お名前.com VPSへ移転 その8: カーネル更新後のベンチマーク

比較

前回はお名前.com VPSのDebian wheezyのLinuxカーネルをデフォルトの3.2.0から4.0.0に更新してみました。

基本的にCPUが変わったわけではないので、性能に大きな差はないと思いますが、ディスク周りやスレッド周りで性能かかわっている可能性があるので、念のためベンチマークを実行してみました。

お名前.com VPSのプランは月額1315円のメモリ2GBプラン(メモリ2GB, CPU 3コア, HDD 200GB)です。カーネル3.2.0時代のベンチマークの数値は以前実施した結果から持ってきています。

今回は名前.com VPSと従来使っていたServersMan@VPSを各種ベンチマークテストで比較します。 ベンチマークテストにより若干のブレはあるものの、全体を通してお名前.com VPSのほうが性能が高い数値が出ています。WordPressでサイトを構築したときにどのような差が出るのか興味があるところです。

今回は結果だけ示すのでベンチマークの実行方法は上記のページを参照してください。

bonnie++: ハードディスク性能

数値がよいほうを水色の背景にしています。

お名前.com VPS
64bit Debian 
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian 
Kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
スループット
(K/sec)
レイテンシ
(us)
スループット
(K/sec)
レイテンシ
(us)
シーケンシャル
アウトプット
キャラクタ単位65719,53955022,618
ブロック単位264,862243,000220,315389,000
ブロック単位
(再書き込み)
79,097390,00058,460466,000
シーケンシャル
インプット
キャラクタ単位3,93866,3232,72258,840
ブロック単位158,433117,000227,438100,000
ランダムシーク1.017174,0000.8624235,000
シーケンシャル
クリエイト
クリエイト7,1136,494
リード636531
デリート1,1661,322
ランダム
クリエイト
クリエイト499494
リード10425
デリート1,1231,219

一進一退という感じです。このベンチマークは結構実行毎に値のブレがあるので参考程度と考えた方がよさそうです。

dbench: ハードディスク性能

これも数値がよいほうを水色の背景にしています。

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 4.0.0
(Virtio ON)
スループット
(MB/sec)
MAXレイテンシ
(ms)
スループット
(MB/sec)
MAXレイテンシ
(ms)
1 スレッド203.468109.789189.081103.137
2 スレッド338.866179.441301.817150.347
4 スレッド557.19795.768476.88189.118
8 スレッド722.040371.383649.858405.110
16 スレッド777.967447.950722.800500.485

このベンチマークはKernel 3.2.0のほうが優勢です。

mbw: メモリ性能

これも数値がよいほうを水色の背景にしています。

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
スループット
(MB/sec)
スループット
(MB/sec)
MEMCPY3169.8632917.219
DUMB3564.7403264.228
MCBLOCK4981.6884850.690

このベンチマークは差が出ないと思ったのですが・・・若干、Kernel 4.0.0のほうが悪いです。

sysbench: 総合テスト

sysbenchはテスト項目が「cpu」「threads」「mutex」「fileio」「oltp(データベース)」が選択できます。

いずれもこれも数値がよいほうを水色の背景にしています。

CPU

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
平均処理時間標準偏差平均処理時間標準偏差
1 スレッド12.15610.0012.20050.00
2 スレッド6.16300.006.18550.00
4 スレッド4.07170.004.14810.00
8 スレッド4.08130.014.07240.01
16 スレッド4.06810.014.10700.01

優勢の数はKernel 3.2.0のほうが多いですが、ほとんど数値は同じです。誤差の範囲といえるでしょう。

マルチスレッド

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
平均処理時間標準偏差平均処理時間標準偏差
1 スレッド2.71240.002.63320.00
2 スレッド2.42710.002.72780.00
4 スレッド1.79480.001.39000.00
8 スレッド3.43920.003.13050.00
16 スレッド4.76800.014.29070.00
32 スレッド5.77400.015.36050.01
64 スレッド4.62160.024.74520.01
128 スレッド4.01600.014.03360.01

こちらは優勢の数はKernel 4.0.0のほうが多いですが、微妙な違いです。こちらも誤差の範囲といえるでしょうか。

ファイルI/O

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
平均処理時間標準偏差平均処理時間標準偏差
1 スレッド0.07010.000.07890.00
2 スレッド0.04200.000.05020.00
4 スレッド0.03300.000.03100.00
8 スレッド0.03270.010.02520.01
16 スレッド0.05980.050.02360.01

スレッド数が多くなるとKernel 4.0.0のほうが性能がよくなっています。スケジューラを変更したせいかもしれません。

データベース(MySQL)

お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 3.2.0
(Virtio: ON)
お名前.com VPS
64bit Debian
Kernel 4.0.0
(Virtio: ON)
平均処理時間標準偏差平均処理時間標準偏差
1 スレッド21.04730.0023.79020.00
2 スレッド23.03920.0027.01360.00
4 スレッド23.43890.0025.99380.00
8 スレッド22.75480.0127.17750.01
16 スレッド22.67050.0126.40260.01

ファイルI/Oでスレッド数が多いときにKernel 4.0.0のほうが多かったので期待していましたが、データベースのベンチマークではKernel 3.2.0の完勝となりました。

まとめ

今回はお名前.com VPSのDebian wheezyのカーネルを4.0.0にバージョンアップした状態でベンチマークを実行してみました。

バージョンアップ前のKernel 3.2.0のときのベンチマーク結果と比較すると微妙に遅くなっているような気もしないこともありません。Kernel 4.0.0の新しい機能を使いたいということでなければ、無理にバージョンアップする必要もなさそうです。

次回はWordPressを引越しするための準備を進めます。