マイクロソフト Sculpt Mobile Mouseを試す

前回まではWindows 10 PCのパーツを交換したことを紹介しました。

今回はそのときに一緒に買ったマイクロソフトのマウスを紹介したいと思います。

マクロソフトのマウス

マイクロソフトといえばWindowsやオフィスなどのソフトウェアが有名ですが、マウスやキーボードのハードウエアメーカーとしても有名です。

特にマウスについてはロジクール(ロジテック)と双璧をなすメーカーだと私は思っています。

私はこれまではマイクロソフトのMobile Mouse 3500を使っていたのですが、マウスカーソルがマウスの動きに追従しないなど反応が鈍くなってきたので買い替えることにしました。

実はPCのパーツを交換したらマウスの動きが正常になりました。

マウスが駄目になっていたのではなく、CPUが遅すぎてマウスの処理をしきれなかったようです。

新しいマウスの選択

マウスを買い替えるに当たり、検討したのはマイクロソフトのマウスとロジクールのマウスです。

ロジクールにアクセスして、生産性を高めたり、創造性を解き放ったりするための、完璧なワイヤレス/有線パソコンマウスをご覧ください。
Microsoft Hardware にアクセスしてコンピューター マウスの機能を比較し、あなたに最適な Microsoft マウスを選んでください。

製品の条件としては

  • ワイヤレスマウスであること (Bluetoothではないこと)
  • 小型であること

です。

ロジクールからピックアップしたのは下記の2製品です。

一方、Microsoftのマウスでピックアップしたのは下記の2製品です。

表にしてスペックを比較すると次のようになります。

メーカーロジクールマイクロソフト
モデルM546BDM325tWireless Mobile Mouse 3500Sculpt Mobile Mouse
写真AmazonAmazonAmazonAmazon
ボタン数7535
チルトホイールありありなしあり
トラッキング不明レーザーグレードトラッキングブルートラックブルートラック
サイズ102×58.5×38.355×57×4095.4×57.195.2×56.9
重さ95.5g93g不明不明
電池単三 1本単三 1本単三 1本単三 1本
電池寿命最大18ヶ月最大18ヶ月8ヶ月不明
価格
(Amazon)
1,827円2,231円1,598円1,884円

ボタン数や電池寿命などのスペックだけ見るとロジクールのM546BDが優勢です。

しかし気になるのがトラッキング技術です。

マイクロソフトの二つのモデルは青色LEDを採用したBlue Tracking Technologyを採用しています。ロジクールのM325tはレーザーグレードトラッキングという技術を採用しているものの、M546BDは不明です。

マイクロソフトマウスの電池寿命短いのは気になりますが、エネループを使えばランニングコストも気にすることもないので、今回もマイクロソフトの製品を購入することにしました。

問題はいままでと同じ「Mobile Mouse 3500」にするか、「Sculpt Mobile Mouse」にするかです。

迷いましたが、値段は約300円程度ですので、今回はいままで使ったことがないSculpt Mobile Mouse (スカルプト モバイル マウス)を試すことにしました。

価格はAmazonで1,865円でした。

Sculpt Mobile Mouse (スカルプト モバイル マウス)を入手

Amazonで買ったので配達は迅速に行われます。

  • パッケージの中身は
  • マウス本体
  • USBレシーバ
  • 単三アルカリ電池
  • 保証書
  • 認証情報

だけのシンプルなものです。

Sculpt Mobile Mouseの内容物

マウスの表面はつるつるで反射があります。

反射で周囲のものが映り込んでしまっているので写真ではぼかしを入れています。

マウス自体はスタンダードな形状です。左右対称なので右手でも左でも問題なく使用できます。

Sculpt Mobile Mouse本体

Windowsアイコンの部分はボタンになっています。

背面は左側にトラッキング用のセンサー、右側には単三電池を入れる電池ボックスがあります。中央部分にはUSBレシーバーを格納するための穴があり、その下には電源ボタンが用意されています。

Sculpt Mobile Mouseの底面

USBレシーバーを格納できるのはマウスを持ち歩く方には便利と思います。以前使っていたMicrosoft Wireless Mobile Mouse 3500にはこのような穴はありませんでした。

以前使っていたMicrosoft Wireless Mobile Mouse 3500と比較したのが下の写真です。以前使っていたマウスは塗装がはげてかなりへたっています。

Microsoft Wiress Mobile Mouse 3500との比較

サイズ的にはほとんど同じだと思います。Microsoft Wireless Mobile Mouse 3500を使っていた方は違和感なくSculpt Mobile Mouseに移行できると思います。

横から見てもサイズ・形状はほぼ一緒です。

Microsoft Wiress Mobile Mouse 3500との比較

厳密には違いがあるのかもしれませんが、ほとんどわかりません。

Sculpt Mobile Mouseのセットアップ

使い方は簡単です。

まずSculpt Mobile Mouseに単三電池をセットします。Sculpt Mobile Mouseには単三アルカリ電池がついてきますが、私はエネループを使ってみました。

