マカオでプリペイドSIMを使う その2: Hutchison(Three)の情報

マカオ

前回はインターネットで調べたマカオのプリペイドSIMカードの情報を紹介しました。

今回は現地取材の情報を交えて、Hutchison(Threeという呼び名の方が一般的みたい)のプリペイドSIMカードの情報についてお伝えします。

現地取材は2012年12月に行いました。

なお、最初に告白しておきますと、結果としてマカオではプリペイドSIMは購入しませんでした。

なので今回自信を持って紹介できるのは「実際に売っていた」というところまでとなりますので、ご了承ください。

フェリーターミナルでの自販機

うわさどおりにフェリーターミナルの一階にプリペイドSIMカードの自販機はありました。

目立つのですぐにわかります。

Threeの自販機

Hutchison(Three)の自販機はこんな感じです。赤枠で示した2番目が目指すプリペイドSIMカードのになります。

自販機で売っているプリペイドSIMカード

それではこの自販機で売っているプリペイドSIMカードについてみてみます。

カードの簡単な説明については、自販機の上の看板に書いてあったりします。

ThreeのプリペイドSIMカードの説明1

とりあえず、この説明やパッケージから読み取れるのは下記の情報です。

  • プリペイドSIMカードには100MOP(1000~1100円)と300MOPのものがある。
  • 100MOP版はマイクロSIMサイズ、300MOP版はマイクロSIMと通常SIMの両サイズ対応
  • 1日あたり9.9MOP (約100円)で使い放題 (ただし、下の方に小さく300MOPのSIMカードのみと書いてある)

ここから先はHutchison(Three)のWebサイトの情報を参照しながら、それぞれのプリペイドSIMカードについて紹介します。

100MOPのプリペイドSIMカード

HutchsionのWebページ(http://www.three.com.mo/eng/sim/3g)から抜粋します。

100MOP プリペイドSIMカード

この中で重要な情報は、

  • 3G用のプリペイドSIMカードで100MOP
  • 有効期限はアクティベーションから7日間
  • データ通信は100MOPで24時間、無制限
  • 通話やSMSにはそれぞれ少しずつお金がかかる(当たり前ですが・・・)

です。

24時間というのはどうもアクティベーションをしてから24時間のようです(未確認)。24時間たってデータ通信したい場合は、100MOP以上のリチャージカードを購入してリチャージする必要があります。

つまりデータ通信が1日約1100円で無制限というわけで、あまりお買い得でない気がします。

300MOPのプリペイドSIMカード

こちらもWebページから抜粋です。

300MOPのプリペイドSIM

こちらは

  • 3G用のプリペイドSIMカードで300MOP
  • 有効期限はアクティベーションから30日間
  • データ通信は298MOPで30日間、無制限
  • 通話やSMSにはそれぞれ少しお金がかかる

となります。

自販機の上の看板にあった1日9.9MOPでデータ通信無制限というのは、298MOPを30日で割っただけなことがわかります。

300MOPのプリペイドSIMの場合データ通信が1日あたり約100円とかなりお得になっていますが、30日というのは一般の旅行者にはちょっと長すぎます。

長期滞在をしない限りお勧めしにくいカードです。

Hutchsion(Three)のプリペイドSIMの使い方

ThreeのプリペイドSIMカードについては簡単な説明がWebサイトに載っています。100MOPのプリペイドSIMカード、300MOPのプリペイドSIMカードで共通です。

アクティベーション

アクティベーションは「##123#」に発信するだけです。

しばらくすると、

  • 割り当てられた電話番号
  • 初期残高
  • 有効期限

が記されたSMSが送られてきます。場合によっては一度リブートをしたほうが良いかもしれません。

いつもならスクリーンショットがあるのですが、今回はプリペイドSIMを買っていないため、Hutchison(Trhee)のWebサイトの受け売りです。

残高確認

残高確認は「##122#」に発信するだけです。

しばらくすると

  • 残高
  • 有効期限
  • 電話番号

が表示されます。

リチャージ

リチャージは「##122*」に続き、16桁のリチャージカードの番号を入力し、最後に「#」を入力して発信です。

こちらも成功するとメッセージが表示されるようです。

データ通信のための設定

どうやらAPNは最初から設定されてるようです。「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」で「ipc.three.com.mo」のAPNが選ばれていることを確認にしましょう。

APNがない場合は

APN ipc.three.com.mo
ユーザ名 なし (空欄)
パスワード なし (空欄)

で新しいAPNを作成します。

通常はこれでデータ通信ができるようになるはずです。

しかし、マカオにいるにもかかわらず、ローミング状態(ステータスバーのアンテナのところに「R」が表示されている状態)であった場合は、「設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」を「オン」にしないとデータ通信ができませんのでご注意ください。
(一部Webサイトにこのような記述がありましたので、記載しておきます)

まとめ

今回はマカオのHutchison(Trhee)のプリペイドSIMカードについて、現地の自販機の状況とHutchsion(Three)のWebで調べた情報を紹介しました。

実際のところ、多くの観光客はマカオに滞在するのは2,3日程度ではないかと思います。今回紹介した2つのプリペイドSIMカードは帯に短したすきに流しで、お勧めしにくい感じです。

次回はCTMのプリペイドSIMカードの情報について紹介します。