エストニアでプリペイドSIMを使う その2: EMTのプリペイドSIMカードを購入!

タリン

前回はエストニアのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回はラトビアのリガからレンタカーでエストニアのタリンへ向かいました。本当は国境を過ぎたらすぐに買いたかったのですが、特にめぼしいところもなかったので、結局タリンまでプリペイドSIMカードを購入することなく到着しました。

なお、私のスマートフォンはSIMロックを解除してあります。海外でプリペイドSIMを使おうと思っている方は、SIMロック解除してあること(いわゆるSIMフリー状態)を確認してください

EMTのプリペイドSIMカードを購入!

実はタリンにいって適当にEMTのお店を探せばあるだろうと思い特に下調べしていませんでした。

ところがタリンについて買い物ついでに寄ったRimiというスーパーで「プリペイドSIMカードある?」と聞いたところあっさりEMTのプリペイドSIMカードを入手することができました。

お店の場所は下記になります。フェリーターミナルから歩いていくこともできると思います。

現在地
ルートを検索

プリペイドSIMカードを入手できるのは通常のレジではなく、問い合わせなどを担当するサービスカウンターになります。

購入したプリペイドSIMカード

店員さんにプリペイドSIMカードはあるかと聞いて出てきたのは、EMTのSimpelという名称のプリペイドSIMカードです。価格は2.95ユーロでした。

店員さんは特に詳しい感じではなく、プリペイドSIMカードの情報を引き出せななかったのですが、このSimpelのプリペイドSIMカードは事前に調査で上がっていたものだったので、これを購入することにしました。

購入に際してはパスポートの提示は不要で、確かクレジットカードでも買えたと思います。

パッケージは次のようなものになります。プリペイドSIMカードっぽくないですが、開けると確かにプリペイドSIMカードが入っています。

SimpeのプリペイドSIMカードのパッケージ

パッケージの中身

パッケージを開けると「Stardikasと書かれている紙のパッケージ」と「Simpelのロゴが印刷された合皮のケース」に分かれます。

Simpelのパッケージ 表

Simpelのパッケージ 裏

これを開けるとプリペイドSIMカードが入っています。私が購入したものは通常サイズ・マイクロサイズの共用タイプでした。ナノサイズがあるかどうかは確認していません。

SimpelのSIMカード 表

SimpelのSIMカード 裏

ちなみに紙のパッケージを開けると次のようになっています。何やら4ユーロのパッケージと9ユーロのパッケージの案内が書かれているようです。

パッケージの内側

一方、「合皮のケース」のほうですが、簡易携帯電話ケースになっていて中に説明書が入っています。

説明書とケース

説明書は残念ながらエストニア語とロシア語で書かれており、解読は困難です。

説明書 1

説明書 2

まとめ

今回はタリンのRimiというスーパーでEMTのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

購入できたのはSimpelという名称で売られているプリペイドSIMカードで価格は2.95ユーロと格安でした。パスポートの提示も不要ですし、他のバルト3国と同様にエストニアでのプリペイドSIMの入手性は良いようです。

次回はこのプリペイドSIMカードの初期設定を行います。