エネループは電圧が若干低いですが、全く問題なく使えます。

あとはUSBレシーバーをPCのUSBポートに装着して、マウスの背面の電源ボタンをオン(上側にスライド)にします。

電源ボタン

電源が入るとマウスのお尻の部分(手前の部分)のLEDが光ります。

バッテリー残量

このLEDはおそらく電池の状態を表しているのだと思います。私の場合は緑に光り、しばらくしたら消えましたが、電池が減ってくると別の色(おそらく赤色)に光るのだと思います。

PCにUSBレシーバーを挿して、マウスの電源をオンにすればすぐにマウスとして使えます。

私の場合は既にマイクロソフトのアプリ「マウス キーボード センター」を導入してたせいか、特に設定などは不要でした。

Windowsボタンなどが聞かない場合には「マウス キーボード センター」をインストールしてみてください。

Microsoft マウス キーボード センターをダウンロードして、Microsoft キーボードとマススの機能を最大限に活用してください。デバイスをカスタマイズし、繰り返し作業を簡単にするショートカットを新しく作成できます。

Sculpt Mobile Mouseの使い勝手

使用感は快適です。これまで使っていたMicrosoft Wireless Mobile Mouse 3500との比較と中心に紹介します。

トラッキング

マウスを使用している机は表面にざらつきがあり、マウスの使用には適した状態です。

そのような状況なのでトラッキング技術では差がつきにくいかもしれませんが、Sculpt Mobile MouseはBlue Tracking Technologyということで正確に追従します

とは言っても、Microsoft Wireless Mobile Mouse 3500と同等というところでしょう。

クリック感

従来のMicrosoft Wireless Mobile Mouse 3500との大きな違いは、左右ボタンのクリック音です。

Microsoft Wireless Mobile Mouse 3500の左右ボタンはカチカチという音がしましたが、Sculpt Mobile Mouseでは静音化されておりかなりクリック音が削減されています

マウスの音が気になる方はSculpt Mobile Mouseの方が確実におすすめです。

ただし、ホイールのクリックについてはカチカチ音があります。ホイールのクリックについてはMicrosoft Wireless Mobile Mouse 3500の方が静かです。ここはちょっと残念でした。

ホイールの使用感

Sculpt Mobile Mouseはホイールを回転させるとカタカタと小さなフィードバック(ノッチ)があり、どれくらい回転させたのかわかりやすいです。

ホイールの回転にノッチがない無段階ホイールを採用するマウスもありますが、私はノッチありの方が好みです。

ちなみに、Microsoft Wireless Mobile Mouse 3500もノッチありでした。ノッチの感触はSculpt Mobile Mouseの方が若干強めです。

Windowsボタン

Sculpt Mobile Mouseで気になるのはホイールボタンの下にあるWindowsボタンだと思います。

Windowsボタン

このボタンをクリックすると、確かにWindowsのメニュー(かつてのスタートメニュー)が開きます。

しかしメニューの項目を選択するためには結局マウスをスタートメニューのところに動かす必要があります。

そもそも私はWindowsメニューをあまり使わないので、このボタンはほとんど使うことがありません。

後述するマイクロソフトのアプリを使うとボタンに割り付ける機能を変更することができるので、使いやすい機能を探すと良いと思います。

ちなみに選択できるのは下記の機能です。

Windowsボタンに割り当てられる機能

また、このボタンはアプリごとに異なる機能も割り当てることができます。

自分の使い方にあった機能を探すと良さそうです。

Microsoft マウス キーボードセンター

マイクロソフトのマウスをカスタマイズするためのアプリ「Microsoft マウス キーボードセンター」が提供されています。

Microsoft マウス キーボード センターをダウンロードして、Microsoft キーボードとマススの機能を最大限に活用してください。デバイスをカスタマイズし、繰り返し作業を簡単にするショートカットを新しく作成できます。

Microsoftマウスキーボードセンター

このアプリではマウスの各ボタン(右ボタン・左ボタン・ホイールボタン・Windowsボタン)に割り付ける機能を変更することができます。

右ボタンと左ボタンについては、左右のボタンの入れ替えぐらいしかできませんが、ホイールボタンとWindowsボタンについてはかなり細かい変更をすることができます。

特に「アプリケーション固有の設定」を選択するとアプリを選択することができ、各アプリに応じたボタン設定をすることができます。

例えば下記の画面ではChromeの画面ではWindowsボタンが「ブラウザの戻る」となるように設定しています。

Chrome固有の設定をした様子

まとめ

今回はマウスをマイクロソフトのSculpt Mobile Mouseに買い換えたことを紹介しました。

このマウスは2,000円を切る価格ながら、Blue Tracking Technologyを搭載しており、非常に使いやすいマウスです。

同じマイクロソフトのWireless Mobile Mouse 3500と比較すると、クリック音がかなり静かになっているのもうれしいところです。

次回は海外用のプリペイドSIMカードを紹介します。