アルバニアでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

アルバニアのベラット

前回まではモンテネグロのプリペイドSIMカードについて紹介しました。

今回からはモンテネグロに続いて訪問したアルバニアです。欧州の秘境とも呼ばれるアルバニア。日本からの旅行者は極めて少ないと思いますが、せっかくなので情報をまとめておきます。

その他の国については下記のまとめページを参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

アルバニアに訪問したのは2013年5月になります。やや古い情報になるかもしれませんのでご注意ください。

ドコモのローミング情報

これまでと同様に、渡航前にドコモのローミング情報を確認します。

これで、ドコモ端末で確実に通信ができる携帯電話会社を把握することができます。また、3G対応やサービスエリアについても確認可能です。

ドコモのアルバニアでのローミング情報は下記のページから入手することができます。

アルバニアにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2014年3月現在の状況は下記の通りです。

ドコモのローミング情報

AMCとVoda AL(Vodafone)の2社で3Gのデータ通信ができることがわかります。

ちなみに渡航前(2013年4月)にはAMCだけが掲載されていて、Vodafoneはローミング対象ではありませんでした。結構状況は変わるものです。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。いつもどおり調べてみます。

Wikipediaの情報

ドコモのローミング対象の2社のほかにEagle MobileとPlusという会社があるようですが、Plusは3Gのサービスをしていないので、あまり考えなくて良いでしょう。

Vodafone・AMC・Eagle Mobileは加入者数も拮抗しており規模はあまり変わりません。使用している周波数も3Gでは一般的な2100MHzなので問題ありません。この3社ならばどの会社を選んでもSIMロック解除されたスマートフォンで通信ができそうです。

インターネット上の情報

ためしに「アルバニア プリペイドSIM」でググって見ましたが、ざっと見た感じではアルバニアでプリペイドSIMカードを購入したという情報は見つけられませんでした。

もしかしたら日本語では本ブログが初めてかもしれません。

まとめ

今回は事前に調査したアルバニアのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

Vodafone・AMC・Eagle Mobileの3強で3社ならばいずれも3G通信ができることが期待できます。

次回はアルバニアで実際にプリペイドSIMカードを購入した話です。