ジョージアでプリペイドSIMを使う その3: MagtiComの初期設定

前回はジョージアのトビリシ国際空港でMagtiComのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介します。

今回の記事は2018年8月の取材に基づいています。

現在とは状況が変わっているかもしれないのでご注意ください。

購入したプリペイドSIMカード

購入したプリペイドSIMカードを紹介しておきます。

私が購入したのはMagtiComのプリペイドSIMカードで、15GELのウェルカムパックを購入しました。

MagtiComのプリペイドSIMカード 表

MagtiComのプリペイドSIMカード 裏

15GELのウェルカムパックは下記の条件となっています。

  • 有効期間: 14日
  • データ通信: 5GB
  • 国内SMS: 無制限

残念ながら2019年3月現在ではMagiComのウェルカムパックは廃止になってしまったようです。

アクティベーション

プリペイドSIMカードを使うにはアクティベーションが必要です。

しかし、私が購入したトビリシ国際空港のMagtiComのカウンターでは全て店員さんがやってくれるため、自分では何もすることはありません。

確かお店側の端末でアクティベーションをしてくれたと思います。

アクティベーションが完了すると、SMSが送られてきます。

アクティベーション完了

前半のSMSで、15GELのパッケージを購入し、「5000MB (=5GB)のデータ通信」と「国内無制限のSMS」がが2週間後まで利用できることがわかります。

後半のSMSについては解読不能です。ジョージア語をアルファベット表記したもののようですが、Google翻訳でも翻訳できませんでした。

ほぼ同時に次のようなSMSも送られてきましたが、こちらも解読不能です。

解読不能なSMS

APNの設定

スマートフォンでインターネット通信をするためにはAPNというのを設定をする必要があります。

Androidの場合は「設定」→「ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」あたりに設定メニューがあります。

私が使用しているスマートフォンGoogle Pixel 2の場合は、SIMカードを挿入するだけで自動的にAPNが設定されました。

APN

自動設定された内容は次の通りです。

APN3g.ge
ユーザ名なし
パスワードなし

これは事前に調査済みの内容と一致していました。

これでLTEあるいは3Gで接続されるはずです。

LTE接続した状態

3G接続した状態

TOP UP (リチャージ)

トビリシ国際空港のMagtiComのブースではTOP UPもすることができます。

データ通信などが抱き合わせになっていない素のSIMを購入した場合には、ここで必要な金額をTOP UPしておくと良いでしょう。

私の場合は、ウェルカムパックに通話が含まれていなかったので、通話用に2GELだけTOP UPしておきました。

2GELのコインを店員さんに渡し、SIMカードの台紙に書かれている電話番号を見せれば、お店の端末でTOP UPしてくれます。

このときのレシートが下の写真です。

TOP UP時のレシート

多くのプリペイドSIMカードではTOP UPに完了するとSMSで通知が来るのですが、MagtiComではSMSはないようです。

TOP UPした結果はステータス確認をして残高が増えたことで確認することになります。

MagtiComのステータス確認については長くなりそうなので次回紹介します。

まとめ

今回はジョージアで入手したMagtiComのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

プリペイドSIMカードを入手した店舗によると思いますが、アクティベーションなどの作業は全てやってくれるので自分でやるのはAPN設定ぐらいです。

ただ、購入した条件によっては初期残高がない場合があるので、必要な分を購入時にTOP UPしておくことをお勧めします。

次回はMagtiComのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介します。