ジョージアでプリペイドSIMを使う その5: MagtiComの実際の使い勝手

前回はジョージアのMagtiComのステータス確認方法を紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介します。

今回の記事は2018年8月の取材に基づいています。

現在とは状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

バンド (周波数)

事前の調査ではMagtiComのバンドは

MagtiCom3GBand 1 (2100MHz)
LTEBand 3 (1800MHz)

となっていました。

実際に調べてみたところこの調査内容は間違っていないようです。

3G(WCDMA)の場合は、次のようにBand 1 (2100MHz)です。

3Gの周波数

LTEの場合はBand 3 (1800MHz)でした。

LTEの周波数

3GのBand 1、LTEのBand 3ともに一般的な周波数なのでほとんどのスマートフォンで利用できるのではないかと思います。

通信速度

通信速度はトビリシ近郊にいるときに測定しました。

測定はspeednet.netというソフトを利用しました。

Speedtest.net
Speedtest.net
Developer: Ookla
Price: Free

1回目: トビリシ国際空港 21時頃

LTEで接続中です。測定結果は次の通りです。

通信速度の測定結果 1

下り(ダウンロード)はそこそこスピードが出ていますが、上り(アップロード)はかなり遅くなっています。

夜21時という時間帯で、スマートフォンを使っている人が多く、回線が混んでいたのかもしれません。

2回目: トビリシ国際空港付近 0時頃

トビリシでは基本的にLTEが利用できますが、スマートフォンのアンテナピクトが一瞬3Gになったので、そのタイミングで測定してみました。

通信速度の測定結果 2

3Gにしてはかなり速度が出ています。3Gでこれだけ速度が出ていれば立派なものです。

時間的にも夜中になったせいか、アップロード速度が改善しています。

3回目: トビリシ国際空港付近 0時頃

2回目とほぼ同じタイミングです。アンテナピクトがLTEに切り替わったので測定し直してみました。

通信速度の測定結果 3

LTEになったおかげか、通信速度はさらに改善しています。課題だったアップロード速度も大幅に良くなっています。

これならば使用していて不満に思うことはないでしょう。

ただ、ロスで「9.4%」と表示されているのが気になります。

4回目: トビリシ駅 23時頃

LTEで接続中です。

Screenshot_20180815-224550

ダウンロード速度・アップロード速度の両方とも大幅に低下しました。

トビリシ中央駅が市街地に近かったためかもしれません。

ただ、これでも日本でMVNOを使うのと同じぐらいなので、動画でも見ない限り問題はないはずです。

サービスエリア (カバレッジ)

今回のジョージア滞在では、トビリシからクタイシを経由してメスティアへ、また、トビリシから軍用道路を往復しました。

移動は幹線道路であったせいか、ほとんどLTEあるいは3Gで接続していました。

MagtiComはジョージアのキャリアで最もカバレッジが良いとされていますが、期待通りの結果でした。

ちなみに下記のサイトが公式カバレッジ情報となります。

この情報を見てもLTEのカバレッジがかなり広いことがわかると思います。

まとめ

今回はジョージアでMagtiComのプリペイドSIMカードを実際に使った様子を紹介しました。

MagtiComはジョージア国内のかなり広い範囲でLTEあるいは3Gでの接続が可能です。通信速度は時間や場所に影響を受けますが、実用十分です。

ジョージア国内を旅行する方にはお勧めできるSIMカードです。

次回はジョージアの隣国であるアルメニアのプリペイドSIMカードを紹介します。