チェコでプリペイドSIMを使う その3: O2の実際の使い勝手

プラハ

前回は、チェコでO2のプリペイドSIMカードを購入して、データ通信できるところまで確認しました。

今回はこのO2のプリペイドSIMカードをAQUOS PHONE SH-12Cに装着して使ってみた感想を紹介します。

データ通信

データ通信といえばまずは通信速度。チェコの2大都市であるプラハとブルノで測定してみました。

ブルノで通信速度の測定

プリペイドSIMカードを購入した都市・ブルノで通信速度を測ってみました。アンテナは全部立っています。

測定にはいつものごとくSpeedTest.Netを使用します。

ブルノでの通信速度測定

・・・3Gという割にはちょっと遅いでしょうか? 画面下部のグラフがギザギザ(=通信速度が安定していない)というのも気になります。

端末の状態を確認してみます。

20120503-202831

確かに3Gですが、モバイルネットワークの種類がUMTSになっていてます。高速のHSDPAやHSPAになっていないので、速度が出ていないのでしょう。

本当は高速モードのサービスもあるのにたまたまこのときだけ高速モードになっていなかったのか、ブルノ一帯では高速モードがサービスされていないのかはわかりません。

プラハで通信速度の測定

ブルノのあとはプラハに移動したので、プラハでも通信速度を測ってみます。

プラハでの通信速度測定

ブルノでの測定結果と比べると2倍以上早くなっています。端末の状態を確認してみると・・・

20120505-154744

ネットワークの種類がHSPA、つまり高速モードになっています。

これだけスピードが出ていれば普通の用途では問題がないはずです。

通話

プラハに滞在しているときにちょこっと使用しました。

当たり前ですが、まったく問題ない感じです。

ちなみに、自分の電話番号は購入したときのプリペイドSIMカードのケースか、残高照会コマンド(104#)でわかります。

カバーエリア

プラハ・ブルノ・オロモウツなどを観光しましたが、圏外になることはありませんでした(移動中には圏外になったことがあったかもしれません)。

ただし、郊外はレンタカーを運転していたので、スマホの状態はチェックしていなかったのでわかりません。

ある程度、人が住んでいるエリアなら問題なく使えるようです。

まとめ

ドイツスロバキアに続いてO2のプリペイドSIMカードを使ったわけですが、前の2カ国と同様にまったく問題ありません。T-MobileやVodafoneに隠れがちですが、O2もなかなか良いと思います。

次回はもう少し細かい使い方を紹介したいと思います。