VPSの移転先のレンタルサーバーを検討する

前回はAndroidスマホのGoogle Pixel 4の話題を紹介しました。

今回は話題を変えてサーバーのお話です。

このサイトのサーバーの構成

このブログは最初はServersMan@VPS というVPSサービスを使ってスタートしました。

今回はServersMan@VPSを契約したら最初にやっておくべきこととして、ユーザの作成とSSHの設定を紹介します。SSHを鍵認証方式に変更するのは若干面倒ですが、セキュリティ向上のため行っておくことをお勧めします。

ところが使用しているうちにスペック上の不満を感じ、VPSサービスをいろいろ比較した上で、お名前.com VPS を利用することにしました。

今回はServersMan@VPSからサイトを移転する先のVPSサービスについて検討します。 条件を明確にして、国内でKVMを使っているサービスを比較したところ、お名前.com VPSが最も自分の用途に合っていることがわかりました。
今回はお名前.comのVPSサービスに申し込んで標準OSをセットアップしてみます。 ログインして調べてみるとCPUがCore2だったりカーネルが古かったりちょっと気になるところはあるものの、動きは軽快です。

契約したプランは「メモリ2GBプラン」で価格とスペックは次のようになっています。

Screen_20205125250_00

2015年で契約した当時はこれで問題なかったのですが、5年も経つとさすがに厳しくなってきました。

特に問題となるのはメモリが2GBと少ないことと、ストレージがSSDではなくHDDであることです。

HDDのレスポンスの遅さを補うためにRAMディスクを作成して、WordPressのキャッシュをRAMディスクに置いたりしてしのいできました。

今回はWordPressの高速化を目指してNginxのプロキシキャッシュにRAMディスクを使用する設定を行います。キャッシュ中のデータをRAMディスクにおくことでHDDのアクセスを減少させることできます。実際にデータを見るとRAMディスクを利用するようになってからディスクアクセスのレイテンシが減少しました。

しかし、RAMの少なさはかなり厳しく、モニタリングしてみるとスワップが発生している状況でした。下記のグラフの赤い部分がスワップとして吐き出されているメモリサイズです。

Screen_202051312_00

1年契約のお名前.com VPSもそろそろ更新時期なので、サーバを変更しようと思い立ちました。

VPSの移転先の検討

まずは他のVPSサービスを調べてみました。移転先と考える希望スペックは次の通りです。

現在のスペック
(お名前.com VPS )
希望のスペック
仮想化方式KVMKVM
RAM3GB4GB
CPU仮想2コア仮想3~4コア
ストレージHDD 200GBSSD
100GB以上
IPv6なしできればあり
月額1100円現状の2倍くらい

ググって出てきたのVPSを整理したのが下の表です。RAM 4GB以上でストレージ100GBのプランです。

KAGOYAWebAREANAさくらConohamixhost
仮想化方式KVMKVM不明不明KVM
RAM4GB4GB4GB4GB4GB
CPU仮想4コア仮想4コア仮想4コア仮想4コア仮想4コア
ストレージSSD 100GBSSD 100GBSSD 200GBSSD 100GBSSD 160GB
IPv6ありなしありありなし
月額
(12ヶ月契約時)
3850円2880円3600円3280円3282円

当然ではありますが、スペックを向上させると費用も高くなります。大体2倍程度と考えていたのですが、それ以上の価格アップになりそうです。

VPSの自由さは魅力ですが、この価格差にはちょっと躊躇してしまいました。

レンタルサーバーの調査

VPSではなくレンタルサーバーを借りると費用は変らずスペックを大幅に向上させることができます。

もちろんVPSに比べると自由度は少なくなってしまいます。

現状は私がVPSを使ってやっていることをまとめると次の通りです。

  • Nginx + WordPress
  • Let’s encryptによるSSL化
  • メールサーバ
  • 自作Perlプログラムの実行
  • WP-CLIの利用
  • VPSのストレージをネットワークドライブとして利用 (VPN + Samba)

調べてみるとこれらのことは多くのレンタルサーバーでできそうな気がしてきました。WP-CLIの利用とネットワークドライブ化だけがレンタルサーバーでできるかどうか不安でしたが、ダメらなら何か代替策を考えようかと思います。

私が調べたレンタルサーバーは次の通りです。

カラフル
ボックス
ロリポップXSERVERConoha Wingmixhost お名前.com
プラン名BOX2ハイスピードX10ベーシックスタンダードRSプラン
メモリ4GB不明不明不明4GB不明
ストレージSSD 200GBSSD 200GBSSD 200GBSSD 250GBSSD 250GBSSD 250GB
仮想CPU4コア不明不明不明4コア不明
転送量3TB/月200GB/日無制限4.5TB/月4.5TB/月4.5TB/月
WebサーバLitespeedLitespeednginxnginxLitespeednginx
DB制限無制限不明50個60個
1個あたり1GB
無制限無制限
バックアップ無料復元有料無料無料無料無料
初期費用無料無料3000円無料無料無料
試用期間30日10日10日申し込み月
無料
返金30日30日
月額
(12ヶ月契約時)
1060円1000円1000円900円980円980円
その他ドメイン
無料
ドメイン
無料
ドメイン
無料
ドメイン
無料

ちなみにWordPressを前提としている場合は、WordPressテーマのSimplicityとCocoonで有名なわいひらさんの記事がとても役に立ちます。

レンタルサーバー選びで悩んでいる場合に、「とりあえずこのサーバーを選んでおけば間違いない」というサーバーの紹介です。ブログにもアフィリエイトにも最適です。

移転先の決定!

いろいろ比較して検討した結果、今回はmixhost のスタンダードプランを利用してみることにしました。

新たにドメインを取得したかったので、まずXSERVER・Conoha Wing・mixhost・お名前.comの4社に絞り込みました。

この中からmixhostを選んだ理由は次の通りです。

  • Conoha Wing
    データベースサイズの上限が1GBということで厳しいため除外。
  • XSERVER
    慣れているnginxを採用と言うことで魅力的だったのですが、初期費用が気になるため除外。
  • お名前.com
    手持ちのドメインを持ち込んでもドメイン管理費無料と言うことで魅力的だったのですが、1プランのみでプラン変更ができないのと、情報が少ないため除外。

というわけでやや消去法気味ですがmixhost にすることにしました。

まとめ

今回はこのブログを開設しているお名前.comのVPSの移転先のレンタルサーバーを検討したことを紹介しました。

レンタルサーバーはVPSより自由度は落ちますが、同じ費用でスペックが上のサーバーを借りることができます。

いくつかのサービスを比較した結果、今回はmixhostを使って見ようと思います。

次回はmixhostとの契約から始めたいと思います。