マザーボード交換時のWindows 10ライセンス問題を解決

前回はWindows 10を使用しているPCのマザーボード・CPU・メモリを交換したことを紹介しました。

起動ドライブであるSSDはそのまま流用したので、環境はそのままに移行できたのですが、Windows 10のライセンスで少々問題が生じたので紹介したいと思います。

パーツの交換とWindows 10ライセンス

私のWindows 10のPCは次のようなパーツ交換を行いました。

パーツ交換前パーツ交換後
CPUAMD
Phenom II X6 1065T
AMD
Ryzen 2700
マザーボードASUS
M4A785TD-EVO
ASRock
B450 Steel Legend
メモリ16MB
(DDR3-1333)
32MB
(DDR4-2666)
グラフィックスAMD
Radeon R7 250X
変更無し
起動ドライブSSD 480GB (SATA)変更無し
データドライブHDD 2TB (SATA)
+
HDD 240GB (PATA)
HDD 2TB (SATA)
光学ドライブDVDマルチドライブ
(PATA)
DVDマルチドライブ
(SATA)
OSWindows10 Home
(バージョン1809)
変更無し

起動ドライブのSSDはそのままに新しいマザーボードに付け替えることによって、そのままWindows 10の環境を新しいマザーボードにそのまま持って行くことができました。

しかし、「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」でライセンスの状態を確認すると「Windowsはライセンス認証されていません」と表示されてしまいました。

ライセンス認証エラー

理由は「デバイスのハードウェアが変更されてたことがWindowsによって報告されました」とのことです。

そして「エラー コード: 0xC004F211」とも表示されています。

マザーボードをはじめとするパーツを交換したせいで、ライセンス認証に失敗しているようです。

このままにしているとWindows10を不正利用していることになりますので、なんとかしなければ行けません。

Windows10のライセンスの経緯

SSDに導入されているWindows 10はバージョン1809となっているので、いわゆるデジタルライセンスに対応しています。

そのため、マザーボードを交換してもそのまま使えると思ったのですが、甘かったようです。

そもそもこのWindows 10のPCは元々はWindows 7で、Windows10発売後の1年間に許された無償アップグレードを適用してWindows10にしています。そして元々のWindows 7は何かのHW (FDDだったような…)とバンドルで購入したDSP版になります。

つまり「DSP版 Windows 7 Home」→「Windows 10 Home (無償アップグレード)」→「Windows 10 Home (デジタルライセンス)」と遷移してきています。

このため、この経緯がマザーボード交換時のライセンス認証を妨げているようです。

Windows 10のライセンスの再認証

ライセンス認証に失敗しているとしたら再認証を試してみるしかありません。

ググりながらいくつか試してみました。

トラブルシューティングからの再認証 → 失敗

まずは正攻法として「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」の画面で「トラブルシューティング」を選択します。

これでマイクロソフトと通信をして再認証を試みるはずです。

ライセンス認証のトラブルシューティング

多少のHW構成の変更ならこのトラブルシューティングで解決するようですが・・・私の場合は下記のようになってしまいました。

トラブルシューティングでのライセンス認証の失敗

「このデバイスでWindowsのライセンス認証を行うことができませんでした」と表示されて失敗です。

そしてMicrosoft Storeで新しいライセンスを買うことを勧められます。

Microsoftアカウントを使った再認証 → 失敗

しかしここで諦めるわけにはいきません。

画面をよく読むと「このデバイスのハードウェアを最近変更しました」という選択肢があります。これを選びましょう。

以降はMicrosoftアカウントの情報を使った認証になります。

Windows 10にMicrosoftアカウントと結びついたアカウントでログインしていることを確認してください。

ハードウェアの変更

すると次のようにMicrosoftアカウントにリンクしているPCの名前が表示されます。

Microsoftアカウントを使ったライセンスの再認証

私の場合はWindows10の認証に失敗したPCが表示されました。

ということで「現在使用中のデバイスは、これです」を選択してから「アクティブ化」を選択します。

デバイスの選択

これでうまくいく、と思ったのですが・・・・失敗です。

Microsoftアカウントによるライセンスの再認証の失敗

「Windowsをライセンス認証できません」となってしまいました。

「このデバイスでWindowsを再度ライセンス認証することができません。後でもう一度やり直してください。」と表示されているので、時間を空けて何度か試しましたが、失敗してしまいます。

新しいWindows10のライセンスを買うと2万円近い追加出費になります。これはなんとか避けたいところです。

Windows7のプロダクトキーを入力する → 成功!

最後にダメ元でプロダクトキーを変更してみることにしました。

プロダクトキーの変更

といっても私の手元にあるのはWindows 7 DSP版のDVD-ROMです。このDVD-ROMは本物ですのでケースにはWindows 7 Home Premiumのプロダクトキーが貼られています。

Windows7のプロダクトキー

Webで調べると古いWindowsのプロダクトキーを入れても意味はないという説もありますが、「プロダクトキーを変更します」で表示されるウィンドウにこのWindows 7のプロダクトキーを入力していきます。

Windows7のプロダクトキーの入力

プロダクトキーを入力するとライセンス認証を実行することができます。スクリーンショットを取り忘れてしまい、下記の画面はライセンス認証処理中の状態です。

Windows7のプロダクトキーによるライセンス認証

そして待っていると・・・・「このWindowsがライセンス認証されました」となり、ライセンス認証済になりました!

Windows10のライセンス認証に成功

何かのミスかと思い、「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」を確認してみると、ちゃんと「Windowsは、Microsoftアカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています」となりました!

デジタルライセンスによる認証済

ダメ元のでWindows7のプロダクトキーを入れる作戦が成功したようです。

問題はDPS版のライセンスとしてOKかどうかというところですが、マイクロソフトが認証してくれているし、同じ筐体・FDD(接続していませんが…)を使っているのでギリギリセーフというところでしょうか。

まとめ

今回はマザーボード交換に伴ってライセンス認証エラーとなっていたWindows10の問題を解決したことを紹介してみました。

ライセンス認証エラーの解消方法は、どのようにWindows10を入手した方によって異なるようですが、Windows7からアップグレードした私の場合は、Windows7のプロダクトキーでライセンス認証に成功しました。

同じ境遇の方は試してみてください。

『マザーボード交換時のWindows 10ライセンス問題を解決』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/10/04(金) 11:13:12 ID:5fe23a4a8 返信

    まさにこの通り全く同じ状況で困っていましたが、無事に認証されました!
    本当にありがとうございます。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2019/10/16(水) 00:34:33 ID:e22c0ed45 返信

      コメントありがとうございます。

      役に立ったようで良かったです。まさかWindows 7のプロダクトキーが有効とは思わないですよね。
      ちゃんとWindows7のDVDをとっておいて良かったです。