販機に貼ってある黄色のデータプランで問題なく使えましたよ。このほうがネットで書かれていた方法よりも操作が楽チンで1mop安いしね。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2013/03/26(火) 00:56:56 ID:589fc6ab0 返信

      コメントありがとうございます!

      そうですか使えましたか!情報ありがとうございます。
      私も先日マカオにいたのですが、タイミングを逃して買えませんでした・・・

      次回こそ購入したいところです。